初心者向けガイド

最終更新: 2022-11-05 (土) 06:04:22

プレイガイド

目次

初心者向けプレイガイドについて [編集]

初心者のプレイを助けるための簡単なガイドです。

システム関連で知りたいことがあれば、メニューのシステムに各ゲームシステムのことが記載してあります。また、わからないことがあればメニュー上部にあるサイト内検索を利用してください。
用語に関しては用語集を参照してみてください。

また、公式サイトにオンラインマニュアルがあるので、そちらも確認するとわかりやすいです。
オンラインマニュアル(PS5版)オンラインマニュアル(PS4版)

公式サイトではゲーム序盤のTipsも公開されているので、右も左も分からないようであれば、そちらも参照するのが推奨です。

キャラクターの作成 [編集]

ゲーム開始時、まずはキャラクターの作成をおこないます。
なお、素性形見以外の項目(キャラ名・外見)は序盤から無償で無制限に変更可能です。

素性を選ぶ [編集]

キャラクター作成時に選択できる素性で各ステータスの初期値や初期装備が決まるため、序盤の難易度に影響します。

初心者にオススメの素性

  • 放浪騎士
    HPが高いうえ、いきなり重量装備を所持しており単純に打たれ強い。序盤は盾ガードで何とかなる。
    但し、装備重量の関係でローリングが「重ロリ」なので斧槍と長剣の使わない方を外して軽量化しましょう

  • 装備とステータスのバランスが良く、技量が高めなので技量を要求される武器を序盤から運用しやすい。
    また、長弓を初期装備で持っており、ダンジョン攻略で遠距離に居る敵や仕掛けを遠くから撃って排除できる。
  • 密使
    オーソドックスな剣盾装備に加え、初期レベルが最も高く、使い易いバランス型のステータス振りがされている
    ただ、物語後半でのステ振り直しの際にそのステ振りが足を引っ張る事もある
    (特に信仰が高めなので、信仰を全く生かさない方針に変更しようとして振り直そうとすると、初期値の信仰が無駄になる、などが起こりうる)

初心者には難しい素性

  • 星見・預言者
    魔法系の素性だが、『FPが足りないと≪魔術/祈祷≫が使えない』というゲームの仕様上、FP回復手段に乏しい序盤は息切れを起こしやすい。
    物理面の装備もやや貧弱で、基本的な立ち回りを覚えてからでないと厳しい。
  • 素寒貧
    単純に初期装備が貧弱。この手のアクションゲームに慣れていないと非常に厳しい。

もっとも、素性が難易度・プレイスタイルに影響するのは、あくまで最序盤に限った話です。
このゲームは普通にプレイしていてもクリアまでにレベルが100を大幅に超える上、ステータス振りをリセットできるシステムがあるので、あまり悩まず適当に決めてもいくらでも挽回できます。
(例:最初に勇者など物理系の素性を選んでも、途中から魔術メインで戦うキャラになることが可能)

!!! 素性と初期ステータスはステータスリセットを行っても変えられません !!!
色々なビルドをやろうと思っている方は最初から素寒貧をおすすめします。
理由としては、本作が非常にボリュームがあり、かつ周回する事で装備が充実し(主に対人戦で)強くなるため、キャラ作り直しの度に長大な本編を何度も周回するのは厳しいからです。

ただ、素寒貧の場合はビルド的に死にステとなる数値が出てきます。
しかし、知力神秘以外はどのビルドでも10以上振る事が多く(純ビルドでも信仰は獣の生命や火の癒しが攻略で非常に便利)、死にステとなっても最大3程度で、ダクソと違い対人戦においてレベル制限でマッチングを合わせる慣習が希薄で高レベルが当たり前となっている本作ではその程度の死にステはあまり気にならず、何度も周回を繰り返す手間を省いて自由にビルドを組み直せる素寒貧は非常にメリットが大きいです。
(初期レベルの差を考慮すると全素性ステータスの合計値は同じなので、合計値としての損はありません)

バランス調整で現行ビルドが弱体化してビルド変更が必要となる事も多く、その際も有利です。
例えば、調整で現在の素性と正反対のビルドに変える場合大量の死にステが出ますが、素寒貧なら調整の度に強いビルドに自由に変えられますし、自分でビルド開発する事も容易です。

形見を選ぶ [編集]

素性とは別に、初期状態で所持しているアイテムを1つ選ぶことができます。
初心者に特にオススメなのは「黄金の種子」。回復アイテムの使用回数を1回増やすことができ、序盤の攻略ですこし息切れしにくくなります。
最終的には黄金の種子も石剣の鍵も余るので、本当に完全に好みで決めても問題ありません。

「狭間の地のルーン」以外のアイテムは、いずれもゲームを進めると入手することができます。
「狭間の地のルーン」だけは現時点で入手方法はありませんが、同等の効果を持つアイテムはいくらでも手に入るのでコレクション要素として気にするのであれば、といったところです。

また、ゲームを周回しても形見の選び直しは不可なので、ステータス詳細でずっと表示させたい形見を選ぶのもいいでしょう。

攻略の基本 [編集]

武器を選ぶ [編集]

使用する武器種によって攻撃範囲や振りの速度などが変わり、立ち回りのしやすさに大きく影響します。
どの武器が一番楽に戦えるかは一概には言えませんが、攻撃モーションが素直な直剣や大剣、リーチの長い槍はその特性が直感的に理解しやすいため、比較的扱い易いと言えるでしょう。

各種武器は、必要能力値が足りなくても無理矢理装備することができます。
残念ながら攻撃力は激減してしまうので使い物にはなりませんが、モーションは本来のものが出るのでお試しの素振りはできます。
まずは素振りしてみて、自分が「ちょうどいいな」と思った武器を使っていくのが一番です。

ただし攻略の上で、打撃武器だけは必ず一本所持していた方が良いでしょう。非常に硬い身体を持ち、斬撃や刺突は弾いてしまう敵も居るためです。
また、盾での殴りも打撃なので、メイン武器と並行して鍛えてある盾があるならそれでも代替可能です。
普段左手に持っている場合、一時的に両手持ちに切り替えることで盾で殴れるようになります。

弓・クロスボウは遠距離攻撃手段であると同時に、状態異常を盛ったり敵を釣り出すのにも使えるので、こちらも一本はあると攻略に便利です。
ただし、重量が厳しい場合は消耗品の投擲アイテムを利用するといいでしょう。

レベルを上げる [編集]

NPCのメリナに会うと祝福でキャラクターのレベルアップができるようになります。
レベルアップでステータスを振り分けることで、HPや攻撃力などの能力値が上昇して戦闘が楽になります。

ステータスの振り分け方としては、序盤は生命力に振って最大HPを上げると死ににくくなるのでオススメです。
また、装備したい武器がある場合は必要能力値を満たすために、ある程度は生命力より優先して筋力や技量に振るのもよいです。

レベルを上げるためのルーン稼ぎは、各地を探索して敵を倒したり、協力プレイで他プレイヤーに協力してボスを倒すなどの方法で稼ぐのが上達にも繋がるのでオススメです。

装備強化をする [編集]

各種武器と盾は鍛治台もしくは鍛治屋で強化できます。強化にはルーンと特定の強化素材が必要です。
単純に攻撃力を上げたい場合、レベルを上げるよりも武器を強化した方が効率的です。
(攻撃力の上昇率は、レベルアップの能力上昇<<武器の強化段階の上昇 です。)
序盤では強化素材が手に入りづらいので、メインで使っている武器を最優先で強化しましょう。

強化素材は特定の敵が落とすほか、ゲームを進めれば商人から買えるようにもなります。

装備重量を調整する [編集]

装備重量が上限値の70%を超えるとローリングが重量ローリング(重ロリ/ドッスン)になってしまい、とっさの攻撃回避が非常に難しくなります。
慣れないうちは装備重量は70%以下に調整し、中量ローリング(中ロリ)で立ち回るようにしましょう。
更に装備重量を30%以下に抑えることで軽量ローリング(軽ロリ)をすることもできますが、軽い防具しか採用できず防御力が下がるため、回避に失敗した際のダメージが大きくなります。
好みが分かれるところではありますが、今作の軽ロリは中ロリと無敵時間が同じであるため、装備重量70%ぎりぎりまで防具を着込んで中量を維持した方が安定する場合が多いです。
ちなみに放浪騎士は初期状態だと装備重量が70%を超えているので注意。

調整の仕方としては、まず必要な武器や盾を装備し、そこから防具を装備していき70%を越えてしまったら防具を軽いものに変えて調整するのが手軽です。
また、装備重量の上限は、持久力を上げたり特定のタリスマンを装備することで底上げできます。
頑丈な装備とローリングを両立したい、という場合は上限値そのものを上げてみるのもいいでしょう。

敵によっては開き直って防具を全て外し裸族になる大楯にガッチガチの重装にしてローリングは最小限、という戦術が有効な場合もあります。詰まったら色々と試してみましょう。

レベル上げのコツ [編集]

メインで使う武器・魔法を選ぶ、装備の重量を調整する、武器の強化をする、などが決まったら、今度はそれに合わせたステータス調整を考えましょう。

一般的なRPGと違って、筋力=攻撃力ではなく、総合攻撃力=武器攻撃力(基礎)+対応した能力値(補正)となります。あくまで、筋力や技量は武器の攻撃力を補正するステータスにすぎません。

例えば、筋力補正E、技量補正Cとなっている武器を装備する場合、筋力は上げても攻撃力の増加量は微々たるものとなります。筋力を上げて強くなるのは筋力補正C、技量補正Eのように、「筋力補正が高い武器を選んだ場合」になります。筋力補正E、技量補正Cのように、「技量補正の高い武器を強く使いたい場合は技量に振る」というのが正解です。

そして、武器の強化レベルが低いうちは、筋力や技量による補正も弱く、恩恵が少ないです。そのため、序盤は武器の攻撃力の基礎値だけで戦うことになりがちなので、生命力(HP)を重点的に上げていくといいでしょう。
筋力や技量、持久力は装備する武器を強化し、新しく着たい防具ができたらそれに合わせて振っていくのがいいです。

魔法の場合も、考え方は同じです。使いたい魔法が使える最低値に合わせて、使うための触媒の性能が充実して来たら、更に伸ばすといいでしょう。

持久力は、武器や盾受けの消費スタミナと相談して決めるのもいいでしょう。
考え方の一つですが、例えば、1回盾で攻撃を防げて、2回攻撃を振って、後は2回ローリングで避けられるといった風で「何回行動できるか」で考えるといいです。
スタミナは残りが足りなくても1以上残っていれば全消費することで攻撃や回避の行動が行えるため、スタミナの余剰を1以上、かつどれだけ小さくできるかがスタミナ目当てで持久力を振る場合の目安となります。
例えば、スタミナが80あるとして、盾受けでスタミナが40消費、通常攻撃でスタミナ15を2回分消費、ローリング1回でスタミナを10消費する場合、最後のローリングが1回しかできませんが、持久力1点を振ってスタミナ81にできたら、もう1回ローリングすることができる、ということです。
しかし、その一方でスタミナ81~90の範囲ではスタミナ80の時に対してローリング1回分余分にできる程度の差でしかないため、これ以上持久力に振る場合、多量のレベルを持久力に回すことになります。
実際のゲーム中では武器のスタミナ消費量は1単位で細かく設定されているため、まずは自分の行動でどういうスタミナの消費の仕方をしているのか、を把握するところから始めるといいです。

ゲームが進み、装備の強化度合いも高くなってきたとしても、まずはすぐに死なない程度の生命力(少なくとも2~3回攻撃に耐えられるようにするといいでしょう。)を確保しておくのがオススメです。生命力が確保できたら、武器や魔法の威力を高めて攻撃を受ける機会を減らすために、筋力や技量、知力や信仰を高め、攻撃力を底上げすると良いです。

生命力を無視して筋力や技量などの攻撃ステータスに全振りする、というのはよっぽど自信があるのでもない限りお勧めはしません。また、いきなり要求能力値が高い武器をチョイスするのも危険です。序盤はひとまず誰でも持てそうなロングソードのように手軽なものから始めるといいでしょう。

ポーチショートカットを使う [編集]

今作では霊馬や遺灰など、回復としてよく使う聖杯瓶以外にも戦闘時に使いたいアイテムが多くあります。
アイテムスロットにセットしてもいいですが、戦闘中など急いでいる場合は切り替えるのが難しいので、ポーチショートカットを使うのがオススメです。
各アイテムごとにアイテムスロットに装備すべきかポーチに登録すべきか見定めましょう。

ポーチショートカットは長押し+方向キー上下左右に設定できます。
霊馬や遺灰など聖杯瓶に次いで使用頻度が高いアイテムを登録するのがオススメです。

ポーチに登録するアイテムの一例: 霊馬、遺灰、霊薬、ランタン、苔薬など

明かりを備える [編集]

屋内や洞窟等、暗く視界の悪い場所では「松明」を掲げて視界を広げれば探索の助けになるでしょう。
ゲーム開始直後のエレの教会で商人が売っているので、買っておくと冒険が快適になります。

また、松明は武器として使う事も可能で、敵を殴ると火属性ダメージを与えられます。
最序盤にFPやアイテムの消費なしで敵に属性ダメージを与えられる貴重な手段なので、
右手・左手どちらかのスロットに入れておくと便利です。
さらに一部の松明には、持っているだけで有用な特殊効果が付いているものもあります。

片手が塞がるのが嫌だという場合は「ランタン」をアイテムショートカットに入れておくと便利です。
こちらは松明と違い、使用すると点灯/消灯するアイテムです。
松明や他の光源アイテムと比べるとやや光は弱いですが、それでも両手が空くアドバンテージは大きいです。
ゲームスタート地点の南にある「啜り泣きの半島」南西部、「隠遁商人のボロ家」で買うことができます。

その他、消費アイテムの「灯り石」や一部の装備、魔術・祈祷などにも光源効果があるので、
手に入れたら一度使ってみたり装備してみても良いでしょう。

黄金のルーンを上手に使う [編集]

フィールドやダンジョン内に落ちているアイテム「黄金のルーン」は、使用するとその種類に応じた額のルーンを獲得できるアイテムです。
死亡するとその場に所持しているルーンを落としてしまい、回収に失敗すればロストする…というのはソウルシリーズでおなじみのシステムですが、黄金のルーンは死亡しても落とさないため、安全に持っておく事ができます。

祝福到達時に、後少しでレベルアップできるなら少額の物を使ってレベルアップ。
そして所持ルーンをほぼ0に近くしておけば、回収失敗して多額のルーンをロストするリスクを負わずに済みます。
特に未知のエリアに踏み込むときは死亡リスクも大きくなるため、意識しておくといいでしょう。

フィールドにある光っている頭蓋骨を壊すと「黄金のルーン【1】」が手に入ります。
各地を探索するついでに見つけたら回収しておきましょう。馬で踏みつけてそのまま拾うと楽です。
また、一部の黄金のルーンは特定の敵が落としたりもします。

地下墓や洞窟などのミニダンジョンに挑む前に [編集]

上記の「黄金のルーンを上手に使う」と似たような内容になりますが、
ダンジョンに挑む前に、なるべくルーンを使い切っておきましょう。
使い方はレベルアップでもいいし、消耗品の買い足し・装備強化でも、とにかくなるべく使い切ることが大事です。

ミニダンジョンでは、そのミニダンジョンのボスを倒すまで、ミニダンジョン内部からのファストトラベルができません。
うっかり大量のルーンをダンジョン内に落としてしまった場合、回収が困難なのはもちろん、せっかく回収できても戻れない…といった事態に発展しやすいです。

初見殺しや角待ちが豊富なゲームなので、ダンジョンに限らず新しい場所に赴く際はいつ死んでもいいようにすることを心がけましょう。

「細枝の結晶雫」があるなら霊薬に調合しておくのもいいですが、効果時間が3分しかなく、効果が切れてから死ぬとかえって回収困難になったりとやや使いどころが難しいので、やはり挑む前に使い切る方が安全・確実です。

探索の基本 [編集]

まずは地図を手に入れる。 [編集]

ひたすらに広いフィールドを、目的もなくひたすら探索するのも、またこういったオープンなフィールドの楽しみ方の一つですが、何の目印もなく、無計画にさまようのはお勧めしません。
ひとまずはマップを手に入れ周囲の環境を把握するところから始めましょう。
地図画面を開くと何もないようにみえますが、よく見ると、うっすらとΠ型のマークが浮かんでいるのがわかると思います。
その地点にそのエリアのマップ(地図断片)が落ちています。
何をするにも、まずはその地点を目的地にするといいでしょう。

地図を手に入れたら、まずは目星を付けて行ってみる。 [編集]

マップ画面で×(A)ボタンを押すと、その地点にマーカーを置くことができます。マーカーは最大5個まで配置でき、6個目以降は最も古いマーカーと置き換わります。
マーカーに実際にプレイヤーが接触するとマーカーが自動的に消えます。
マップをよく見て、「まだここ行ったこと(行った記憶)がないな」や「この地点に何か建物のようなものがある」と思った箇所にはだいたい何かがあります。
目に見える橋や建造物の跡等は割とはっきりと記載されているので、目星をつけて行きましょう。
後になって、そういえばこの辺りしっかり調べたことなかったな、とふと思い出して行ってみると取り逃しがあった、ということもザラに起こります。

祝福を探そう。 [編集]

地図を手に入れ、大きく探索を始める前に、祝福を探しましょう。
祝福の探索を怠って探索に明け暮れている最中に死んで戻されては、探索も思うように捗りませんし、うんざりしてきます。
導きのある祝福はその導きの先に祝福が配置されていることがほとんどですが
そうでない場合でも、街道沿いだったり、ミニダンジョンの入り口に配置されているので、
本筋から大きく離れるような脇道を探索する前に、まずは街道に沿って歩いてみましょう。
道なき道の場合も、マップをよく見て「道になっている」形状をしている場合、その道中になっている場所に祝福が配置されていることもあります。
各祝福同士はあまりにも離れた距離にはないので、前の祝福から結構離れたなと思ったら次の祝福を探してみるといいでしょう。

戦闘の基本 [編集]

突っ込まない・飛び込まない [編集]

本作は複数の敵が配置されている場面が非常に多く、たとえ雑魚相手でも1vs2になった途端に非常に勝ち目が薄くなります。
そのため、敵を見つけた際もいきなり突っ込むのではなく、まずは周りをよく見て近くに他の敵がいないかどうか確認しましょう。
索敵のために後述のロックオンを使うのも有効で、目視では確認しきれない敵を見つけやすくなります。

遠距離攻撃で敵をおびき出す [編集]

敵が群れている場合や明らかに怪しい位置にいる場合、弓や魔法、投げ物などを当てると1体ずつ釣り出すことができます。
「投げ矢」などの投擲系アイテムは、ポーチに入れておけばとっさに投げることができ非常に便利です。常備しておきましょう。
また、近くのオブジェクトを壊すなどして音を立てると、一時的に敵を引き付けることもできます。

戦技を使う [編集]

戦技は非常に強力な攻撃方法の一つです。過去作では戦術に幅を持たせる程度でしたが、エルデンリングはブッ放すだけでもかなり強力で効率的な物が多いです。
たくさん種類があり中には扱いづらいものもありますが、中~遠距離まで届く戦技があると攻略が安定しやすくなります。戦技は基本的にFPを消費しますが、積極的に使って戦技を使うことに慣れていくと良いでしょう。

盾を使う [編集]

盾で攻撃を受けてもスタミナが削られにくい雑魚敵相手には、盾でのガードが有効です。
ガード用の盾選びの基準になるのは物理ガードカット率ガード強度です。
前者はガード成功時に貫通してくるダメージ量、後者は攻撃を受け止めた際のスタミナ消費量に影響します。
まずは「物理ガードカット率が100%」かつ「ガード強度ができるだけ高い盾」を選ぶといいでしょう。

ただし、性能のいい盾ほど必要筋力が高かったり重い傾向にあります。そういった場合は、無理に筋力を上げずに装備できるものの範囲で、装備重量が中量までに収まるようにするといいでしょう。

ある程度ゲームに慣れてきたら「物理カット率100では無いが属性カット率は高い盾」「特殊効果の付いた盾」の運用を考慮してみるのも攻略の助けになるでしょう。

ガードカウンターをする [編集]

盾を使う場合、強力な反撃手段としてガードカウンターを狙うこともできます。
ガードカウンターは体勢崩しが非常にしやすいため、特に怯みやすい雑魚敵などは反撃からの致命の一撃を入れると楽に倒せる場合も多いです。
相手の攻撃が途切れるタイミングを覚えて叩き込みましょう。

また、盾のガード強度やカット率等のステータスとは無関係に、大盾は敵の攻撃を弾きやすい特性があります。
攻撃を弾かれた敵は、連続攻撃がそこで途切れる上、隙をさらしてくれるので、こちらのガードカウンターが非常に決めやすくなります。
カウンター主体で立ち回る場合は大盾(特に金属製のもの)がオススメと言えます。

ジャンプをする [編集]

本作ではジャンプアクションがあります。
例えばジャンプ攻撃は相手の体勢を崩しやすいため、相手によっては出会い頭にジャンプ強攻撃の連発で完封することもできます。
また回避手段としても地味に有用で、叩きつけで発生する衝撃波のような攻撃は、ローリングよりもジャンプのほうが回避しやすかったりします。意識しておくと攻略の助けになるでしょう。

ロックオンを使いこなす [編集]

ターゲットをロックオンすると常に対象の方を向くようになります。攻撃を振ったときに当てやすい、ガードで攻撃を受け止めやすくなるといったメリットがあります。
そのため、基本的にはロックオンをして戦うとよいですが、ロックオンをしているとターゲットを常に正面に捉えるようカメラが動くので、相手が複数の場合や逃げたい場合などはロックオンを外したほうが動きやすくなります。

また、ロックオンしなくても攻撃を当てられるような武器を持っている場合や巨大な敵の場合などは、必ずしもロックオンをする必要はありません。
特に巨大な敵は、ロックオンしたまま接近するとかえって動きが分かりづらくなる場合も多いです。
状況に応じてロックオンの有無を切り替えましょう。

霊体(遺灰)を使う [編集]

画面左に碑文アイコンが表示される場所では、一度だけ遺灰アイテムで霊体を召喚できます。
拠点や強敵がいる場所などの多くが対応しており、雑魚戦でもボス戦でも楽になるのでどんどん使っていきましょう。
ただし、召喚時にFPを消費するものが大半なので、FP残量にはくれぐれも注意しましょう。
細かい戦技使用で消耗することも考慮して、脳筋キャラであっても青雫の聖杯瓶(FP回復)を一本振り分けておいてもいいでしょう。

特に序盤でオススメの霊体は「はぐれ狼」など複数体召喚するものや、HPに優れた「ゴドリック兵」などです。
また、ボス戦では「霊クラゲ」も見た目に反して壁役としてなかなか優秀です。

スタミナの管理をする [編集]

スタミナがなくなると、回復するまでローリングやダッシュができないほか、盾ガード時に体勢を崩されてしまい危険です。

スタミナがなくなるまで攻撃を続けていると、倒しきれなかった敵から思わぬ反撃を受けてしまいます。そのため、攻撃後もある程度はスタミナを残すよう気を配れば、敵の攻撃を回避しやすいでしょう。
また、盾を構えたままだとスタミナの回復速度が遅くなります。スタミナ回復したい場合は、敵との距離を取って盾を構えないようにすると良いです。

霊馬に乗る [編集]

フィールドでの戦闘は霊馬に乗ることで楽になる場合があります。
霊馬は移動速度が速いだけでなく、2段ジャンプもできるので敵の攻撃を回避しやすいです。ただし、騎乗状態で通常攻撃を当てるには少しコツがいるので、馬の挙動と左右への攻撃に慣れる必要があります。近接攻撃を当てられない場合は、魔術・祈祷などロックオンして追尾する攻撃手段を用意しておくと良いでしょう。

魔法の使い方 [編集]

魔法には「魔術」「祈祷」の2種類があります。
魔術を使うには何かしらの「杖」、祈祷は「聖印」がそれぞれ必要になります。弓と矢のような関係と考えるとわかりやすいでしょう。

NPC(ショップ)から買う、宝箱から拾う、特定の敵を倒すなどの方法で入手した魔法は、祝福メニューの「記憶」で使いたいものをセットすることで、はじめて使用することができます。
魔法にはそれぞれ必要能力が設定されており、条件を満たしていないと使用することができません。

セットした後は魔法に対応した触媒(魔術なら杖、祈祷なら聖印)を装備し、装備部位の弱攻撃ボタン(右手ならR1、左手ならL1)で魔法を発動できます。発動時にFPを消費します。
FPが足りなかった場合は不発に終わるだけでなく、不発モーションで大きな隙を晒すことになるため、FPの残量には常に注意しておきましょう。

魔法を一度にセットできる数は限られていますが、ゲームを進め特定のアイテムを入手することで、最大10枠まで増やすことができます。

NPCを召喚する [編集]

一部のボス戦前などには黄色いサインが置かれていることがあります。
ここから協力NPCを召喚して一緒に戦わせることができます。
NPC生存中は単純に自分が狙われる時間が減るため、強敵との戦いがぐっと楽になるでしょう。

召喚サインは無条件で置かれているもののほか、特定のイベントが出現トリガーとなるものもあります。

どうしても勝てない敵がいるなら [編集]

強さがそもそも足りていないかも知れません。他の地域を探索し、まだ見ぬ装備を回収したりレベル上げを行いましょう。
特に祝福の導きのままに進めると戦力不足のまま強敵に挑むことになりがちです。寄り道してみましょう。

武器の強化が足りないのかも知れません。鍛石を用いて円卓などで武器を強化してみてください。

協力プレイで他プレイヤーに助けを求めるのも一つの手です。
「鉤呼びの指薬」を使用することで、他プレイヤーの召喚サインが見えるようになります。
ただし、他プレイヤーを召喚すると、敵対プレイヤーが侵入してくる状態となるので注意が必要です。
詳細はオンライン要素を参照。

それでも勝てないなら… [編集]

身も蓋もない言い方になりますが、「風呂入って寝ろ」。
ソウル系譜で勝てないボスがいるときに度々言われる言葉ですが、一度リフレッシュすると思いのほかあっさり勝てることがあります。

何度も負けていると、集中力が尽きるのに加え、プレイヤーの心が摩耗して操作が雑になってしまい、より勝てなくなる…
無意識のうちにこういった悪循環に陥るパターンもあります。
冗談みたいなガイドですが、一度試してみるといいでしょう。
ゲームは楽しんでやるものです。

コメント [編集]

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 放浪騎士は最初はロングソードとハルバード装備してるからドッスンローリングになるので序盤はハルバードを外すことをお勧めする。
    2022-03-30 (水) 13:59:14 [ID:xcqSVPvY//Y]
    • なんだかんだ近接で射程が長いのは有利だから自分はロンソ外してたな。
      横移動に弱すぎるから縦振りの斧槍があったらそっちのがいいと思うけど
      2022-03-30 (水) 18:24:01 [ID:ujpg5AEu5MA]
  • 火炎壺等の消費アイテムを惜しまないってのも初心者には必要だと思う、エリクサー症候群の人は特に。今作は材料さえあればすぐに補充ができるし、装備・戦技がそろってない序盤の方が火力増加に貢献しやすい
    2022-03-31 (木) 15:38:31 [ID:LsVen8FyGZE]
    • ツボは1周目は価値わからず一切使わなかったな
      拾える火炎ツボがないから試し打ちできないのが大きい
      2022-04-03 (日) 02:09:33 [ID:alyUyeEw6Po]
  • まだ試してないんだが敵に壊させるオブジェクトはプレイヤーがそのオブジェクトに密着してプロロしても壊れるらしい。敵を誘導するのが難しい人にはありがたい。
    2022-03-31 (木) 21:26:21 [ID:wxNQu1RFxbI]
    • 壊せました
      2022-04-01 (金) 12:11:11 [ID:wxNQu1RFxbI]
  • グレイオールの竜塚の隠遁商人のボロ家で獣除けの松明を入手してきてもいいかもしんない
    2022-04-04 (月) 13:31:56 [ID:ZXHpaG0tbGU]
  • これを見た新人ターニッシュ。
    祈祷、魔法、使えるもん全部集めるとええぞ。
    産み直しで好きに使えるから、個人的には集めてて損は無い。
    2022-04-05 (火) 01:58:21 [ID:8Ihw6MwxsE2]
  • 祝福に敵対者を近づけすぎると祝福の光が暗くなって、その状態では祝福が機能しなくなるのはどこかに書いてあっただろうか?
    殴られて危険域だったので逃げの一手からの祝福リセットを使おうとして、これの影響で失敗したのはなかなかにキツかった思い出。
    2022-04-06 (水) 22:44:04 [ID:c.WiEEGkWL6]
  • 壺と調香ビンについてもうちょっと記載した方がいいかも。
    貴重品のような販売のされ方してる上に、空の方のドロップもないからリトライ当たり前ゲーだと、これほど使うのためらうアイテムないわ。
    2022-04-09 (土) 14:09:11 [ID:gv7VOKfnTIA]
    • 一応壺の説明見ると、「容器」として扱われてて、その容器は「割れても自動的に修復されるため使いまわすことができる」という記載があったような気がするけど、
      2022-04-18 (月) 07:12:38 [ID:6PH8d/1t76Y]
  • 1周目は商人が売ってるヒントは買ってほしいな。
    Youtubeの攻略情報で「実はこういう隠し要素があったんです」みたいなの商人のヒントに書かれてることも結構あるし。
    2022-04-14 (木) 07:24:04 [ID:joa/4ZZSgLg]
  • というか今作はそんな底辺ドヤ顔Tuberが紹介するまでもなく、フロムにしては珍しく、ヒント豊富だから「普通にNPCの話をしっかり聞いて、アイテムのテキスト読んだり、商人の売ってる情報はとりあえず買う、行ってないところはきちんと調べる」っていう基本中の基本を徹底すれば自分で目星付けるセンスこそ必要だけど進行に必要な物は全部揃うようになってるんだけどな…
    2022-04-28 (木) 21:36:25 [ID:6PH8d/1t76Y]
  • 今作は今まで以上に装備するだけで
    ステータスを上げるバフものがもの凄く多い
    あと信仰が3足りない、知力が3足りない
    そんなときには防具や
    タリスマンの効果を見直して
    テキストをよく読むのもいいかもしれない
    2022-05-07 (土) 00:43:33 [ID:LEMZYQqUswE]
  • 表示攻撃力って最低限どれくらいあれば困らないんだろう
    周回ごとに、さらにその周の序盤と終盤でも全然違ってくるんだろうけど
    本当に敵が硬いだけなのか、自分のステ振りが悪いのか、そもそも武器自体が弱いのか判別できぬ
    2022-05-26 (木) 12:10:18 [ID:lO8x2kTcrIA]
  • 装備重量とローリングについて書かれているのがここしか見つからなかったのでここに書くけど、今作の軽量状態ってローリングだけでなく、ダッシュ移動速度も結構上がるよね。
    もう他に何処かで言及されてたりするんだろうか?
    これってトリビアになりませんか?()
    2022-06-02 (木) 02:38:29 [ID:tXivFgbSRDs]
    • 計測もせずの体感で恐縮ですけど、ダッシュの最高速は同じで最高速に至る加速が違うように感じました。
      あとはダッシュ中のスタミナ消費とかも違うのかな・・・?
      2022-06-05 (日) 00:48:52 [ID:wjSsDmYT74.]
      • 言い出しっぺだったので計測してみましたが、どうやら誤解だったみたいです…
        見掛け上の歩調自体がかなり変わっているので勘違いしてしまったのですが、軽量〜重量共に移動速度自体に有意な変化は見られませんでした…
        お騒がせして申し訳ない…
        2022-06-06 (月) 02:39:35 [ID:tXivFgbSRDs]
  • フロムゲー初心者の鉄則は「あまり雑魚敵はスルーしないこと」ではなかろうか
    道中でそこそこ苦しんだ分だけゲームに慣れることができるし、ルーンもそこそこ貯まるのでボス戦に向けてレベル上げできる 走り抜けるだけでは「道中が味気ない」&「ルーンも不十分でレベルアップしづらい」から、ぜひ丁寧に攻略することをオススメしたい
    まあ大変な時もあるんだけども
    2022-07-10 (日) 04:19:15 [ID:U53HW9609dA]
  • 大盾+槌+慈悲短の構成をお薦めしたい、ガードカウンターで強靭削ってダウンしたら慈悲単で致命を繰り返すだけで失地騎士をFP使わずに楽に倒せる。槌は軽さの割に強靭削りが高いから
    2022-07-10 (日) 08:17:39 [ID:sGWv689lt/M]
  • 持久力極振りって上級者向け?サブウエポン仕込みやすくなったり(今作馬もあるんで徒歩用の短いのと、馬上用の長物両方持っときたい)スタミナ長いと行動制限も緩くなるので、割と快適にはなると思うのですけども。
    2022-08-28 (日) 10:18:02 [ID:gMsyvLxpm3o]

コメント
利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください