聖職者向けの情報

最終更新: 2022-11-24 (木) 21:30:40

ビルド

目次

解説 [編集]

信仰を中心に上げているキャラクター、ビルドの通称。
祈祷は魔術と比較して回復や補助といったヒーラー・サポート寄りの術が多い。

デモンズソウルでは「アンバサ」という名称で呼ばれており、その名残から信仰重視のビルドをアンバサと呼ぶことがある。

ビルドの例 [編集]

信仰にステータスを割り振ったビルドは、以下のタイプに分けることが出来る。
ほとんどの場合は、上記のアンバサと言う表現にならって「~バサ」と言う名称になっている。

傾向ビルド名備考
魔法型アンバサ
(純バサ)
祈祷をメインにしたビルド。他のステータスと比べて、信仰を多めに振っている。
一般的に筋力と技量を抑え、信仰を高めたビルドのこと。高信仰による攻撃祈祷は火力があり、属性派生により近接火力も意外と確保しやすい。
呼称の由来はデモンズソウルの聖職者が唱える「アンバサ」という聖句。もっとも当時のアンバサと呼ばれたスタイルは魔法型ではなくゴツイ武器を担いだリジェネお化けの戦士型だらけだった。
代表的な武器:秘文字の剣黒き刃など
信魔信仰と知力の両方に振ったビルド。魔術と祈祷の魔法を組み合わせて戦う。本作には知力と信仰両方の補正を受けられる武器が乏しいものの、中には唯一無二の性能をしているものも。黄金律の聖印アズールの輝石杖を持てば技量を振らずに最速詠唱の祈祷が高火力で使え、補助的に魔術も扱える万能タイプになる。
代表的な武器:夜と炎の剣、炎術派生か神聖派生させた泥人の銛など
近接型信仰戦士生命、持久を確保した上で筋力技量は使いたい武器の最低限にとどめ、信仰を高めたビルド。
元来の意味でのアンバサ戦士。継戦能力を重視しており、防具は主に重鎧が好まれる。重鎧とバフの併用により高カット率と高い強靭値を誇り、多少の攻撃では怯まないパワフルな攻めを展開できる。詠唱速度は遅いものの攻撃祈祷の火力も高い。冒涜の聖剣を戦技メインで運用するならこのスタイル。大回復恵みの祝福といったPTにも貢献出来るコスパのよい回復手段を備えており、非常にしぶとく立ち回れる。
代表的な武器:全炎術&神聖派生武器、秘文字の剣冒涜の聖剣など
筋バサ筋力+信仰型のビルド。今回の信仰補正を持つ武器の多くは筋力要求値が高いが、このビルドであれば存分に振るう事が出来る。筋力に振ることで大盾の要求値も満たせるため、攻撃防御ともに安定した立ち回りが可能。低信仰でも15割り振ればコスパのよい回復手段である大回復獣の生命が使用できる上に、魔力防護をはじめとした各種属性防護が使用可能になる。マリケスの黒き剣など筋力と信仰を揃えて上げると
代表的な武器: 黄金のハルバードマリケスの黒き剣トロルハンマー使者たちの扇笛など
ギンバサ技量+信仰のビルド。技量により詠唱速度が早くなるため、近接と攻撃祈祷を併用した牽制やラッシュが強烈。弓や投擲道具といった搦め手が使用できるのも魅力。詠唱速度が上がる都合上近接型だけでなく対人重視の魔法型もこのビルドに行きつきやすい。
代表的な武器: ヴァイクの戦槍神の遺剣ツリースピアなど
上質アンバサ筋力+技量+信仰の複合ビルド。武器の選択肢を増やしながら回復・補助も出来る万能型。
難点は振るステータスが多いため、火力が低くなりがち。最終的な育成目標を定めないと器用貧乏になる。
代表的な武器:冒涜の聖剣翼の鎌神狩りの剣、他筋バサやギンバサの武器も
信神信仰+神秘の複合ビルド。
今作の竜餐系の祈祷は神秘も必要で聖印も神秘補正が高いためこのタイプになりやすい。
補助系とブレス系の祈祷を使いつつ信仰補正武器と神秘補正武器を使い分けられる。
低信仰神秘メインの信神については神秘戦士向けの情報も参考に。

素性 [編集]

放浪騎士 [編集]

知力+神秘の合計が素性最低値。筋力と技量に振りある程度様々な武器を使いたいならおすすめ。

勇者 [編集]

知力と技量は最低だが神秘がやや高い。筋バサや神秘を伸ばす予定ならおすすめ。

預言者 [編集]

知力は最低だが神秘がやや高い。竜餐など神秘が必要な祈祷や武器を使うならこちら。
また、知力以外にも持久筋力技量の合計値は他素性より低く、生命精神力信仰に特化した純信仰型にも適性がある。

[編集]

放浪騎士より神秘が1高いが筋力が2低いので、筋力が不要ならこちら。

密使 [編集]

信仰が高いので一見するとアンバサ向けだが、選択性のある知力と神秘に振られているため損をしやすい。
非常に緻密な計算のもと育成せざるを得ないため、余程のこだわりがあるか、ロールプレイに浸るでもない限り選択するのはおすすめしない。

聖職者のための序盤収集ガイド [編集]

本作でもソウルシリーズ同様、信仰を攻撃力に活かすには特定の要素の収集が必要で、オープンワールドになった都合上寄り道しての探索次第で本編攻略の難易度も大幅に変化する。
信仰ビルド育成ではある意味最難関と言えるかもしれない最序盤についての初心者用ガイド。
基本的にゲーム開始直後から戦闘無し、もしくは雑魚ドロップで入手できる要素をピックアップ。

どの素性でも聖職者スタイルは可能

  • 預言者か密使の素性で始めれば最初から指の聖印を所持しているが、円卓にいる双子の老婆が聖印を、聖職者コリンが祈祷を販売しているので、どの素性でも最序盤から聖職者プレイが可能。
    難易度が高いと感じたなら生命力と武器への適性も高い放浪騎士などで始め、後から信仰を高めるスタイルが比較的難易度が低い。
    初期値以下には出来ないものの、後からステータスを振り直す要素もある。

信仰補正武器の確保

  • FPの少ない序盤では祈祷以上に重要なのが信仰補正の付いた武器の確保になる。
    手っ取り早いのは神聖系戦灰を利用した武器の神聖派生。それにうってつけの戦灰が戦灰「聖なる刃」
    ゲーム開始直後から直行可能な第三マリカ教会の北側にいるスカラベから入手する。
    汎用武器を信仰補正付きの神聖派生に変更できる上、序盤の低い信仰で祈祷を使うより火力の出せる戦技聖なる刃も使用可能になって一石二鳥。
    • ちなみに同じく信仰補正の炎術派生は序盤での入手は困難。
      デフォルト炎術の戦灰は終盤に2つあるのみで、灼けた砥石刀も赤獅子城の最奥付近にある。
  • 神聖派生以外にも円卓奥のテラスを飛び降りた先のベッドルームで武器秘文字のパタを入手可能。
    初期レベルでは厳しいNPC侵入者に侵入されるが無視して回収してしまおう。
    侵入NPCを倒せない場合は倒されて上に戻る事になるので予めルーンは使い切っておくと安心。
  • 啜り泣きの半島霊廟ヶ原の廃墟地下の宝箱から武器翼の鎌
    こちらも直行して雑魚をスルーして回収可能。
    技量&信仰補正の高いギンバサ向けに見えるが、神聖の基礎値が高いので高信仰ビルドに向く。
    褪せ人・NPC特効の特殊な戦技も優秀で、おまけに出血効果も付く。
  • 遠出にはなるが、湖のリエーニエの祝福「リエーニエ街道南」から南方にある故障した荷馬車の宝箱からツリースピアが入手可能。大槍なので要求ステータスが高く最序盤に装備をするのは難しいが、ギンバサなどでは後々非常に頼もしい武器になる。
    湖のリエーニエにはストームヴィル城東側の断崖上を抜けるとストームヴィル城を攻略せずに到達可能になっている。

有用な祈祷の入手

  • ストームヴィル城終盤、接ぎ木の貴公子が徘徊する部屋から屋外広場に出て左手のインプ像の封印から神肌の祈祷書を入手可能。聖職者コリンなどに渡せば炎属性な上に耐性無視のスリップダメージを伴う黒炎を購入可能になる。
    こちらはストームヴィル城を終盤まで攻略する必要が出てくるが、序盤から周回プレイまで全編通して活用出来る優秀な祈祷なのでぜひとも探索漏れなく入手しておきたい。

特定の装備による祈祷等の強化について [編集]

クリックして展開

装備 [編集]

クリックして展開

聖印・杖

祈祷を強化する効果は、同じ効果のものを左右の手に持つとその分更に強化される。
(例:両手に巨人の聖印で巨人の火の祈祷に威力ボーナス1.44倍)
※信仰以外のステータスでも祈祷補正が上昇する聖印の場合、攻撃祈祷の威力計算には表示値の祈祷補正がそのまま適用されるが、回復/エンチャント祈祷の効果量計算には、内部的に信仰ステータスで上昇している分の祈祷補正しか適用されない仕様がある。

聖印

  • 指の聖印
    筋4信10 重量1.5 筋D信S(最終補正)
    信仰26以下の場合、純信仰の聖印としては最も祈祷補正が高くなる。
  • 黄金樹の聖印
    信40 重量0.0 信S(最終補正)
    信仰が69以上の場合、純信仰の聖印としては最も祈祷補正が高くなる。
  • 黄金律の聖印
    知17信17 重量0.0 知A信A(最終補正)
    黄金律原理主義の祈祷を強化する(1.1倍)
    知力信仰の両方で祈祷補正が上昇する、複合補正の聖印。
    知力・信仰共に17~30間の祈祷補正の上昇率が高く、攻撃祈祷を使う分には(知力が17以上あるなら)低信仰帯では純信仰の聖印よりも高火力を出しやすい。
    31~45間は伸び率が鈍化し、46以降はほぼ伸びなくなるが、最終的に知信99の場合、全聖印で最も攻撃祈祷の威力が高くなる。
  • さざれ石の聖印
    筋4信18 重量1.5 筋D信S(最終補正)
    王都古竜信仰の祈祷を強化する(1.15倍)
    祈祷補正の数値だけ見れば指の聖印の微下位互換だが、威力ボーナスの効果が強力で、古龍信仰系の攻撃祈祷を使う際は大体最適解になる。
  • 巨人の聖印
    筋4信14 重量1.5 筋D信S(最終補正)
    巨人の火の祈祷を強化する(1.2倍)
    祈祷補正の数値はさざれ石の聖印よりも更に低いが、その分威力ボーナスが高く、より特定祈祷の使用に特化した性能になっている。
  • 神狩りの聖印
    筋4信27 重量1.5 筋D信S(最終補正)
    神狩りの祈祷を強化する(1.1倍)
    信仰27~68の場合、純信仰の聖印としては最も祈祷補正が高くなる。
    神狩りの祈祷を使う使わないに関係なく、純バサにとっては純粋に優秀な聖印。
  • 爪痕の聖印
    筋4信10 重量1.5 筋B信B(最終補正)
    獣の祈祷を強化する(1.1倍)
    筋力信仰の両方で祈祷補正が上昇する複合補正の聖印。
    黄金律の聖印同様、筋力・信仰共に15~30間の上昇率が高く、31~45で鈍化し、46以降はほぼ伸びないが、黄金律の聖印に比べると全体的な数値が低め。
    その為、信仰を抑えた筋力寄り筋バサにおいては攻撃祈祷の使用において最大威力となるが、逆に筋30信50のような信仰寄りのビルドにおいては他の聖印に負けてしまう。
  • 狂い火の聖印
    要求ステータスなし 重量0.0 筋C技C知C信B(最終補正)
    狂い火の祈祷を強化する(1.2倍) 発狂の状態異常を僅かに蓄積する。
    筋力技量知力信仰で祈祷補正が上昇する驚異の四重補正聖印。
    他の複合聖印同様、15~30で急上昇、31~45で並上昇、46以降は鈍化という成長ペースを見せるが、実際は信仰以外のステ補正が低く、筋技知信99でも知信99の黄金律の聖印に祈祷補正で負ける。
    信仰以外の補正はおまけと考え、巨人の聖印同様、素の祈祷補正が低い代わりに特定祈祷を使用した際の威力ボーナスが高い特化聖印とみて使うのが良い。
  • 竜餐の印
    信10神10 重量0.0 信B神S(最終補正)
    竜餐の祈祷を強化する(1.15倍)
    信仰神秘の両方で祈祷補正が上昇する複合補正の聖印。
    15~30で急上昇、31~45で並、46以降は鈍化という成長ペースこそ同じだが、神秘を高めた際の祈祷補正の伸び率が最も高い特異な補正を持つ。
    ただし神秘次いで信仰補正もそれなりに高く、神秘が60以降鈍化するのに比べて信仰は30以降もコンスタントに伸びる為神秘特化よりも信仰:神秘=1:2〜2:3のペースで上げると最もコスパが良い。
    回復/エンチャント祈祷との相性は最悪な反面、竜餐系祈祷の威力ボーナスも高い上、神秘を伸ばした際の攻撃祈祷の威力は信仰特化の指の聖印神狩りの聖印に次ぐ。
    またApp Ver. 1.04にて下方修正されて上昇量が僅かになったが、依然としてこの聖印で祈祷を使用した場合、祈祷の状態異常の蓄積値が高まる効果もある。

  • アズールの輝石杖
    筋力10知力52
    魔術の詠唱速度を早める杖だがver1.03現在祈祷も早くなる。
    消費FP1.2倍も魔術のみのため祈祷はノーデメリット。
    装備する(両手持ちで背負ってるだけでも可)だけで効果があるため必要能力を満たす必要はない。
  • 咎人の杖
    筋8信12
    筋C信S(最終補正)
    知力ではなく信仰により魔術を補正する杖。
    ちなみに「信仰」のみで使用できる魔術は罪の茨罰の茨の二種類。

武器

短剣

  • 黄銅の短刀
    筋7技12信14
    筋D技D信D(派生前・最終補正)
    序盤でのイベントで入手可能なほか中盤でもう1本入手可能。
    信仰補正で物理攻撃力が伸びる。
    炎術・神聖派生時には高い信仰補正が物理属性両方とも乗り、短剣トップクラスの攻撃力になる。
    軽量かつ筋力技量が最低限で運用でき、なおかつ信仰武器では貴重な戦灰対応武器。
    短剣なので致命の一撃の威力が高く祈祷でダウンを取った際にも便利。
  • チンクエディア
    筋10技10
    筋B技D(最終補正)
    獣の祈祷を強化する効果あり。信仰では攻撃力が上がらないので筋力寄りの筋バサ向け。
  • 黒き刃
    筋8技12信18
    筋E技B信C(最終補正)
    中盤で入手可能。
    専用戦技「死の刃」の最大HP減少+割合スリップダメージが強力。
    その性質上、特に味方人数が多いマルチプレイ時のボス戦において猛威を発揮する。
    重量が軽く信仰以外の要求ステータスも低いので、ソロプレイにおいても戦技目的のサブウェポンとして携帯しておくと何かと助かる
  • 使命の刃
    筋5技13信15
    筋D技C信B(最終補正)
    ギンバサ向けの短剣。
    専用戦技「黄金の刃」は隙が大き目だが、吹き飛ばし・射程・威力に優れる。
    信仰による戦技の威力補正が大きく設定されており、信仰特化でも火力に期待できる。
    ちなみに、メリナが使用している武器と非常に似ている。

直剣

  • 黄金の墓標
    筋12技10信14
    筋D技D信C(最終補正)
    「聖性を帯びた武器」の中でも、最も入手が容易な1本。
    デフォルトでスケルトンの復活阻害効果を持つ。
    王都外廓アウレーザの英雄墓の入ってすぐにあるインプ像の部屋で拾えるので、入手のためのボス討伐やギミック攻略の必要がない。
    基礎値高めで低ステでも火力が出やすい分、専用戦技「弔いの墓標」はやや使いにくい。
  • 秘文字の剣
    信20
    信A(最終補正)
    物理ダメージ0で100%神聖ダメージのみのレア武器。
    片手持ちでも盾に弾かれない特殊仕様。戦技は隙が大きめだがガード無視。
    ver.1.07にて戦技が大幅に高速化して扱いやすさが上層した。
  • 夜と炎の剣
    筋12技12知24信24
    筋D技D知B信B(最終補正)
    物理+魔力+炎の属性を持ち、ステータス要求が高い直剣。
    専用ビルドorほぼ信魔専用になるが、戦技「夜と炎の構え」が非常に強力。
  • ミケラの騎士剣
    筋11技11信16
    筋D技D信D(最終補正)
    THE・聖剣といった見た目の直剣。
    補正は全てDで止まってしまうが、基礎攻撃力の高さで十分な火力が出る。
    信仰は最低限に留め、筋技を伸ばす上質戦士に最適な武器。
    最大溜めで凄まじい踏み込みを見せる固有の強攻撃モーションが使いやすく強力。

大剣

  • 神の遺剣
    筋14技24信22
    筋D技B信C(最終補正)
    ラスボスの追憶から生成できる、最強の大剣。
    ラスボス撃破後にしか入手できないのが難点だが、専用戦技「黄金波」が非常に強力。
    発生は遅いが高威力。地を這う黄金の波動でもって、超々広範囲を薙ぎ払う。
    群れる集団を狩る事に関しては他の追随を許さない圧倒的な対ザコ殲滅性能を誇るが、多段ヒットはしない為、ボス戦においては威力より消費FPの重さがネックになる。
  • ミエロスの剣
    筋15技19 重量10.0
    筋C技C(最終補正)
    装備中に敵を倒す度にFPを5回復する効果を持つ武器。
    信仰補正は持たないが、特に同じ大剣の「冒涜の聖剣」や「神の遺剣」を使用する際、大剣二刀流用に左手に持ったり、背負ってタリスマン代わりに使用する。
    タリスマン「祖霊の角」「カーリアの徽章」も同時併用した際のFP回転率は侮れない。
    重量5.5かつ要求ステも低い生贄の斧とどっちを持つかは好みで。
  • 黄金律の大剣
    筋16技21信28
    筋E技D信B(最終補正)
    魔術師における暗月の大剣と対になるような、聖職者のための信仰大剣。
    聖性も帯びており、デフォルトでスケルトン復活阻止効果も持つ。
    最大の特徴は専用戦技「黄金律掲揚」。Ver1.04にて強化され、実戦においても十分に使っていける性能になった。
    難点は入手時期が非常に遅い点。
  • 冒涜の聖剣
    筋22技15信21
    筋C技C信B(最終補正)
    装備中に敵を倒す度にHPを小回復する他、戦技を当てた時にも中回復する、炎属性大剣。
    信仰補正Bだが補正に対応した炎属性の基礎値が低めなため武器自体はどちらかといえば信仰最低限確保の筋力や技量向け。
    専用戦技「略奪の炎」が、道中攻略や対ボス戦で非常に強力。前方直線に長射程の、高威力かつ体幹崩し力の高い、地を這う炎属性の衝撃波を飛ばす。この戦技のダメージは信仰で増加し、戦技メインなら筋技は最低限でも構わない。
    段差/空中の敵/炎耐性の敵が苦手だが、吹き飛ばし効果も持ち、火力も高め。
    入手が冒涜の君主、ライカードの討伐後とやや遅いのが難点。
  • 分かたれぬ双児の剣
    筋18技18信20
    筋D技D信B(最終補正)
    聖性を帯び、スケルトン復活阻害効果を持ったドイツ剣モーションの信仰大剣。
    入手時期および敵の耐性により、寄り道なし攻略では活躍場面が少ない。

特大剣

  • マリケスの黒き剣
    筋34技12信20
    筋B技D信B(最終補正)
    筋力・信仰補正Bになる、筋バサ向けの聖属性特大剣。
    専用戦技「運命の死」の最大HP減少+スリップダメージ効果が例によって強力。
    装備要求値が重い割に通常攻撃の火力は伸び悩むため戦技を活かす立ち回りが求められる。
    ちなみに祈祷の「黒き剣」と一緒に使うと最大HP減少効果が重複する。
  • 神狩りの剣
    筋20技22信20
    筋D技B信C(最終補正)
    技量補正がBになる、ギンバサ向けの炎属性特大剣。
    他の特大剣よりも振りが若干早いという特性があり、その点で唯一無二の個性を持つ。
    専用戦技「女王の黒炎」は、隙は大きいが高火力+スリップダメージ。
    ただし最初に剣に黒炎を纏うモーション直後にローリング等で戦技キャンセルでき、空振り時の隙を減らせる。また初段は消費FPもゼロのためキャンセルすればFPを温存できる。

刺剣

重刺剣

曲剣

  • 溶岩刀
    筋9技15信16
    筋C技D信C(最終補正)
    信仰補正を持つ炎属性の曲剣。
    戦灰の付け替えができず、手数を生かした状態異常主体の立ち回りはできないが、信仰特化ビルドで使う分には素の火力が高くて良いDPSが出る。
    専用戦技「溶岩撒き」は、攻略において汎用性が高く便利。戦技発動時、足元に攻撃判定のある溶岩だまりをばら撒くが、それがダメージ+怯み、かつ敵AIはこれに対応できない為、行動妨害効果が非常に高い。
    入手が敵のレアドロップ限定で、入手の為のマラソンが苦行になりやすいのは難点。

大曲剣

  • 土竜の鱗剣
    筋24技15信仰18
    筋B技D信B(最終補正)
    筋力寄りの信仰補正火属性武器。
    戦技は範囲や火力は良いものの燃費が悪い。

両刃剣

  • 生贄の斧
    筋16技10 重量5.5
    筋E技E信C(炎術派生時、最終補正)
    装備中に敵を倒す度にFPを4回復する効果を持つ武器。
    ミエロスの剣より回復量が1少ないが、こちらは重量が約半分の上、要求ステも低い。
    やはり背中に背負ってタリスマン代わりに使ったり、武器攻撃力に依存しない戦技である各種ステップや赤獅子の炎などを仕込んでおく用途がメイン。

大斧

  • 使者たちの笛
    筋10技12信16
    筋C技C信C(最終補正)
    通常攻撃面では平凡な聖属性槌だが、専用戦技「神託のシャボン」が便利。
    弾速は鈍亀だが誘導性が高く、ロックオン限界を越えた先にも届く長射程圏を誇る。
    武器強化するとそこそこ威力も高くなる上、それをFP6で撃てるので、攻略では何かと便利。
    ただ弾速の鈍亀さが災いし、高機動でチョコマカ動く相手にはまるで当たらない。
    兜「使者たちの大頭」装備で戦技が強化される。
    入手が敵のレアドロップ限定なのが難点だが、長笛を狙うならその過程で大体手に入る。
  • マリカの槌
    筋20技12信19
    筋B技D信C(最終補正)
    必要能力・補正から分かる通り筋バサ向けの聖属性槌。
    専用戦技「黄金砕き」は発動前後の隙が大きめだが発動中は強靭が上昇し、自分を中心とした範囲攻撃で威力、範囲共に良好な性能を持つ。
    ただし、入手はラスボス戦後であり、同じ追憶から「神の遺剣」が選べるため影が薄い。

大槌

  • 使者たちの長笛
    筋23技11信18
    筋C技D信B(最終補正)
    通常攻撃面では平凡な聖属性大鎚だが、専用戦技「降り注ぐシャボン」が凶悪な性能。
    地を滑るように広がる大量のシャボンを放射し、これが敵集団に対して強い他、大型の敵に密着して使用すると、シャボンが複数同時ヒットし凄まじいダメージが与えられる。
    硬直が長く途中キャンセル不可、使用時に大きな隙を晒す難点はあるが、複数同時ヒットするような相手ならば数回あれば体勢崩しにもっていけて、吹き続ければそのまま倒してしまえる場合も多々。
    王都古龍戦役において、ローデイルの城壁を不落たらしめた、真の対竜決戦兵器
    兜「使者たちの大頭」装備で戦技が強化される。
    入手が敵のレアドロップ限定なのが難点だが、装備することで世界が変わる、アンバサなら是非とも狙うべき逸品。

フレイル

特大武器

  • 化身の儀仗
    筋34技8信24
    筋A技D信B(最終補正)
    筋バサ向け特大武器。基礎攻撃力は控えめだが補正が高く、カテゴリ中でもリーチは長い方。
    ラニイベントを最速で進めればアルター高原到達前に入手可能。
    専用戦技「黄金樹の尻撃」は後隙が大きいが、範囲もそこそこ広く強靭補正もあるため攻略ではそこそこ使いやすい。
  • 使者たちの扇笛
    筋28技12信24
    筋C技C信D(最終補正)
    使者たちの笛シリーズは他に優秀なものがあるため話題にのぼりにくいが性能は決して悪くない。
    専用戦技「神託の大シャボン」は、使い所を選べば使える性能はしている。が、とにかく入手までが苦行。マラソンは場所が悪くがドロップ率も低いため非常に大変。
    兜「使者たちの大頭」装備で戦技が強化される。
  • トロルハンマー
    筋28技8信10
    筋B技E信D(最終補正)
    属性を持ちながらエンチャント可能な武器その1。
    必要能力値、能力補正から筋力寄りの信仰戦士に最適。
    属性面から火よ、力を!を最も有効活用できる武器でもある。
    物理面も元が強力なので、総じて信仰戦士らしいあらゆる戦い方に対応できる。

大槍

  • ツリースピア
    筋15技22信18
    筋D技C信D(最終補正)
    属性を持ちながらエンチャント可能な武器その2。
    武器の信仰補正、武器へのエンチャント祈祷、自身へのバフ祈祷と言う、信仰を使った火力アップ三要素をフル活用できる数少ない武器。
    技量補正も高めなのでギンバサの強い味方。
    戦技が聖律で固定されているので汎用戦技は使えないのが玉に瑕。
    聖律は逆の手に装備した武器や祈祷の威力も引き上げられる特異なエンチャなので大槍二刀流などに向く。
  • ヴァイクの戦槍
    筋16技20信18
    筋D技B信C(最終補正)
    レアな発狂の状態異常を持つ。
    発狂はモブ敵やボス敵には入らず、対NPCや対プレイヤーで強力。
    戦技がそれなりに広範囲なので大槍では珍しく対多数にも強い。
    シビアだが戦技の突き降ろし部分を直撃させられれば火力も高い。
  • シルリアの樹槍
    筋27技13信20
    筋B技D信C(最終補正)
    筋力寄りの信仰補正付き大槍。補正値は筋≧信>技で案外信仰補正も高い。
    ver.1.07のアップデートで戦技が大幅に強化され攻略面で非常に強力になった。

斧槍

  • 黄金のハルバード
    筋30技14信12
    筋B技D信D(最終補正)
    序盤から入手可能な聖属性持ちの斧槍。要求筋力と重量がネック。
    戦技変更不可だが基礎攻撃力が高く、要求ステータスさえ満たせば攻略では十分な性能を発揮する。

  • 光輪のサイス
    筋13技16信15
    筋D技C信D(最終補正)
    敵ドロップ限定で入手が困難。確保にマラソンと運が絡むのが難点だが、専用戦技「ミケラの光輪」が攻略において非常に優秀。
    やや軌道が変則的で、狭い通路などでは壁に当たって消滅しやすい短所こそあるが、消費FP11とは思えない高威力と長射程、当たり判定に追尾性能。
    そこらの攻撃祈祷はおろか、一部の魔術すら喰いかねない、異様なコストパフォーマンスを見せる。
  • 翼の鎌
    筋16技16信24
    筋D技C信C(最終補正)
    序盤で入手可能。出血付き。
    戦技の効果による聖杯使用不可が対NPC・対人では強力。

  • 巨人の赤髪
    筋18技12信21
    筋B技D信B(最終補正)
    専用戦技「炎の舞」は発生はやや遅いが広範囲で対集団に強い。
    鞭特有の重量の軽さもあり、サブとして持つのも良い。
    難点は入手時期が終盤になること。

  • 秘文字のパタ
    信30
    信A(最終補正)
    序盤から入手可能。聖属性のみ。重量0なのでサブウェポンにもいい。
    拳武器の特徴として、両手持ち時の特殊モーションによるワンツーコンボの性能が高い。
    低強靭の雑魚敵相手なら、一方的に怯み嵌めから殴り殺すことができる。
    専用戦技の「防ぎ得ぬ刃(パタ)」も、秘文字の剣の戦技とは同名の別性能。
    出が早く、強靭削り&体感崩し性能が全戦技でもトップクラスに高い上、深く踏み込んで拳を突き出すモーションが、拳武器の短射程を上手く補っていて使いやすい。
    難点は、純聖属性の武器が故に、聖属性耐性持ちの敵には全くの無力である点。

遠距離武器

長弓

  • 黄金樹の弓
    筋8技12信14
    小弓長弓カテゴリで唯一の聖属性付帯弓。
    この弓+黄金の矢の聖属性攻撃力と長射程は非常に取り回しが良い。

大弓

  • 黄金樹の大弓
    筋20技14信14
    大弓カテゴリ唯一の複合属性。
    この弓+黄金の大矢 の聖属性攻撃力は侮れない高さである。
    しかし物理攻撃力はどう足掻いても他の大弓に勝てない。
    筋技それぞれ14あれば持てる事を活かして純バサで持つのが最適解だったりする。

小盾

中盾

  • 大亀の甲羅
    筋14
    スタミナの回復速度を高める効果あり。
    Ver1.03より物理100%のカット率はなくなった。
    しかし、効果時間は短いが戦技「鉄壁の盾」も活用すれば盾としても十分に活用できる。
  • 真鍮の盾
    筋16
    物理100%カット、中盾最高のガード値、中盾最高の重量
    なんと言ってもガード値が大盾並みに高い。
    重量7.0を許容できるならおすすめ。
  • 失地騎士の盾
    筋14
    真鍮の盾と比較してガード値が1低くなるが筋力の要求ステが2軽くなり、重量も1.0軽い。
    戦技も変更可能なため、選択肢として十分あり。

大盾

  • 神聖画の盾
    筋22
    リジェネ効果がある大盾。
    性能は他の大盾には劣るが、リジェネ系の祈祷と組み合わせるとモリモリ回復する。
  • 蝕紋の大盾
    筋32
    免疫、頑健、正気耐性が上昇する。
    筋バサ向けだが、状態異常対策としては強力で役立つ。
  • クラゲの盾
    筋20技14
    物理カット100%、重量8.0と大盾の中では軽量。
    専用戦技「伝染する怒り」は「近接攻撃、遠距離攻撃、アイテム、魔術、祈祷、あらゆる攻撃の威力を1.2倍にする」という強力な効果を持つ。

防具

  • 黒団子
    自らが発狂状態になったとき、攻撃力が高まる。

胴鎧

タリスマン

ステータス上昇

  • 恵みの雫のタリスマン
    HPをゆっくりと回復する(HP2回復/sec)
    他のリジェネ系回復手段と併用するとモリモリ回復する。
  • 武具塊のお守り武具塊のお守り+1大壺の武具塊
    装備重量の上限を大きく上昇させる(15、17、19%)
    手軽に装備重量上限を上昇させられる。
  • 黄金樹の恩寵黄金樹の恩寵+1黄金樹の恩寵+2
    最大HP(3、3.5、4%)、スタミナ(7、8、10%)、最大装備重量(5、6.5、8%)を上昇させる。
    基礎ステータスを伸ばせるため非常に便利。
  • ラダゴンの刻印ラダゴンの爛れ刻印
    生・持・筋・技+3or5、被ダメージ+10or15%
    筋力と技量を気軽にブーストできる。
    信仰メインにしつつ、武器装備のためにある程度筋技が欲しい場合に最適。
    被ダメージUPは痛いが、それらが必要な場合は使おう。
  • マリカの刻印マリカの爛れ刻印
    精・知・信・神+3or5、被ダメージ+10or15%
    知力と神秘を気軽にブーストできる。
    被ダメージUPは痛いが、それらが必要な場合は使おう。
  • 星砕きの伝承義手剣士の伝承星見少女の伝承二本指の伝承
    それぞれ筋力・技量・知力・信仰のステータスを+5できる。
    ステータスを抑えつつ特定の武器・魔法を使用する場合に選ばれる。

魔法強化

  • 信徒の誓布集う信徒の誓布
    祈祷の威力を高める(4%)、祈祷の威力を大きく高める(8%)
    祈祷メインならば使用する。
  • 原輝石の刃
    魔術と祈祷の消費FP(25%減少)と、最大HPが少なくなる(15%減少)
    HPが減少するのは痛いが、FP消費減が強力。
  • 古き王のタリスマン
    魔術と祈祷の効果時間を延ばす(30%)
    エンチャント系、防護系、リジェネ系などの持続時間が伸びる。
  • ラダゴンの肖像
    魔術と祈祷の使用速度を速める(約8~11%、一部祈祷の溜めは3%近く低下する)
    技量30分の詠唱速度UP効果を得る。
    技量に振らないで詠唱速度が気になるならば選択肢に入る。

特殊な行動の強化

  • ゴッドフレイの肖像
    魔術/祈祷/戦技のタメ使用を強化する(15%)
    タメ使用をメインにするなら選ぼう。

特殊な強化

  • 炎の蠍雷の蠍聖なる蠍
    それぞれ炎・雷・聖攻撃力を高めるが(12%)、カット率が下がってしまう(物理系カット率-10%)

条件付きの効果・ルーン獲得・発見力強化

  • 捧闘の剣のタリスマン捧闘の盾のタリスマン
    捧闘の剣はHPが最大のとき、攻撃力を高める(与ダメージ10%増加)
    捧闘の盾はHPが最大のとき、防御力を高める(被ダメージ30%低下)
    回復・リジェネ系祈祷と合わせることでHP最大状態を保ちやすい。
  • 祖霊の角
    敵を倒したとき、FPを3回復する。
    道中のFP回復手段。
  • 青色の凶刃
    致命の一撃によりFPを回復する(15FP)
    道中のFP回復手段その2。

戦技 [編集]

専用戦技は上述の武器欄を参照

汎用戦技

  • 猟犬のステップ
    強力な回避戦技。
    右手武器に猟犬のステップ、左手に聖印というスタイルはアンバサビルドの基本形の一つで、
    高い回避性能と攻撃祈祷による攻撃力を両立できる。
  • 剣舞牙突きなど直接攻撃系の戦技全般
    直接武器で斬る、突く、殴る系の戦技は概ね武器の攻撃力依存。
    つまり神聖派生や炎術派生ならば信仰補正を戦技威力に乗せられる。
    ただし風やら雷やら炎やら何らかの遠隔攻撃が伴う戦技については、
    戦灰の元派生のステータス依存なので注意。
  • 炎撃
    1段目の炎部分は筋力依存だが二段目の追撃は武器威力依存。
    炎術派生に炎攻撃力をエンチャントできる貴重な手段になる。
    戦技エンチャなので数値は控えめな代わりに左両手持ち→右片手と使用すると二刀エンチャ可能。
    上述の通り筋力補正があるので筋バサに向く。
  • 氷槍
    魔力属性・凍傷蓄積の遠距離。
    意外にも知力依存度は低くめで、武器の強化度合いと技量補正の依存度が高め。
    ギンバサや上質アンバサなら実用的な火力が出せ、極めて貴重な魔力属性と凍傷蓄積手段となる。
    凍傷蓄積値と体勢崩し性能が非常に優秀なのでそれ目当てならビルド問わず採用する価値あり。
    欠点は派生が物理系か冷気・魔力派生に限られる点。
    ギンバサで鋭利派生をして雷の武器を塗るなどすると無駄が出にくい。
  • 聖律
    与ダメージ1.1倍+アンデッド特効を付与するエンチャント戦技。
    発動した武器だけでなく逆の手に装備した別の武器や祈祷の威力も1.1倍する性質を持つ。
    あくまでエンチャなので黄金樹に誓って火よ、力を!とも重なって効果を発揮する。
    発動中どちらかの手に持っておく必要があるので持ち替えや逆側の手の武器両手持ちも不可。
    二刀流の左手側で使用する事で左右両方の武器を強化しつつ右武器の攻撃戦技を使えたり、
    前述の通り逆側に聖印を持つことで貴重なスペル威力アップ手段にもなる。

信仰によって補正される戦技

  • 聖なる刃
    横薙ぎの光の刃を飛ばした後、その武器に聖属性のエンチャントを付与する戦技。
    FP効率が良く、骸骨など死に生きる者に対して特攻もあり再生しなくなる。
    Ver1.04で強化され、発生が非常に早くなりだいぶ使いやすくなっているので、
    以前のVerで敬遠していた人も一度使ってみるべき。
    かなり序盤で入手できる戦技であり、汎用性が高く聖職者の長きにわたるお供と言える。
  • 黒炎の渦
    長柄武器に黒炎を纏わせ回転させることで攻撃する戦技。
    非常に火力が高く、雑魚を蹴散らす用途からドラゴン狩りまで幅広く使える。
    武器の長さや武器種そのものは攻撃範囲や火力に影響しないので、ショートスピアあたりに付けてしまってもいい。
    入手が終盤なのが難点。
  • 黄金の地
    武器を地面に突き立てる衝撃波・周囲に爆発・黄金のつぶて×6・派生の回転薙ぎ払い、という4段階の攻撃を発生させる戦技。つぶては戦技使用時にロックオンしていた対象に飛んでいく。
    大槌や大槍など大型武器にしか付けられないが火力も攻撃範囲も高くFP効率も悪くない。
    また射程も非常に長く、ロックオンさえできる距離ならば大弓と同程度の距離まで届くので、もし大型武器を持てるのならば付けて損はない。
    なお、ヒットするたびに○○する系の判定はつぶて一発一発がヒットするたびに判定があるため、例えばグレートスターズにつければダメージを稼ぎつつHPを回復できる万能戦技と化す。
    こちらも入手は終盤。
  • 黄金の尻撃
    ジャンプをして全方位に衝撃波を生じるヒップドロップをくりだす戦技。
    リーチや総合火力こそ黄金の地に譲るが、こちらは全ての近接武器に装着可能、発動時に高い強靭を発するので妨害をされにくいなど名前に反して堅実な性能を持つ。
    ver1.07で威力向上と発動後の隙が減ったのも追い風。
    入手は中盤。

魔法 [編集]

クリックして展開

攻撃祈祷

二本指を信じる者 / 二本指に仕えた者

  • 拒絶
    信12
    衝撃波で周りを吹き飛ばす。
    主に足場からの落下死を狙う。

黄金樹信仰

  • 黄金の怒り
    信32
    衝撃波で周りを吹き飛ばし聖属性ダメージを与える。
    落下死やダウンを狙うだけでなく、ダメージも高い。
    発生の速さと範囲に秀でており、最速詠唱でのロリ狩りやグラングの岩からのチェイン可能と使い勝手が非常に良い。

古い黄金樹

  • 黒き剣
    信46
    単発火力もさることながら、命中した相手の最大HP減少+スリップダメージが強力。
    類似性能を持つ戦技「死の刃」「運命の死」と効果を重ね掛けできる。
    アップデートで剣部分と光波部分に威力が分散したので、直接的な火力を期待するならば接近して使う事になる。
  • エルデの流星
    信50
    しつこく追尾しながら小さい子弾をばら撒く光球を生み出す。
    攻略では侮られがちだが、対人では非常に嫌らしい性能。
    一旦発動させてしまえば無傷での回避は困難で、術者は自由に行動できるので波状攻撃が可能。
    子弾のダメージはショボいものの、意外に強靭削りが50もあるので無視もしにくい。
  • 坩堝の諸相・角
    信27
    発動後、踏み込んでからはアーマーが付く。
    タメ使用ならかち上げ効果が付き、強靭削り・体勢崩し性能が非常に高い。
    ロック中は相手方向に直進するのみだが、ノーロックなら全方位に攻撃可能な上に途中で90度カーブも可能。対人戦ではノーロック撃ちが肝。
  • 坩堝の諸相・喉袋
    信27
    歩きながら使える竜炎といった趣の祈祷。
    範囲もそれなりに広く、発動さえしてしまえば案外強かったりする。

黄金律原理主義

  • 光輪
    知13信13
    射程、弾速共に優秀で連続使用も可能と攻撃祈祷の中でもかなり使いやすい部類。
    Ver1.07にて消費FP3と言う脅威的な低燃費になり、FP効率が極めて良くなった。
    知力を要求されるが最低限なので攻略においてはタリスマンなどで補ってでも採用する価値が十二分にある。
  • 三なる光輪
    知23信23
    攻撃範囲の広さは特筆に値するもので、光輪が攻略ならこちらは特に対人戦で効果的。
    連続発射が可能で、光輪と織り交ぜてのコンボ連続発射も可能。
    戦技の光輪系と違い、祈祷の光輪系は障害物や地面に当たっても消えずに持続するのが特徴。
    ノーロックで地面撃ちする事で着弾点にサイズの大きい攻撃判定を固定でき、
    相手の接近を阻む壁の様に使ったり、前ロリ読みの設置技のような使い方も可能。

王都古竜信仰 / 竜人兵

  • 雷の槍
    信17
    序盤から入手可能、聖職者にとってのメインの遠距離攻撃手段。
    遠距離攻撃を回避する敵も溜めずに投げると回避されにくい。
  • 古竜の雷撃
    信26
    対大型ボス用決戦祈祷。
    横に広い大型の敵に多段ヒットする。
    浮き上がる古竜の雷槍より隙が少なく比較的連発が効くのでDPSを稼ぎやすい。
  • 死の雷撃
    信47
    ランダムに死の状態異常を伴う落雷を落とす祈祷。
    全祈祷中溜め無しのダメージ倍率は最大級。
    純バサでの特化装備運用ならホストを一撃で葬れるほど。
    落雷の本数は固定で場所がランダムゆえに、閉所や壁際で使用すると落雷の密度が上がる。
    角待ち、乱戦時に戦技我慢との併用で強引に狙うなど、工夫次第で侵入戦で活躍しやすい。

不吉な予言 / 火の巨人 / 火の僧兵

  • 火付け火よ!
    信8、信16
    低燃費で気軽に炎属性の攻撃ができる。
    火付けの方はダッシュやローリングなどのアクションから派生で使用可能。
    近接戦でのコンボが狙える。
  • 火投げ巨人の火をくらえ
    信11、信30
    炎属性の遠距離攻撃手段。
    巨人の火をくらえはタメ使用により爆風範囲がかなり拡大するので、思った以上に当たってくれる。
  • 火よ、降り注げ
    信28
    同時発射する火投げ
    複数相手に使うのが基本だが、Ver1.04にて複数ヒットするようになり単体相手への使用も悪くない。
    またモーションが火投げと同じなので、対人戦で火投げと織り交ぜることによりフェイントのような使い方もできる。
  • 火よ、焼き尽くせ!
    信27
    周囲に火柱をランダムに発生させる。ver1.07で大幅に使いやすくなった。
    打ち上げ判定があり攻略で厄介な高強靭Mobもダウン&複数回ヒットが狙え、
    発生が早く持続が長いので対人戦では黄金の怒りなどでダウンを取った後の起き攻めに。
    いろいろな場面に活かせる。
    発動時に屈むので相手の攻撃モーションによっては全く被弾せずやり過ごせる場面もあり、見た目より隙は少ない。

神肌の使徒

  • 黒炎
    信20
    火投げに似ているがこちらはスリップダメージを持ち、削り性能が高い。
    微妙に火投げよりも飛距離がある。

獣の司祭グラング

  • 獣の石
    信10
    ショットガンのような祈祷。
    威力は低いが、発生の速さと射程の長さ、武器攻撃からコンボを狙える。
  • グラングの岩
    信13
    物理属性版火投げ
    連続で使用できて強靭を削りやすいため体制崩しも狙える。
    Ver1.07にて着弾時の攻撃判定が拡大。
    対人戦ではノーロックで足元に投げつける事で相手のローリング終わりを狙え、
    こちらの詠唱速度と相手の強靭によっては二発目がチェインする。

血の君主、血盟 / 腐敗に仕えんとする者たち

  • 蠅たかり
    信11神16
    ゆっくりと追尾するハエの群れを発射する。
    神秘が要求されるが、持続も長く、出血を狙える相手にはかなり効果的。
  • 血炎の爪痕
    信13神15
    正面を切り裂き時間差で小規模の爆発を起こす。切り裂く部分に判定はなく爆発までにもやや間があるので、相手の行動に判定を置くようにして扱うと当てやすい。
    FPあたりのダメージ量は悪くなく出血も付いており、強靭削りも高いので強敵も怯ませやすい。
    対人では判定までの遅さを逆手に取ったチェインが狙える。
  • 蟲糸
    信11
    複数ヒットかつ貫通効果を持つので巨体を持つ敵に特に有効。スペック以上のダメージを期待できる。
    強力なホーミング性もありダウンも取りやすく、隙の無い強祈祷。

狂える三本指

  • 狂い火
    信16
    眼から広範囲に火属性の光線をショットガンの様に発射する祈祷。
    低燃費、広範囲、良火力、序盤から入手可能と高性能。
  • 空裂狂火
    信22
    眼からレーザーを放つ。
    発射速度はやや遅いが高威力・速い弾速・長射程・若干の誘導性能と中々に優秀。
    竜餐の聖印を使うと発狂蓄積がなぜか上がり、対人では一撃で発狂を狙う事も。
    Ver1.04で竜餐の聖印の補正値が下方修正を受け、これのみで発狂させるのは難しくなった。
    対人での有用性が大幅に落ちた半面、ステージ攻略では変わらず有用で、高周回でも十分通用する。
  • 堪えきれぬ狂い火
    信31
    ボタン押し続けで歩きながら狂い火を連射し、その後全方位にばら撒く。
    主に対人戦で強みを発揮し、逃げ場のない閉所で使う、狂い火で前ロリを誘って使う、など
    範囲外に逃がなさい工夫次第で非常に強力な一手になる。

竜餐

神秘戦士向けの情報も参照することをおすすめ。

  • 腐敗ブレスエグズキスの腐敗
    信15神12、信23神15
    腐敗属性ブレス。
    竜の頭が出た後に広範囲に朱い腐敗属性のブレスを吐く祈祷。
    神秘は要求されるが、朱い腐敗が強力なので振る価値は十分にある。
  • 竜氷ボレアリスの氷霧
    信15神12、信23神15
    冷気属性ブレス。
    攻略では腐敗に譲るが侵入・対侵入での対プレイヤー性能はこちらも強力。
    発動してしまえば回避が非常に困難で、凍傷蓄積が高い。
  • 輝石ブレススマラグの輝石
    信15神12、信23信15
    貴重な純魔力属性の攻撃祈祷。
    状態異常などが無い代わり、相性を抜きにした威力は最も高い。
    凍傷が狙えず魔力属性に耐性の無い相手には最適。
  • 溶岩ブレステオドリックスの溶岩
    信14神10、信21神14
    火属性の溶岩弾を発射し、着弾地点に溶岩溜まりを発生させる。追加入力で次弾発射。
    他のブレスと違って単発攻撃で、上位版も珍しく馬に乗ったまま使用可能。
    直撃の威力が高い上に溶岩溜まりでの削りダメージも見込める高性能な祈祷。
  • 竜爪
    信17神13
    竜の腕を召喚し叩きつける。一回追撃が可能。
    祈祷版ハイマの大槌の様な性能で、ダウンこそしないが高威力な物理属性で範囲も広め。
    モーション中は強靭が付与されるため、対複数や高強靭モブ相手にも強く出られる。
    追撃可能な魔法の例に漏れず一段目から他の魔法への派生はスムーズなので、対人ではヒット後にチェインやコンボも狙える。
  • プラキドサクスの滅び
    信36
    厳密には竜餐祈祷ではないが当Wikiでは便宜上竜餐に分類する。
    伝説の祈祷並みにステータス値、消費FP、記憶スロットが要求される非常に重い祈祷だが、それに見合う性能はしっかり持ち合わせており、特に対人で活躍できる。
    特筆すべきは発生の速さ。接近された場合雑に使っても迎撃が可能。
    そこから放つ広範囲を薙ぎ払う強力なビームで追撃すればそのままHPを削りきることも。

補助祈祷

回復系

  • 性急な回復
    信8
    消費FP16
    対象は自分のみ
    回復量は祈祷補正×1.15倍
    最小の回復量だが回復祈祷の中では唯一歩きながら使用できる。
    回復系祈祷の中で最もFP効率が悪い(FP1あたりの回復量が少ない)。
  • 回復
    信12
    消費FP32
    対象は自分と周囲の味方
    回復量は自分に祈祷補正×2.30倍、味方に祈祷補正×1.15倍
    性急な回復と並び最もFP効率が悪い。
    以下含み、範囲回復祈祷の特徴として王族の幽鬼やそれに連なるタイプの敵に対して特攻効果ダメージ+強制ダウン効果がある。
    幽鬼はとても凶悪な敵のため、回復目的で使わないとしても、仕込んでおきたい。
  • 大回復
    信15
    消費FP45
    対象は自分と周囲の味方
    回復量は自分に祈祷補正×3.64倍、味方に祈祷補正×2.07倍
    FP効率は2番目。
  • 王たる回復
    信20
    消費FP55
    対象は自分と周囲の味方
    回復量は自分に祈祷補正×4.20倍、味方に祈祷補正×3.01倍
    FP効率は3番目。
  • 黄金樹の回復
    信42
    消費FP65
    対象は自分と周囲の味方
    回復量は自分に祈祷補正×5.90倍、味方に祈祷補正×3.98倍
    生命力をそれなりに強化していないと、回復量が過剰になりがち。
    FP効率は最も高い。また効果範囲も他の回復祈祷より広くなっている。

リジェネ系

  • 獣の生命
    信12
    消費FP18
    対象は自分のみ
    120秒間、毎秒HPを5(累計600)回復する。
    累計の回復量および秒間の回復量は最も少ないがFP効率は最も良い。
  • 恵みの祝福
    信24
    消費FP30
    対象は自分と周囲の味方
    90秒間、毎秒HPを8(累計720)回復する。
  • 黄金樹の恵み
    信38
    消費FP60
    対象は自分と周囲の味方
    90秒間、毎秒HPを12(累計1080)回復する。
    リジェネ系の中ではFP効率は最も悪いものの、回復スピードの速さは特筆に値する。
    更に味方に伝播する範囲が広くマルチプレイでは非常に優秀。
    これに限らず今作のリジェネ系は古き王のタリスマンで持続時間を伸ばしても回復速度が遅くならず、回復総量は時間が伸びた分増加する。

状態異常解除系

  • 王たる癒し
    信12
    消費FP12
    対象は自分と周囲の味方の毒、出血、睡眠状態
    効果だけ見れば、毒の治療の上位互換。
  • 火の癒しよ
    信12
    消費FP14
    対象は自分の毒、朱い腐敗状態だが発動時に火属性の微ダメージがあるため凍傷が解除できる。ただし発症するまでの凍傷蓄積は消えない。
    効果だけ見れば、毒の治療の上位互換。
    朱い腐敗を解消できる貴重な効果を持つので、あらゆるビルドにおいて採用の価値あり。
  • 聖律の治癒
    知11信11
    消費FP15
    対象は自分の死状態。
    対象となる状態異常の仕様上、あまり使用する機会には恵まれないか。
  • 獣の頑健
    信9
    消費FP10
    対象は自分の出血、凍結状態
    信仰に無振りであっても使用できるくらい必要能力値が軽い。
    対象となる状態異常は無限購入できる苔で処置可能なので、あまり使用する機会に恵まれない。

エンチャント系

  • 聖律の剣
    知13信13
    消費FP27
    武器に90秒間、聖属性攻撃力と死に生きる者たちへの特攻を付与する。
  • 雷の武器
    信15
    消費FP22
    武器に90秒間、雷属性攻撃力を付与する。
  • 竜雷の加護
    信21
    消費20
    70秒間、状態異常耐性と攻撃耐性を同時に付与する祈祷。
    攻撃をくらった際、大盾でガードした際の様に敵の片手振り攻撃などを弾く特殊なバフを得る。
    厄介な犬や戦鷹と言った素早い敵相手に有効。
  • ヴァイクの竜雷
    信23
    消費FP35
    武器に70秒間、雷属性攻撃力を付与する。
    また同時に、装備重量上限を増加させる珍しい属性強化を得る。
    エンチャント効果と属性強化効果はそれぞれ独立しているので、他バフ併用による重ね掛けにクセがある。
    デメリットとして雷属性の被ダメージ増加。
  • 黒炎の刃
    信17
    消費FP15
    武器に6秒間、黒炎を付与する。
    黒炎は炎属性攻撃+短時間のスリップダメージ。
    効果時間が非常に短いが発動は一瞬なので、事前に仕込むよりわずかな攻撃の隙に発動するのが主な使い方となる。
  • 血炎の刃
    信12神10
    消費FP20
    武器に60秒間、血炎を付与する。
    血炎は炎属性攻撃+出血の状態異常を蓄積させる効果。
    出血も付与できる関係上、属性攻撃力の上昇量は他のエンチャント祈祷と比べて抑えられている。
  • 毒の刃
    信10
    消費FP15
    武器に60秒間、毒の状態異常を蓄積させる効果を付与する。
    属性攻撃力は付与されないので注意。
  • 不易の盾
    知19信19
    消費FP15
    盾に30秒間、物理以外の全ての属性カット率と状態異常耐性を付与する。

属性強化系

  • 魔力防護炎防護雷防護聖防護
    信10
    消費FP20
    対象は自分のみ
    90秒間、それぞれ対応した属性に対する35%のカット率を得る。
    要求ステータスに対してのカット率上昇が高く、強敵相手にはぜひ活用したい。
  • 火の護りよ
    信24
    消費FP30
    対象は自分のみ
    70秒間、炎属性に対する60%のカット率を得る。
    上位のカット率上昇祈祷の中で唯一自分にしか効果がない。
  • 黄金樹の護り
    信35
    消費FP30
    対象は自分と周囲の味方
    70秒間、物理以外の全ての属性に対する30%のカット率を得る。
    どちらかといえば攻略より対人向け。
  • 黒炎の護り
    信30
    消費FP30
    対象は自分のみ
    70秒間、物理に対する35%のカット率を得る。
    物理カット率を得ることができる唯一の祈祷で、カット効果だけを見るとゆでエビやゆでカニよりも上。
    デメリットとしてHP回復時の回復量が減少する。
  • 竜雷の加護
    信21
    消費FP20
    対象は自分のみ
    70秒間、状態異常耐性と攻撃してきた相手を怯ませるカウンターのような効果を得る。
    デメリットとして雷属性の被ダメージ増加。
    毒沼などの探索のお供に〇。
  • 火よ、力を!
    信15
    消費FP28
    対象は自分のみ
    30秒間、物理および炎属性の攻撃力を強化する。
    非常にお手軽で消費FPも軽め目な自己強化手段。勘違いされがちだがエンチャントではない。
    信仰および信仰派生ビルドのみならず、あらゆるビルドにおいて有用な祈祷。

特殊バフ系

  • 黄金樹に誓って
    信25
    消費FP47
    対象は自分と周囲の味方
    80秒間、攻撃力増加、被ダメ軽減のバフを得る。
    同名の戦技よりも高性能で持続が長く、範囲内の味方にも効果あり。
    火よ、力を!などの属性強化系統と重ねがけが可能で併用すると強力。
    対人戦で効果量が半減する。

その他

  • 回帰性原理
    知力37
    祈祷カテゴリだが知力のみを要求される珍しい祈祷。
    その効果も珍しいもので、自分・味方・敵の状態変化・状態異常を消し去る。マルチプレイで味方の腐敗を回復出来る唯一の手段。ただし強化も一緒に消してしまう為味方に使う場合は注意。
  • 影送り
    信13
    消費FP15
    いわゆるデコイを前方に出現させる。
    発見状態でも効果があり、強制的にプレイヤーへのヘイトを解除できる。
    ボスや対人では当然効果はないが、攻略の道中であればほとんどの雑魚敵を無視できるようになる。
  • グレイオールの咆哮
    信28神17
    消費FP62
    対象は周囲の敵
    60秒間、与ダメ減少、被ダメ増加のデバフを付与する。
    唯一のデバフを与える効果を持つ祈祷。
    他の範囲攻撃魔法と比べ、こちらは非常に長い判定の持続が強力。

魔術

重力を操る魔術、泥人たちの魔術

  • 罪の茨
    信24
    自分の周囲を血の茨で攻撃する範囲魔術、発動時にHPも消費する。
    出血の蓄積はやや頼りないが、しろがねの杖で強化が可能で、詠唱中は強靭も付与される。
    長めの攻撃判定から相手を引っ掛けやすく、対人ではヒット後に2段目がそのままチェインする。
  • 罰の茨
    信21
    ターゲットした相手に血の茨を走らせ突き刺す魔術、発動時にHPも消費する。
    こちらも上記同様にしろがねの杖で強化が可能だが蓄積値はあちらより低い。罪の茨も含めFP効率は良好。
    対人では罪の茨とのシナジーが強く、あちらと思わせて後ろ回避を狩ったり、逆にこちらを警戒し寄ってくる相手を巻き込んだり出来る。
    ヒット後にはチェインが可能で、特にこの魔術は遠距離からでも狙える数少ない魔法となっている。

コメント [編集]

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 既に書いてあるものを黙って消す神経が分からないよね😓
    威力高い祈祷で出来るロリ狩りを差して重刺剣でのロリ狩りが良いとか全く的外れな事いいだすし
    2022-11-21 (月) 22:18:41 [ID:2oznqaI8C5s]
    • 既に書いてあるものじゃなくて勝手に追加されたの消してるだけやぞ、しかも説明文にネガった表現されてるの中心。
      2022-11-21 (月) 22:22:21 [ID:xv7lZk6CVQQ]
      • いや、だからって何も言わずに消して良い理由にはならんわ。報、連、相は何に対しても必要な事やで?
        2022-11-21 (月) 22:27:36 [ID:ukzHqBJaMSQ]
      • ID:wBe2tps529YとID:5kC2fB2Bppcのコメントの後位から急に追記されたの中心に純真、神信でやってみた感じにオススメされる程か?ってのを
        2022-11-21 (月) 22:29:48 [ID:xv7lZk6CVQQ]
      • オススメされるほどだから追記されたんじゃない?
        書き足すのと、書いてあるものを消すのは重みが違うんだよ
        2022-11-21 (月) 22:46:32 [ID:QuWYgdxzi16]
      • 上で書いてる人がおるけど、武器戦技で同じことができる、または戦技の方が強いってのは消して良い理由にはならん。攻撃系で追加してる人は、「攻撃用の祈祷」として有用なものを書いてくれてる人が多い。坩堝の角なんかは祈祷の中でも強靭削り、体勢崩し能力が高い祈祷として十分有用。ロックオンしない場合の旋回性能も優れている。確かにこれは巨人狩りでも出来るし、何なら巨人狩りの方が優れてるってのもある。けどな、それなら一部の特化した祈祷以外は適当なバフだけ積んであとは戦技ブッパでええ、って事になる。それだと本末転倒やろ?折角祈祷を使うんならもっとバリエあった方がええし、何なら武器使わなくても戦えるってのを目指す人だっている。此処はそう言った人たちにも活用してもらえるように工夫する場でもある。だから戦技でおk。だけで消すのは少なくとも報連相はしっかりやるべきだな
        2022-11-21 (月) 22:53:52 [ID:2q5lxmbqDnM]
      • 枝主と追記した人だけの話ではないから消すにしても理由を問う所からじゃねーかな、相手がどうであれ自分の筋は通した方が良いぞ。現に角は消さなくて良かった方向だし、~で代用できるってのは聖職者的にはメリットと取れる。
        2022-11-21 (月) 23:00:39 [ID:5kC2fB2Bppc]
      • バリエ求めて他のオススメなくなるならそれこそ~向けページの本末転倒やろ。代用できるならそれに越した事はないし折角武器種、戦技、祈祷で別れてるんだから各々で短所埋める方が良いだろ。それでも埋められない位長所のある祈祷をオススメするのが~向けの意義かと。まぁ報連相はしっかりやるべきだったわ。
        2022-11-22 (火) 00:00:43 [ID:xv7lZk6CVQQ]
      • それなら巨人狩、嵐の刃or落雷、黒炎の渦の3つ持っていけば攻撃系の祈祷殆ど必要無くなるな。精々圧倒的なDPSを持つ古竜の雷撃か対人て活躍する獣石、巨人の火、滅び、神秘系の人が使う出血や竜贄くらいしか必要ないだろ。後は本当に変えなきかないバフと回復だけ記載して攻撃面は基本戦技でおk。まずDPF、強靭削りや大勢崩し等祈祷が勝てる要素はほぼ無いからな。
        2022-11-22 (火) 08:13:56 [ID:ISdzO/GvhfY]
      • その挙げてる戦技で攻撃系の祈祷殆どに代用できるならそうなんじゃね。出来ないとは思うし想定してる祈祷が何か知らんけど極論から極論に走るのはアホのする事やぞ。
        2022-11-22 (火) 17:18:51 [ID:u8b7wDdGtbI]
      • id:ISdzO/GvhfYの意見は確かに極論だけど、戦技で代用できるから消していいよねって、突き詰めていくとそう言うことだからな。坩堝の角の打ち上げと体勢崩し能力は巨人狩で代用できるとか言われてるけど。他の祈祷で見ると黒き剣でできる事は効果が重なるとは言え黒き刃の方が直当てか否かで威力が変わる事は無い分使いやすい。光輪も態々知力に振るより技量筋力に振って光輪のサイス持った方が火力出しやすいし装備の幅も広がるし。まあこれらも一面を切り取っただけだから一概に決めてはいけないけどね。
        2022-11-22 (火) 18:05:57 [ID:K1dIHrUBx7A]
    • 強いもんしかいらないなら聖職者じゃなくて他の最優メタビルドに作り直せで書くことなくなる
      聖職者じゃないとできないこと、可能性のあるもの、便利なもの、強いものとかが書かれるべきだし
      目に入った人が使って研究進めば今後の発展あるしで消せはないね、坩堝角も巨人狩りとは違う使用感だ
      2022-11-22 (火) 11:10:00 [ID:OKBSM9TwYRM]
  • まあ角は最初めちゃくちゃ適当な解説だったから、一旦消されてちゃんとした解説付きで復活は逆に良かったかな
    見直すきっかけにはなった

狂い火を餌にして堪えきれぬ狂い火は俺の必殺ムーブだったけどついにここにもバレたか

2022-11-21 (月) 23:04:05 [ID:YC1qF7hyiec]
  • 使う人ちょこちょこいるよね。猟犬グレソ握ってる時しか対応できなくて辛いの何の
    2022-11-22 (火) 00:25:09 [ID:J/hVHZ0l0C6]
  • 武器をそんなたくさん持てない聖職者には戦技なんてそれこそ貴重な一枠で
    10スロもある記憶のほうが全然替えが効くって言うね
    働き者の無能が一番厄介
    2022-11-22 (火) 12:19:04 [ID:/UDR4QQBBZI]
    • ひょっとして武器持ち替えと武器チェン混ざってる?
      2022-11-22 (火) 16:26:38 [ID:.ktQB1iMDHU]
      • 武器持ち替えと武器チェンの言葉の違いなんて明確にあるのか?

武器スロットに入れてるのを変えるのも、メニューから直接武器を変えるにしてもセットしてある祈祷を変える方が遥かに隙は少ないとは思うけど。
替えが効くという論調は「なら祈祷でその戦技の替えが効く」ことになるし、10スロット全てに入れるべき超有能祈祷が既に決まってる訳でも無い限りスロットに何を入れるかは個人の感性によるはず。

まあ、結局は報連相しろで終わる話だけど

2022-11-22 (火) 20:33:39 [ID:JpJhe101B82]
  • 厳密に決まってないと思うけど、武器スロットにセットする事と記憶スロットにセットにすることを同列に考えてる時点で話分かってないんでしょ。そもそもヤバそうな隙晒す段階で武器チェンするのかと。あと具体的理由とかつけないで『個人の感性で~』とか言い出すと話が纏まらなくなるから止めとけ。
    2022-11-22 (火) 20:50:54 [ID:u8b7wDdGtbI]
  • ただ、報連相は全面的に同意
    2022-11-22 (火) 20:52:23 [ID:u8b7wDdGtbI]
  • 俺は「個人の感性で~」ってのはある意味でこの「~向きの情報」のページの存在意義だと思ってる。
    具体的に言うならこのページは「最強の戦法」を載せる場所じゃなく「信仰をメインに据えたビルドを目指す人」のための場所のハズ。
    信仰を上げることで使える「武器」や「祈祷」、それらの使い方やメリットデメリット注意点を載せてこのページを見た人がその情報の中から「自分の感性」で取捨選択することが大切なことだろ?
    極論見やすく折りたたみさえすれば全祈祷の使用感があっても良いとすら俺は思ってるから、削除はよっぽど信仰に関係ないものに限って欲しいと思うね。
    2022-11-22 (火) 22:13:28 [ID:JpJhe101B82]
  • 全くもって同意。
    2022-11-22 (火) 22:25:38 [ID:UizwoBiUA/6]
  • それな
    そもそもが「オススメの」祈祷って限定されてるわけでも全然ないっていうね
    2022-11-22 (火) 23:13:10 [ID:I3ktNlGb7A2]
  • 待て待て、「最強の戦法」ってどっから出てきたよ「戦法」の話は出たがあくまで「代替できる戦法」だろ。割と上のコメントで例に出てた中で信仰メインで使えないのは出てなかっただろ(暗黒波や他ビルドユニーク戦技みたいなの)。信仰を上げる~だと武器は兎も角祈祷なら祈祷のページ見に行けば良いだろ、基本的にメリット>デメリットな祈祷、ないし新発見をオススメすべきがここでしょ、あくまでオススメなんだから。「自分の感性」で取捨選択できる位に慣れたらそれこそ自主的に個別ページ見に行くでしょうよここに載ってる祈祷以外知らない訳じゃないんだし。
    2022-11-22 (火) 23:14:59 [ID:u8b7wDdGtbI]
  • 「具体的な理由と一緒に有用な祈祷などを載せて個人の感性でチョイスできるようにしようね」って話なのに、「個人の感性とか言い出したら話纏まらん!」はちょっとせっかちすぎるというか何というか
    2022-11-22 (火) 23:15:25 [ID:QPT1ENAmhsg]
  • 色々絡んでしまったが「代替できる戦法」は大体のビルドができる事だからやってみたらどうだい(単に新発見が欲しいだけだけど)
    2022-11-22 (火) 23:27:43 [ID:u8b7wDdGtbI]
  • 総合ページとしては信仰絡みのビルドを作り始めて魔法を選ぶきっかけ作りになれば十分じゃないか。因みに、新発見って具体的に何?グラングの岩チェインみたいなことかな。そっちのほうが個別記事向けだと思うが。
    2022-11-22 (火) 23:37:45 [ID:UizwoBiUA/6]
  • 新発見が有ったら積極的に共有しようねって話でしょw具体的に何がどうって訳ではないと思うよ
    2022-11-23 (水) 10:34:47 [ID:qr6ijXv2D4Q]
  • 最近めっきり猟犬ステップ減って祈祷マンにはめちゃくちゃ追い風吹いてる感ある
    堪えきれぬしかりブレスしかり一定範囲内で発動さえしてしまえばローリングでは不可避の攻撃手段が刺さる
    犬ステナーフされたとは言え未だに強いのにこんな採用率減るかね
    2022-11-22 (火) 12:39:24 [ID:ckfTt988I4o]
    • そりゃある程度自重してくれてるだけやろ‥‥
      2022-11-22 (火) 21:02:00 [ID:tmYcIxCLhHQ]
  • てかオススメ祈祷のところ竜雷の加護がエンチャントと属性強化系で2つ入ってない?複合(?)だから2枠にしてる...のか?
    2022-11-22 (火) 20:57:39 [ID:u8b7wDdGtbI]
  • くっそ強かったので三なる光輪を追加しました。
    タイマンスペラーは祈祷メインの信魔が最強かもしれない。
    2022-11-23 (水) 00:00:09 [ID:AQhpiGTmQQg]
    • 派手な魔法の影に隠れて中々えぐい性能してるんだよね。他の魔法の詠唱もスムーズだから起点作りにもいい。
      2022-11-23 (水) 00:50:00 [ID:UizwoBiUA/6]
  • 個人的に推したいのはフォルサクスの雷槍とランサクスの薙刀かな?雷属性で全体的に通りが良くて、フォルサクスは直撃させればかなりのダメージが狙える。古竜の雷撃と違って強靭が乗るから潰される危険が少なく、なんならカウンターも狙える。ランサクスは前方広範囲を薙ぎ払えるのが強み。フォルサクスや古竜の雷撃は至近距離じゃ無いと大ダメージは見込めないけど薙刀は威力が落ちる分多少距離があっても直撃を狙えて、複数敵を纏めて攻撃できる。ノーロックだとほぼ反転出来るほど旋回性能もある。両方とも対ボス戦性能は古竜の雷撃には遠く及ばないけど、フォルサクスは強いモブを上から潰せて、ランサクスは複数モブを纏めて薙ぎ払えると言った明確な差別化ができる。出が遅い点は古竜祈祷の共通した欠点だから雷撃もともそこまで差は無いはず。
    2022-11-23 (水) 10:12:35 [ID:svZUdTTlycw]
  • コメント流れていますが血炎の爪痕、竜爪を追加しました。茨の魔術に何の補足もなかったのでそれらについても追記しています。
    2022-11-24 (木) 21:34:17 [ID:5kC2fB2Bppc]
  • 毒の治癒と獣の頑健って載せる意味あるんかな……
    2022-11-24 (木) 23:07:14 [ID:nHRbDMBP2sA]
  • 光輪ってFP安いだけのダクソ3の聖輪ってイメージしてたけど、使ってみると全然安定感が違って褒められてる理由分かったわ
    地面とかに当たっても消えないってこう言う事か
    これはウルトラマンプレイが捗る
    2022-11-26 (土) 00:18:51 [ID:dNnjZwZ3SVM]

コメント
利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください