ビルド/最速詠唱採用型知信ビルド

最終更新: 2023-01-28 (土) 17:24:43
更新情報
更新日2023-01-28 (土) 17:24:43
投稿日2022-06-08 (水) 10:15:22
ビルド概要
カテゴリ魔術&祈祷系
説明魔術も祈祷も最速で扱いたい!そんなわがままを技量40にものを言わせ、叶える為のビルド。
評価いいね! 27 
目次

ステータス [編集]

素性星見LV150
生命力40精神力38(+5)
持久力18筋力8
技量40知力45(+5)
信仰45(+5)神秘15(+5)

精神力、知力、信仰、神秘はマリカの爛れ刻印を装備した数値で記載しているため、実質Lv170相当のステータスになっています。
使用しない場合は技量を1~10、生命力持久力を1~5の範囲で調整しますが、150帯ではこれが限界。

武器 [編集]

右手1ゲルミアの輝石杖左手1ゲルミアの輝石杖
右手2黄金律の聖印左手2黄金律の聖印
右手3左手3

武器を捨て触媒オンリーのスタイルに変更。右手の杖は同重量以下の武器でも可。

防具 [編集]

賢者のフード胴鎧賢者のローブ
手甲足甲賢者のズボン
タリスマン1自由枠タリスマン2マリカの爛れ刻印
タリスマン3ゴッドフレイの肖像タリスマン4ラダゴンの肖像

ラダゴンの肖像はコンセプト、マリカの爛れ刻印はステータスを満たす為、ゴッドフレイの肖像は控えめな魔術の強化、と実質3枠は必須なのでとても重い。
今作で溶岩の魔術を扱うNPCはおらず防具が存在しないので、信魔っぽい名前の賢者一式を採用した。同重量帯の中では性能高め。

戦技 [編集]

戦技1なし戦技2なし
戦技3なし戦技4なし
戦技5戦技6

触媒だけなので戦技などない。
武器を振るうときは聖律共有、輝剣の円陣、冷気の霧等の魔法の補助も兼ねれる戦技がおすすめ。

魔法 [編集]

魔法1火付け魔法2魔術の輝剣
魔法3岩盤砕き魔法4竜爪
魔法5岩盤発破魔法6溶岩弾
魔法7ライカードの怨霊魔法8狙いすます雷撃
魔法9永遠の暗黒魔法10

※知信ビルドは考えられる構成が非常に多い為、現状の物を記載。別枠で魔法の編成を記載。

履歴 [編集]

最新以外の履歴はコチラ

・1/27:魔術メインの信魔キャラを別で作成した、ここで溜めこんできたコンボを超火力で叩き込める快感。火力不足のこちらでは見えてこなかった戦法も見えてきそう。メインは勿論こっち。写身も復活したのでコンボ練習が捗る。

ビルドの運用・解説 [編集]

別で作成した最速詠唱型のビルド/純魔を基にした最速詠唱型の知信ビルド。「せっかく最速詠唱するなら魔術も祈祷も使った方が得じゃん?」という事で作成。魔法全般の取り回しの良さと祈祷の対応力を得た代わりに補正値が若干下がり扱いも難しくいなった。
1キャラで魔術も祈祷も最速で使いたい欲張りさんには良いビルドになる…かも。
星見の初期技量値12にラダゴンやアズール杖を装備した技量40~50でもそれなりに速いが、魔法の割合が多いこのビルドにとって魔法は武器、その振りの速さが変わるのだから最速を選ばない理由がない。

最速詠唱を目指す際の振り分け
1.技量30+アズール
2.技量40+ラダゴン
3.技量初期値+ラダゴン+アズール
4.技量70
最速詠唱するには上記4パターンあるがLv150程度で現実的なものは4を除いた3つ。1と3はアズール杖前提になり、聖印+右手武器だと最速に出来ないし魔術の消費FP増も痛い。触媒に縛られず最速にしたい、マルチプレイでは武器も持ちたいため今回は2の技量40+ラダゴンでビルドを組むことにした。素の技量が高いので詠唱速度を重視しない場合はラダゴンの肖像を自由枠とする選択肢も一応ある。

知信45の信魔のメリット
1.扱える魔法の幅が広い=対応力の高さ
2.溶岩の魔術に特化した杖
3.聖印の高補正値と黄金律祈祷への適性
4.知力信仰補正のみの武器、戦技もそれなりに扱える
5.黒き剣等の知力寄りでは扱えない祈祷の解禁
…等があげられる、当ビルドは前述のようにここに技量40を加えて最速詠唱を標準とし魔法を扱う事のみ(威力はまた別の話)に特化したビルドとなる。

運用に関しては知信ビルドなので魔術と祈祷を好きに組み合わせて戦う。魔術(祈祷)だけで組んでも十分戦えるが、双方の良い所取りが強みなので1枠2枠だけでもスロットに忍ばせておくのが良い。
攻略では状況に応じた魔法で常に相性のいい構成をぶつけるグッドスタッフ的な構成で安定して攻略が出来、マルチプレイでも豊富な属性にバフから回復までなんでも出来るので活躍の場は多い。
対人では豊富な選択肢の中にウリにしている各種連携を仕込み、牽制と迎撃で相手を捌きながら始動を当てることを狙っていく通常の信魔プレイ。溶岩の魔術を主軸に据えた特化構成で場を制圧しながら相手を追い詰めていくゲルミア魔女ロールが可能となっている。
耐久関連は紙装甲そのものというピーキーな仕様にしているので、そこが気になる方はレベルを170~200程度まで上げるとある程度改善した状態で戦える。

杖の補正値に関してはビルド構築当初こそ懸念事項であったが、補う手段は豊富にあり、知信ビルドなのに魔術師と同じ構成で戦う事自体がそもそも誤りであると気付いたため大きな欠点とはならない。

アップデートの所感 [編集]

ver1.07

魔法
・輝石の大つぶて…溜めなしの彗星と同じくらいになった、隙も小さいのでかなり扱いやすい性能に。こちらは渦巻くつぶてと速射出来なかったり溜めでディレイ、強化出来ないので差別化も出来ている。
・渦巻くつぶて…もともと強かったので逆に変化点を感じにくかった。
・火投げ…コストパフォーマンスが上がった。攻略向きかな。
・雷の槍…大分威力が上がったように感じる。が、溜はやや長めなのでこちらも攻略での奇襲用か。
・結晶散弾/三なる光輪…早くなっ…た?特に三なる光輪は変化を感じない。
・輝石の氷塊…忌み子が3発で凍結。高周回、高耐久モブ相手に扱いやすそう。物理カットで物理属性魔法の補助もしやすくなる。
・輝石の流星…流星群の0.7倍程度。FP消費はほぼ半分なのでコストを重視するならあるいは…流星群と入れ替えるほどではなさそう、詠唱速度などでもう一声ほしかった。
・溶岩弾…よりコストパフォーマンスに優れる魔法になった。相変わらず対人では当てにくいがチェインもあるので満足。
・血授…変わったのかな?もともと低いうえに出血目的だったのでこれもよくわからない。
・怨霊呼び/古き死の怨霊…他の魔法と併用して振り切りにくくなったか。
・罪の茨/罰の茨…モーションはかなり短くなった。出血は忌み子が4~5発で出血、単体で狙うのは難しそうだ。
・ハイマの大槌…ダウン後の追い打ちでスタミナ0…という状況が減りそう。威力上昇もコンボの火力向上になる。
・岩盤発破…範囲が少し広くなった…かな?ドリル部分は怯まないので変わらず使いにくい。
・滅びの流星…溜めありはなしで1.5倍近くの差が出るようになった(ゴッドフレイ付き)。流星群と比較すると溜めなしは1.1倍程で溜めありは約1.4倍になる。消費も減ったので怯みの流星とダメージの滅びで使い分けれそうだし、溜めも多用するので結構いいかも。
・創星雨…展開までがワンテンポ、範囲も1回り位広くなったように感じる。変更前も悪くない性能だったので、範囲内におびき寄せるような魔法の使い方をすれば強そう。
・カーリアの大剣…FP効率がかなり良くなった、横薙ぎの範囲に強靭削りにも優れるので攻略では優秀な部類に。
・カーリアの貫き…最大のネックである硬直が短くなった。硬直を刺されることが減りそうなので取り回しはかなり良くなる。
・アデューラの月の剣…斬撃部込みで忌み子が2発で凍結。理想的な性能になった。
・ゲルミアの怒り…前後の隙は大分改善された、威力はもともと高めだったのでよくわからない。多段ヒット上限で後発が当たらないのも変わらず。取り回しが良くなったので万歳。
・ザミェルの氷嵐…特に溜めなしが早くなった、凍結も数回当たると発症する。梯子のとかだとかなり嫌らしい。
・砕け散る結晶…気になっていた発動前の間がなくなり扱いやすくなった。威力も高いので迎撃手段になるかも。
・結晶の開放…あまり使用していないが発動が結構早くなった。威力は十分あるので引っ掛けるのに使えるかも。
・神託のシャボン…歩き詠唱で一気に使いやすくなった、怯みも強いらしいのでジャンプの牽制と置物として使えそう。
・神託の大シャボン…追尾性能次第では使えそうだが相変わらずのなっがい詠唱で取り回しは劣悪。こっちも態勢崩しやすいなどの強化が欲しかった。FP効率は良好なので不意打ちとしてはいい性能。
・爆ぜる霊炎…凍結は忌み子相手で直撃+持続部分数発で発症、結構上がったみたい。持続部の間隔は体感半分くらいで範囲は少し伸びたかなといったところ。それなりに使えるようにはなったと思う。
・ティビアの呼び声…取り回しはかなり良くなったが一番肝心の骸骨君は変わらず当たらない。
・光輪…射程はほうき星程度まで伸び弾速もかなり早くなった、恐ろしいのは消費FPたったの3という調整ミスを疑う軽さ。攻略はもちろん対人でも取り合えずばら撒くのによさげ。範囲と威力の三なる光輪と良い差別化ができてると思う。
・ラダゴンの光輪…硬直が結構短くなったので、ヒット後の追撃が行いやすくなった。これは強い。
・氷の雷槍…忌み子相手で1セット+初段の3ヒットで凍結。他の魔法も併せれば攻略でも狙いやすくなったかな。
・悪心の火…複数ヒット適用でようやくまともな性能に。組み合わせ次第で化けそう。
・火よ、渦巻け…微妙。もうちょい追尾性が欲しい。
・火よ、焼き尽くせ…特に溜めなしの発生が早くなった。起き攻めしやすくなり妨害もされにくくなったので扱いやすい。
・薙ぎ払う黒炎…忌み子は4発目で体勢を崩した。
・獣爪…溜めた時が良く伸びている。あと少しで届かないことも多かったのでうれしい。
・グラングの獣爪…叩き付け込みで溜めありの獣爪より少し上。個人的には扱いにくい。
・グラングの岩…岩の半径分くらいになったのかな。ノーロックグラング岩から火よ!とかできないかな…
・朱きエオニア…宴会芸呼ばわりにキレたのか範囲と硬直が大幅に改善、マシどころか普通に強いレベルにまでなった。
・空裂狂火…多分、火よ!と同じ倍率の1.4倍くらいになってる。

戦技
・嵐の刃…魔法からも繋ぎやすくなったみたい。実用性はおいておいて溶岩弾→嵐の刃、星砕き→嵐の刃とか行けそう。
・炎撃…同上。火よ→炎撃がいけそう。
・雷撃斬…同上。

特に面白そうなのは神託のシャボン、滅びの流星、創星雨、砕け散る結晶、光輪辺り。凍結を付与するもの全般は攻略でも対人でも戦術に組み込みやすくなった。戦技に頼らなくていいのはでかい。また、消費FPも全体的に減り攻略の燃費問題が大幅に改善されたと言える。
今まで扱いにくかった魔法にも変更が行き届いており、まだ足りないところはあるもののかなりの良アップデートである。

ver1.08

魔法
・カーリアの速剣が対人のみ2割ほど弱体化、安い早い美味いから安い早いそこそこ美味いくらいになった程度。
これだけ。
闘技
・予想通り範囲攻撃とバフが強い。この環境下なら信魔はかなり強いのでは。

素性について [編集]

筋力以外はタッチするので星見一択。

ステータスについて [編集]

ステータス数値備考
生命力40ここまではないと落ち着かない
精神力38FP空っぽから満タンになるまで
持久18軽装ローリング中毒
筋力8初期値
技量40コンセプト。
知力4546以上の魔術はこのビルドでやることではない
信仰45黒き剣、エルデの流星は使用頻度が少ないのでタリスマンで補強
神秘15神秘18が必要な時は頭装備で+3して対応

・上記以外の振り分け例

Lv150(知力寄り、アズール杖採用型)

・ステータス

ステータス数値備考
生命力40最低ここまで欲しい
精神力38(+5)タリスマン込みならFP220以上を確保できる
持久16余りを振り分け
筋力10アズール杖が持てるように
技量30アズール杖で+40出来るので30まで
知力75(+5)霊薬でブーストを掛ければ成長ピークまで引き上げ可能
信仰25(+5)古き死の怨霊、黄金樹に誓って等まで
神秘15(+5)初期値でも可

アズール杖で最速にする構成。補正値は知力だけで伸びるので魔術寄りの構成がベスト。このステータスでも黄金律の聖印は補正値301あるので、攻撃祈祷も十分採用圏内。

Lv200

・ステータス

ステータス数値備考
生命力60ここまではないと落ち着かない
精神力38FP空っぽから満タンになるまで
持久18軽装ローリング中毒
筋力8初期値
技量40コンセプト。
知力47+5で要求値52の魔術解禁
信仰50エルデの流星の解禁
神秘18最高要求値18を満たす為

軽ロリ+生命力60を確保し、マリカを外したうえで知信を盛ることが出来る。

触媒、武器について [編集]

・触媒
このビルドではゲルミアの輝石杖黄金律の聖印で固定。それ以外は知力寄りにした時の候補。

名前重量説明
ゲルミアの輝石杖2.5メインウエポン。知力/信仰が45/45で補正値280。やや頼りないが溶岩の魔術使用時に限れば知力65の学院の輝石杖よりも実質的な補正値は上になり、二本持てば知力80のカーリアの王笏にも並ぶ
黄金律の聖印0.0メインウエポン。知力/信仰が45/45で補正値338。素で高火力かつ強化対象も粒ぞろいで非常に優秀
学院の輝石杖3.0知力55で補正値286、60で補正値306となり知力65までは王笏を抑え2番目に補正値が高い杖。知力寄りにした時の有力候補その1
カーリアの輝石杖3.0対応魔術使用時は知力55でも補正値315、知力60で補正値334相当になる。速剣や大剣、貫きは扱いやすく詠唱速度上昇の恩恵も大きい。知力寄りにした時の有力候補その2
カーリアの輝剣杖2.5対応魔術使用時は知力60で補正値342相当になる。牽制に優れる物が多く、知力寄りにした時の有力候補その3

・武器
左に杖、右に聖印を持つ触媒二刀スタイルなので武器は基本的に使用しない。長い道中や協力プレイではFPが不足してくるので、そういった状況で武器を使用することになる。
使用する武器は杖の重量2.5以下を選ぶと軽ロリを維持できるので優先度が高い。
フレイルは筆者の趣味であるが、ユニーク武器はいずれも低筋力で持てて戦技も強力な逸品となっている。個性的な物ばかりなので気分転換にいかがだろうか。

名前重量説明
杖剣2.5サブウエポンの有力候補。攻略では冷気の霧で魔法の補助、つぶてで苦手な高強靭モブの処理をする
慈悲の短剣2.0サブウエポンの有力候補。攻略では輝剣の円陣をセットして致命運用が目的となる。聖律共有をセットしてバフ用にしても良い
落とし子の星々5.5戦技は踏み込みが深く爆発も広範囲かつ怯ませやすいので強力。タイミング次第では爆発の怯み→カーリアの貫き等のチェインも狙える。攻略対人共に優秀
家族の首5.5戦技は魔術の古き死の怨霊より射程がやや短い代わりに威力高め。主に攻略用で、怯ませながらJR2や魔法を叩きこむ
フレイル5.0筋力10がネックだがパリィ無効、弾かれない、打撃属性、出血属性、騎乗時の固有モーションと色々強い要素が詰め込まれている。鎖回しの戦技がないので他の戦灰で属性派生が必要
輝石のクリス1.5サブウエポン。杖の補正値が低めなのでほうき星の代わりとして
ショートスピア4.0サブウエポン。槍という武器種で見ると扱いにくいが、筋力10で氷槍や黒炎の渦をセットできる軽さが魅力
死かき棒8.5サブウエポン。両手持ちであればハイマの輝石頭装備で能力値は満たせる。状況に応じて選べる戦技と凍傷が優秀
祝祭の手鎌1.5戦技にも盾貫通効果が乗るので盾対策に。

武器は戦技発生器用に数を揃えておくと様々な局面に対応できるので、低負荷なもので揃えておきたい。

防具、タリスマンについて [編集]

・防具
強靭を意識していないので好みで選べるが、頭防具はステータスを上げるものが多いので必要能力値を盛ったり微調整目的で選ぶのも良い。

名前説明
銀雫の仮面神秘に+8ものボーナスがある、素の神秘が10あれば神秘を要求する魔法は全てカバーできるが竜咬などの物理祈祷とは相性が悪い
秘匿の仮面ノーリスクで神秘+3。神秘15まで振りこの装備を着用で神秘を要求する魔法を網羅できる
ハイマの輝石頭筋知+2。気分で武器を振り回すときに良さそう。筋10あると色々持てる
グレートフード知信+2。一見強力だが浮いた分を活かそうと思うと難しい
濃紺のフード精神力+1。誤差程度の為見た目が気に入った時のおまけ程度で考える

・タリスマン
触媒の補正値にやや難があるためそこを補うものを選んでいきたい。

名前説明
ラダゴンの肖像コンセプト。素の技量40に任せて外す選択肢も一応ある
ゴッドフレイの肖像実質必須枠。魔法と戦技の溜め威力が15%上がる
マリカの爛れ刻印実質必須枠。精神力と知力信仰に加え神秘まで上がる神タリスマン。カット率が気にならないなら優先度は高い
魔術師塊のタリスマン知信45のゲルミアの輝石杖でも補正値302相当になるので、魔術主体の場合は最優先
魔術師球のタリスマン魔術師塊込みで補正値314相当と非常に伸びが悪い。これよりはゴッドフレイの肖像を優先したい
星見少女の伝承使用している触媒は45で成長ピークとなるので、魔法の要求値を満たしたい場合に装備する
青琥珀のメダリオンFP220以上にするため
原輝石の刃メリットは大きいがデメリットも大きい。アップデートでFP周りは改善されてきているので魔法選択の時点で対応できるため優先度は低い。
捧闘の剣のタリスマン無傷なら10%アップ。構成次第では維持も容易なので扱いやすい
捧闘の盾のタリスマン無傷なら30%被ダメカット。主に攻略で使用、これと大盾のタリスマンを付けるだけで生存率が段違い
竜印の大盾のタリスマン20%カット率上昇。主に攻略で使用、火力より死なない事を優先したい
青色の凶刃慈悲短剣+戦技円陣とセットで
各種蠍対応する属性が12%上がる、下記の霊薬も加えて属性を揃える時の候補

知信向けの検証、考察 [編集]

触媒の検討やダメージ検証等、運用の際気になったものを記載
クリックで詳細を表示

魔術と祈祷の傾向

信魔最大の利点は名前通り魔術と祈祷両方を扱えることにある。双方の長所を取り入れることで先頭の幅がぐっと広がるので選択の際は意識しておきたい。
特に長けている項目は赤字で記載
魔術
追尾性能が高い(流星群、渦巻くつぶて、古き死の怨霊等)
牽制の役割に向く(魔術の輝剣、カーリアの円陣等)
強靭を付与しつつダウンさせる手段がある(ハイマの大槌)
・近距離戦でも素直な性能で扱いやすくリーチで勝る(カーリアの速剣、カーリアの貫き、アデューラの月の剣等)
・凍結を狙やすい(アデューラの月の剣、輝石の氷塊等)
祈祷
範囲攻撃に優れ持続性も高い(坩堝の諸相・喉袋、グレイオールの咆哮、各種ブレス等)
チェインの始動が多めで総火力も高い(グラングの岩、血炎の爪痕、竜爪等)
実戦レベルで扱える属性が豊富
・起き攻めに向く(堪えきれぬ狂い火、火よ焼き尽くせ等)
・一撃の火力が高め(古流の雷撃、巨人の火をくらえ等)
・出血と腐敗が狙いやすい(血授、竜氷等)
当てはまらない物も多いが全体的な傾向としてはこんな感じ、魔術は特に牽制が優秀で祈祷はチェインさせやすいのが強いと思う。

知信45基準で同ポイントを振り分けた場合の比較

均等振りは不遇とよく言われるが、実際の所どうだろうか?
素性は知信が同値の素寒貧で比較

知力信仰杖の補正値(武器名)聖印の補正値(武器名)必要なポイントビルドの傾向
4545280(ゲルミアの輝石杖)338(黄金律の聖印)70祈祷メインで魔術は補助、扱える魔法の幅がウリ
6030304(学院の輝石杖)317(黄金律の聖印)70補正値のバランスは良いがどっち付かずともいえる、プレイヤーのスタイルが出やすい
6525314(学院の輝石杖)297(黄金律の聖印)70補正値的にも祈祷のラインナップ的にも魔術寄り、祈祷は補助。一番のメリットはアズール杖が実用範囲の補正値になる事
7020330(カーリアの王笏)277(黄金律の聖印)70魔術師が防護などを意識した場合有効。半端に対策をして持ち味を殺すくらいなら30程度まで振った方が良さげ
8010373(カーリアの王笏)115(爪痕の聖印)70普通の魔術師、参考値
3060271(咎人の杖)317(黄金律の聖印)70祈祷寄り、これは杖の都合上以下の振り分けでも同じ。
2565279(咎人の杖)300(神狩りの聖印)70魔術は低要求値と茨の魔術に限ればギリギリ実用範囲、だが知信45に対してのメリットが薄い
2070288(咎人の杖)313(黄金樹の聖印)70上記同様に知信45に対してのメリットがほとんどない。茨の魔術専門
1080305(咎人の杖)353(黄金樹の聖印)70普通の聖職者、参考値

同ポイントで振り分けた場合、実用的な数値は45/45か60/30になると思われる。65/25も悪くないが信魔という観点から見ると扱える祈祷にやや不満が出てくる数値。
ただし、60/30以降はアズール杖が実用範囲となり技量のポイント分が不要になる。+30程度ポイントが浮くので武器の縛りを考慮しなければ信魔の中でも有力な振り分けになり得るが、当ビルドは制約を嫌って均等振りとした。
信仰寄りは杖がゲルミアの輝石杖並に貧弱、45/45の黄金樹の聖印が優秀という事情によりメリットが薄く、茨の魔術メインでもなければお勧めできない振り分けとなる。

・均等振りは不遇…?
肝心の均等振りは幅広く魔法を扱え、祈祷は高威力と信仰寄りに近い性質を持ちながら魔術も威力以外に欠点はない。
不遇の理由に武器の薄さと杖の貧弱さが良く挙げられるが、そこを克服してしまうと信魔内でも術師全般でも均等振り一強になりかねないので火力を抑えてバランスを取るしかないというのが現状だろう。
魔術側を下げられているのは残念ではあるが、凶悪なチェインやコンボは祈祷の方が多いので現状でもやや危ういとさえ感じる。
実際、ダークソウル3では均等振りの信魔が幅を利かせていた実績がある。

ゲルミアの輝石杖とその運用方針について

ここでは均等振りで使用する触媒、ゲルミアの輝石杖の問題点とその改善について考える。
・この杖の強み
杖の中では意外にも最軽量の部類、溶岩魔術使用時15%もの補正が入る、マラソンめんどい上に弱いので使用者が少ない、最後は論外としてこの2点が強みと言えるだろう。…微妙。

・補正値
与ダメに直結するので当然重要。ゲルミアの輝石杖は知信45で補正値が280となっている、この振り分けで考えるとそれなりに高い数値になるが知力に寄せることでより補正値の高い杖を用意出来てしまう悲しい現実がある。
下記は知信45から知力に振り分けた際の杖とその補正値

知信使用触媒補正値
知45信45ゲルミアの輝石杖2800
知55信35学院の輝石杖286+6
知60信30学院の輝石杖304+24
知65信25学院の輝石杖314+34
知70信20カーリアの王笏330+50
知45信45黄金律の聖印338+58

…御覧の通り中々残念な結果となる、何より問題なのは知信45の時点で成長がほぼ頭打ちと言う点。
このため霊薬やタリスマンでの補強手段が他より少なく、低めの補正値がより顕著に感じてしまう。
安易に比較するべきではないが、聖印版ゲルミア杖ともいえる黄金律の聖印はかなり優秀な補正値を確保している点も気にかかる。
今回目指す補正値は知65の学院の輝石杖、知70のカーリアの王笏の310~330程度を目安に考える。

・補強手段について
素では補正値280のか弱い杖なので、次は補強手段について考える。
下記はタリスマンと付帯効果適用時の補正値

補強手段効果補強後の補正値備考
魔術師塊のタリスマン魔術の威力+8%302魔術全般が適用範囲
魔術師球のタリスマン魔術の威力+4%297魔術全般が適用範囲
ゴッドフレイの肖像溜め使用時+15%322戦技と祈祷も効果対象
杖の付帯効果溶岩の魔術使用時+15%322対応魔術は4種
魔術師塊+付帯効果上に記載347
魔術師塊+ゴッドフレイ上に記載347
魔術師塊+ゴッドフレイ+付帯効果上に記載399対応魔術は2種のみ(笑)
魔術師塊+ゴッドフレイ+付帯効果×2上に記載459対応魔術h(以下略
聖律共有物理含む全属性を10%+10%武器と魔法両方強化可能

ゴッドフレイもしくは付帯効果を加味すれば目指す補正値のノルマはクリア、必須級の魔術師塊も加えれば知力70時点の王笏も越える。さらに二刀での運用に限れば驚異の補正値459となり、かのルーサットにも引けを取らないどころか追い越す。
…比較対象の杖は補強なしの数値なので、対等の条件であれば魔術師塊を加えた時点で相当雲行きが怪しくなる。が、溜め又は溶岩魔術に限れば素で学院の輝石杖クラスの補正値が得られるのは見逃せない。
黄金律の聖印の補正値は高い為、こちらの補強にタリスマンを割く余力があるのは幸いである。手放しでは喜べないが…

新たな補強手段として効果時間が伸び、魔法のスロットも圧迫しない聖律共有を追加。
魔術師塊とこれだけで補正値332程度を見込め溶岩の魔術なら382程度にまで上がり、効果時間は60秒と対人でも攻略でも十分な効果時間。
この効果は聖印にも効果があるので、元々特化並にある補正値も強化される所が非常に優秀。魔術師塊+聖律共有であれば杖の補正値は332、聖印は371程度まで見込め均等振りの弱みを解消しつつ強みはさらに伸ばせるので相性は抜群に良い。

・この杖ですべき運用
普通に魔術を使用しているだけではただの貧弱な杖、ここからがゲルミアなんです。
ここまでの内容からこの杖ですべき運用は、溜め可能な魔術と溶岩の魔術を主軸にした構成がベストと言える。
その際、当ビルドの長所である最速詠唱ともう一つの魔法『祈祷』が活きてくる。
溜めは当然隙が大きいが最速詠唱標準搭載なのである程度軽減でき、火よ力を!は溶岩の魔術も適用範囲のかつ対応祈祷も併用可能なビルドにとっては特に相性が良い。また、祈祷にも溜め可能なものは数多く存在するためそのあたりも含めると立ち回りの幅が広くなるだろう。

たぎる溶岩やライカードの怨霊で近接拒否をしつつ古き死の怨霊を展開、星砕きで爆風に巻き込んだり距離に応じて貫きを狙う…
ライカードの怨霊で視覚妨害をしつつ狙いすます雷撃で不意打ち…
祈祷についてはあまり書いていないが、その他いろいろな構築が考えられる。

・最後に
ここまで御覧頂いた方は少なからず興味がある方だと思う。あれ?意外と悪く…ない?と思う方や知信ビルド作成の一助になれば幸いです。
投稿者はマラソンを終え、生まれ直しを済ませ無事ゲルミニストに転職しました。

・追記
投稿からこのビルドを愛用しているが、魔術の補正値に関しては強烈な補正が入る"魔術の地"と溶岩の魔術の相性が良いため総合的に考えれば高性能な杖になると結論付けた。知信45なので祈祷も当然高火力で隙が無い。

溶岩の魔術の運用について

当ビルドでは主力に据えることになる魔術、どれも他の魔術とは毛色が違うので運用について考える。
現状4種類存在するが、2種以上積んだ術師を見たことがない。

名前消費FP知力信仰
溶岩弾161910

・攻略
ロックした状態で打つと着弾点がやや手前になり、遅めの弾速も相まって外しやすい。そのため、下記の対人での運用を見据えノーロックでの使用を推奨する。
消費FPに対する威力は比較的良好で、溜めれば1.2倍程度威力が上がるのでさらに磨きがかかる。失地騎士を怯ませる程度の力もあるので連発してもそれなりに強い。
・対人
この魔術が優れる点はノーロックの"置き運用"とロック時の"軸合わせの精度が高い"さらに"ダメージレベル3の怯み"この3つが挙げられる。また、残留する溶岩も低威力とはいえ好んで入る相手はまずいないので誘導やとどめにも使える。
有効射程は近~中距離、近距離ではロック時の軸合わせが機能しやすく、中距離ではノーロックでの置きが機能しやすい。遠距離での使用は弾速の遅さとロック時の弾道の重さから届く距離ではあるが基本的に射程外と考えた方が良い。

何も場にない状態での使用は見切られやすく隙も大きいのでたぎる溶岩と誤認させたり、カーリアの大剣等を当ててからロリ狩りを狙ったり、牽制を先に立てる等の工夫をしたい所。攻撃を回避した後の差し込みも軸合わせの高さを活かしやすい、その場合は先に速剣などを見せて回避を促すと良いだろう。
この魔術の特権として、冒頭に記載したダメージレベル3の怯みを活かしたチェインがある。総火力の高い火よ!やほぼ必ずスロットに入る火付けかカーリアの速剣で手軽にダメージを伸ばし、怯みの延長で溶岩のダメージも蓄積させやすい。
同じことが出来る魔術は他にカーリアの大剣(アデューラの月の剣)もあるがこちらとは全く挙動が異なるので共用してもいい。

距離によって使い勝手が変わる面白い魔術。

名前消費FP知力信仰
たぎる溶岩282112

・攻略
爆発までにラグがあるので交戦状態では当てにくい、そのため未発見時の奇襲でごっそりHPを削る運用が向いている。着弾時の音で近くの敵が寄ってくるので集団に対しても強い。
ボス戦では相手が動き回り爆発の瞬間に逃げられる…という事が多々あり安定しない、狙うなら形態移行時や態勢が崩れた時などに絞ろう。
・対人
超高威力の置物でモーションは溶岩弾と同じ。こちらは弾道こそ高いが射程は短めなので撃ち分ける必要があるのがやや扱いにくい。
相手を即座に引き離せる溜めなしと、爆発までの猶予を活かして他の魔法を展開する溜めありを使い分ける。爆発の直前まで張り付いてくる相手は他の魔法で回避タイミングをずらすことで爆発に巻き込みやすく、爆発はダメージレベル3の怯みなので続く魔法がチェインになりやすい。
溶岩弾とはモーションが同じかつ直接相手を狙わない運用が殆どなので、上手く読み勝てば双方の命中精度を上げることが出来る。

設置後は離れてしまえば何の脅威もないが逆を言えば離れなければ危険な魔術、必然的に距離が空くので流星群や蟲糸等の追尾魔法との組み合わせは非常に優秀。他にも魔術の地の防衛に使ったり相手を永遠の暗黒から引きずり出したり制圧にも使えたり意外と器用。

基本的に設置系は他の魔法と連携が必須なので、溶岩の魔術はそこをいかに工夫するかにかかっている。

名前消費FP知力信仰
ライカードの怨霊234018

・攻略
大型相手に有効とよくあるが、大型の敵は移動量も大きい事が多く状況を見極めないとカスあたりになりがち。また、複数ヒットで初めて真価を発揮するので効果範囲内で戦うように心がけよう。
・対人
効果の発動までが遅く、前に詰めてくる相手だと地面にすわれて十分に性能を発揮できないので状況を見て使う必要がある。
これ自体は歩いているだけで当たらないので挟み撃ちにしたり、たぎる溶岩と同じように他の追尾魔法を組み合わせると良い。展開の補助としても優秀。
中距離程度から輝剣などと合わせてばら撒いたり、近距離から間合いを取る相手に追い打ちで撒くのが機能させやすい使い方だろう。

効果範囲に入れてしまえば適当な魔術が勝手にチェインしたり、普段当てにくい魔法も当てやすいフィーバータイムとなるのでガンガン攻めよう。終わり際に設置系の魔法を立てると仕切り直しやすい。

名前消費FP知力信仰
ゲルミアの怒り162815

・攻略
正直かなり使いにくい。複数を相手するには範囲が狭く、亜人相手にすり抜けたり範囲攻撃とするにはイマイチ信頼性に欠ける。一応対空性能もあるがこの魔術は溶岩溜まりも高威力なのでもったいない。
ただし、霊樹相手にはめっぽう強い。
アップデートにより溶岩弾と同じ消費になったのでFP消費の面でかなり高効率な攻撃手段になった。
判定としては初動の爆発+吹き上がる溶岩+残留する溶岩の3段構成で長押しすると吹き上げの部分を延長する。
・対人
ぱっと見では産廃性能だが、詠唱を見て前にステップやローリングして反撃を狙う相手には猛烈に刺さる。一番当てたいのは初動の爆発で当てさえすればその後の追撃は確定し、残留する溶岩からも逃れにくいので当たり方によっては即死級のダメージもあり得る。

単体ではまず当たらないがそこは溶岩の魔術、ライカードの怨霊で誘導したり魔術の輝剣で怯ませ発動の時間を稼いだりと各種相性の問い魔法を積み込んでいるはずなのでそれらを駆使すれば当てる下地は整うだろう。

敬虔なゲルミア魔術師のみがその力を揮うロマン砲、慣れてきたらこれで家族を作ろう。


・相性の良い魔法
魔術の輝剣…派手な溶岩の魔術で視覚と聴覚を妨害しながら不意打ちできる
流星群…そもそも単体の性能が高い事もあるが、近接拒否性能に優れた溶岩の魔術とは抜群に相性が良い
星砕き…ライカードの怨霊等にねじ込みやすい、溶岩の魔術が苦手なやや離れた間合いでも届くのもいい
魔術の地…たぎる溶岩などで防衛しながら高火力と化した魔術を垂れ流しに出来る
三なる光輪…相手を動かしやすいこの祈祷と相手の行動に制限をかける溶岩の魔術は高相性
蟲糸…前ロリ以外で避けにくいこれとそれを拒否しやすい溶岩の魔術とは高相性
火よ力を…構成によっては全魔法1.2倍のバフになる
エルデの流星…発動までの隙を置物でサポート出来、発動後はロリ狩りし放題になる

魔法のダメージ検証

補正値については上記でも記載したとおりだが、実際の与ダメに関しても検証した。
ゲルミアの輝石杖は知信45、学院の輝石杖は知力65、カーリアの王笏は知力80、杖は全て最大強化の状態で検証。
検証相手は1週目ストームヴィル城のトロル、未発見状態。

使用魔法触媒与ダメ(溜めなし/溜めあり)備考
輝石の速つぶてゲルミアの輝石杖297/-
学院の輝石杖345/-
カーリアの王笏427/-
輝石の彗星ゲルミアの輝石杖719/867
学院の輝石杖809/976
カーリアの王笏960/1158
流星群ゲルミアの輝石杖658/766
学院の輝石杖784/905
カーリアの王笏989/1133
ハイマの大槌ゲルミアの輝石杖852/-
学院の輝石杖959/-
カーリアの王笏1137/-
カーリアの速剣ゲルミアの輝石杖525/-
学院の輝石杖602/-
カーリアの王笏725/-
カーリアの大剣ゲルミアの輝石杖774/-
学院の輝石杖870/-
カーリアの王笏1032/-
カーリアの貫きゲルミアの輝石杖822/943
学院の輝石杖924/1061
カーリアの王笏1097/1258
溶岩弾ゲルミアの輝石杖675/812二刀時775/932
学院の輝石杖670/796
カーリアの王笏798/944
たぎる溶岩ゲルミアの輝石杖1105/1356二刀時1269/1556
学院の輝石杖1081/1326
カーリアの王笏1283/1573
三なる光輪黄金律の聖印606/-
ラダゴンの光輪黄金律の聖印1246/1588
黄金の怒り黄金律の聖印1279/1535
坩堝の諸相・角黄金律の聖印1012/1195
雷の槍黄金律の聖印855/998
火付け黄金律の聖印821/-
火よ!黄金律の聖印1023/1407
薙ぎ払う黒炎黄金律の聖印940/1097
空裂狂火黄金律の聖印913/1067

知力80の特化職と比べるのも酷な話だがかなり厳しい。他と同じように魔術だけ使っていてはほぼ劣化なので、均等振りは祈祷が差別化するうえで重要という事の再認識に終わった。
検証の結果として、補正値と威力は比例の関係にあることが分かった。補正値が10%上がれば与ダメージも10%上昇するので、特別難しい検証は不要になる。
黄金律の聖印はおまけ

魔法の威力とFP効率検証

知力45・信仰45のステータスで、各魔法の威力とFP1辺りのダメージを記載する。同志は魔法選択の参考に、特化ビルドは各魔法との比較に使用してください。
均等振りは威力面で特化ビルドよりやや劣りがちなので攻略、特に瓶半減の協力時の際は高効率の魔法も用意することで道中の継戦能力を意識したい。
ただし効率が良くてもそれだけでは戦闘時間が無駄に伸びるので、効率以外にもダメージ、攻撃範囲、怯ませやすさ、状態異常等も加味する必要はある。

・溜め可能な魔法は(溜めなし/溜めあり)の順で威力と効率を記載
・多段ヒットのものは1ヒットかフルヒットどちらかで記載
・触媒はゲルミアの輝石杖(補正値280)と黄金律の聖印(補正値338)
・タリスマンはラダゴンの肖像(詠唱速度+30相当)、ゴッドフレイの肖像(溜め威力+15%)を装備
・付帯効果対応のものは両手に同名の触媒を持った状態で検証(対応魔法のみ補正値が杖370、聖印408相当になる)
・能力値不足の魔法は霊薬で知信+10した状態で検証
・検証相手は2週目の忌み子(発見状態)

使用魔法消費FP威力効率備考
輝石のつぶて731444.5
輝石の速つぶて522144.2
輝石の大つぶて1247639.6
輝石の彗星17615/80336.1/47.2
ほうき星24745/95531/39.7
渦巻くつぶて14166⋇n/212⋇n11.8⋇n/15.1⋇n実際は多段ヒット前提なので効率はトップクラス
輝石の流星12379/47731.5/39.7
流星群23506/60722/26.3
輝石のアーク930434.1複数の敵の巻き込みやすい
結晶連弾14/49264/105618.8/21.5
結晶散弾14403/54628.7/39
ハイマの砲丸38691/82618.1/21.7
ハイマの大槌2272633
岩盤砕き1067867.8
岩盤発破22106848.5長押しなし
滅びの流星32578/85918/37.3
創星雨2758⋇n/70⋇n2.1⋇n/2.5⋇n実際は多段ヒット前提なので効率は遥か上(溜め多段ヒット時は70⋇22=1540、効率57)
魔術の輝剣12395/53132.9/44.2
輝剣の円陣1839918.8
カーリアの円陣2444918.7
巨剣陣3056118.7
降り注ぐ魔力1875⋇n4.1⋇n
ローレッタの大弓2464726.9
カーリアの速剣438997.2恐らく最高効率
カーリアの大剣1264153.4
カーリアの貫き17697/88941/52.2
アデューラの月の剣2281537.0凍傷込みの場合効率は上がる
奇襲のつぶて1329822.9
夜のつぶて721430.5
夜の彗星21531/66525.2/31.6
溶岩弾16960/119360/74.5
たぎる溶岩281037/129737/46.3
ゲルミアの怒り16141588.4長押しなし
ライカードの怨霊23408⋇n17.7
輝石の氷塊1244236.8凍傷込みの場合効率は上がる
ザミェルの氷嵐17921/148554.1/87.3フルヒット時
砕け散る結晶21750/100535.7/47.8最大ダメージ時で記載、振れ幅が大きい
結晶の開放343366/99最大ダメージ時で記載、振れ幅が大きい
重力弾12304/38925.3/32.4
星砕き18360/47720/26.5
岩石弾1861434.1
神託のシャボン12585/72048.7/60
罪の茨644574.1
罰の茨947953.2出血までに5回詠唱
怨霊呼び12390/43232.5/36フルヒット時
古き死の怨霊21477/54922.7/26.1フルヒット時
爆ぜる霊炎2992932.0爆発のみの数値
ティビアの呼び声1773543.2そもそも当たらない
坩堝の諸相・喉袋28~72231/161712.8/22.4最大7ヒット
坩堝の諸相・尾20572/139628.6/69.8
坩堝の諸相・角18834/99646.3/55.3
黒き剣26513/121019.7/46.5光波+スリップダメージ/直撃+スリップダメージ。相手のHPによって効率が変わる
光輪3381⋇2127⋇2祈祷の最高効率
三なる光輪23397⋇217.2複数の敵の巻き込みやすい
ラダゴンの光輪21912/116443.4/55.4範囲攻撃の中では高効率&低燃費
雷の槍18685/88738/49.2
雷撃1972738.2
狙いすます雷撃1258348.5
古竜の雷槍25139855.92本体+衝撃波
古竜の雷撃36965⋇n/1154⋇n26.8/32.0多段ヒットで驚異的な瞬間火力と高効率になる
ランクサスの薙刀2299045
フォルクサスの雷槍35183852.52ヒット時
氷の雷槍29930⋇n323ヒットで凍結
死の雷撃281630/197258.2/70.4大変当てずらい
火付け1065365.3
火よ!16759/117247.4/73.2
火投げ11572/75852/68.9
巨人の火をくらえ30990/118533/39.5
火よ、降り注げ16756/108047.2/67.5
悪心の火34113733.4本体のみ
火よ、迸れ183⋇3831回でFP3分使用
火よ、渦巻け19226⋇n/269⋇n11.8⋇n/14.1⋇n1ヒット分
火よ、焼き尽くせ!2678430.11ヒット分
黒炎18888/107849.3/59.8スリップダメージ込み
薙ぎ払う黒炎21926/107544/51.1スリップダメージ込み
黒炎の儀式301675/177255.8/59フルヒット時、スリップダメージ込み
貴種の腹芸20870/100843.5/50.4スリップダメージ込み
獣爪10595/70759.5/70.7
グラングの獣爪21931/71844.3/34.11セット/衝撃波のみ
グラング岩1572348.2
血炎の爪痕1269157.53ヒットで出血
蟲糸19113059.4検証時の最大ダメージを記載
狂い火161536/274296/171.3検証時の最大ダメージを記載
空裂狂火24741/84530.8/35.2

結果
数値としては効率30以下は低効率、40~59は並、60を超えると高効率、80以上は非常に効率が良いと言える。カーリアの速剣、光輪の効率は段違いと言えるレベル。
範囲攻撃は複数巻き込むと効率がぐっと上がり、多段ヒットする魔法はヒット数で効率が上がるので注意。また、実践では当てやすさや隙も考慮する必要がある。
当ビルドの主役である溶岩の魔術と黄金律原理主義の魔法も、贔屓目にはなるがなかなか悪くない数値になった。

杖の重量と消費スタミナの検証

魔術の各魔術の設定値の他に消費スタミナは触媒の重量、溜めの有無で変化する。
ゲルミアの輝石杖は最軽量クラスの2.5なので、学院の輝石杖やカーリアの王笏の3.0との差次第では選ぶメリットになりえると考え検証。
実際のところ、どれくらい差が出るのだろうか。
星見の初期持久値9で2.5、3.0、4.5の3種類の触媒を使用して、スタミナがなくなるまで撃ち続けた時の回数を比較する。

使用魔法触媒の重量回数(溜めなし/溜めあり)備考
輝石の速つぶて2.012/-
3.011/-
4.511/-
輝石の彗星2.04/3
3.04/3
4.53/3
流星群2.08/7
3.07/6
4.56/5
ハイマの大槌2.03/-
3.03/-2回目の時点でスタミナはほぼ0
4.52/-
カーリアの速剣2.09/-
3.08/-
4.58/-
カーリアの大剣2.05/-
3.05/-
4.55/-
カーリアの貫き2.04/3
3.04/3
4.54/3
溶岩弾2.08/5
3.08/5
4.57/5
たぎる溶岩2.05/4
3.05/4
4.55/3

…期待していたほどの差は出なかった。ほぼ誤差。一応、撃ちきる一歩手前の残量に差はあるので立ち回りのしやすさには影響してくる。が、上記のダメージ検証の差を覆す程の影響はないという結論に至った。
重量4.5クラスの杖でスタミナ消費の多い魔術を使う際に注意が必要といった程度だろうか。

魔法スロットの編成 [編集]

知信ビルドでは扱える魔法の数が多く、あれもこれもと詰め込むと機能不全になる。そのため、軸となる魔法や戦闘スタイル、属性などを決めてからそれに合った選択が必要になる。
ここでは自分が運用してきた編成を書き溜めていきます、改善の余地や他の候補も当然あるので参考になれば。
・攻略
攻略で使用した編成を記載していく。攻略時の聖杯瓶は赤4:青10、ホスト時は魔法垂れ流しでもFPの問題は気にならないが協力時に3,4本では少なく感じたので多めに5本。大回復を常用しFPをHPに変換するようにしている。

溶岩魔術フルコース(ゲルミアの輝石杖二刀流)

スロット魔術/祈祷用途
スロット1溶岩弾主力魔術
スロット2たぎる溶岩未発見時の不意打ち、一撃高火力だが消費がやや重い
スロット3ライカードの怨霊大型や動きの遅い敵への主力
スロット4岩石弾遠距離攻撃用
スロット5蟲糸対大型用
スロット6火よ、力を使用魔法全てが適用範囲
スロット7黄金樹に誓って味方もまとめて強化、火よ力をと併用可能
スロット8大回復自己回復とついでに味方の小回復
スロット9ゲルミアの怒り-
スロット10自由枠-

主に攻略用、火に弱いモブやボスの相手が得意。使用魔法を物理と炎属性に絞り"火よ力を"で纏めて補強するのがコンセプト。
二刀時は対応魔術に約1.3倍の補正が入るのでFP効率もかなり改善される、主力の溶岩弾は溜めた時の威力上昇幅も大きく溜め無しでも失地騎士が怯んだりと中々の性能、マグマ溜まりまでしっかり当てたい。
手筒花火…もといゲルミアの怒りの火力は決して低くはないが、長押しした時の伸びがよろしくないようで単発での運用が良さげ。
近接向け、牽制に向いた魔法で補強すれば対人でも運用可能。特に二刀+溜めの補正が入ったたぎる溶岩の威力は凄まじく、1000程度は余裕で削る。不用意に寄ってくる相手には爆発の前後に魔法で怯み、追撃を狙いたい。
ネタに見えるのかメッセージが良く届く。

火属性、物理祈祷特化+凍傷

スロット魔術/祈祷用途
スロット1蟲糸対大型
スロット2火付け主力祈祷
スロット3火よ溜めた時の上昇幅が凄い
スロット4巨人の火をくらえ対人意識、吹き飛ばしからの起き攻めが強い
スロット5狂い火大型から集団まで対応できる優等生
スロット6空裂狂火狙撃用
スロット7黒炎の護り物理攻撃主体のボスに、火よ力をと併用不可なので注意
スロット8火よ、力を物理&炎属性強化
スロット9火よ焼き尽くせ大型用、しゃがむので意外と攻撃を躱せたり
スロット10自由枠-

溶岩魔術フルコースの祈祷バージョン、凍傷の物理カット低下と発症時の割合ダメージを活かす。
特に大型相手に対して効果的で蟲糸を連発していれば解ける、即解除して割合ダメージのみ狙っても強い。
凍傷の付与は主に武器で行い、戦技『乱撃』を付けた冷気派生のフレイルや『冷気の霧』が高蓄積値で狙いやすい。
その他の採用候補は神秘要求がやや重いが炎+出血の血授や血炎の爪痕や持続ダメの強力な黒炎系統、補正の入る協力時や高周回時に活躍する。

魔術のみ

スロット魔術/祈祷用途
スロット1カーリアの速剣消費FPの割にそこそこの威力。柔らかい相手はこれで十分
スロット2渦巻くつぶて中~大型相手の主力、小型の敵でも3ヒット位する
スロット3溶岩弾このビルドにおいては主力足りえる、出来るだけマグマまで当てたい
スロット4流星群詠唱に反応して回避する敵でも確実に削れる。対人性能が高いのも〇
スロット5カーリアの大剣怯ませやすいので割と強引に突破できる
スロット6カーリアの貫き溜めた時の威力アップと吹き飛ばしの相性が良い
スロット7たぎる溶岩未発見時の不意打ち
スロット8魔術の地低めの補正値を補強、出来るだけ範囲内で行動したい
スロット9ローレッタの大弓orローレッタの絶技遠距離狙撃用、その性質上安全に溜め運用できる。
スロット10自由枠-

魔術だけの構成、出来るだけ溜めてダメージ効率を上げたい。未発見の相手にはたぎる溶岩かローレッタ系で大ダメージを叩きこむ。ボス戦は速剣と渦巻くつぶてに溶岩弾が主力、形態移行時等大きめの隙にはたぎる溶岩を設置しまくるのもいい。ただ、後半の敵は隙が少なく差し込むタイミングもあまりないので、かなり神経を使う戦いになりがち。他には追尾性能の高い古き死の怨霊や要求値が高いが創星雨がおすすめ。

祈祷のみ(聖属性メイン)

スロット魔術/祈祷用途
スロット1光輪主力、2ヒットさせれば燃費はいい
スロット2三なる光輪2~3体以上の集団に、やや重めなので確実に当てたい
スロット3火付け光輪での取りこぼしを処理
スロット4黒炎の儀式寄ってくる相手は勝手に倒せる。ボス戦でも複数ヒット+持続ダメが優秀
スロット5ラダゴンの光輪溜めた時の威力と範囲が高く、範囲攻撃にしては消費も少なめ。
スロット6死を正す聖律主に地下墓用、なんだかんだあると便利
スロット7回帰性原理フレーバー、一応味方の腐敗を治したり出来る
スロット8自由枠
スロット9自由枠
スロット10自由枠

聖属性、特に黄金律原理主義の祈祷をメインにした構成。地下墓等骸骨が多いステージで有効。死儀礼の鳥相手は属性的には高相性だが隙が気になる。対雑魚は問題ないので、自由枠にはボス戦に向いた祈祷を入れたい。さらに特化してエルデの流星等入れるのも良いが特に補正は入らない。

・タイマン、闘技場
チェインやコンボを研究、同じ人に手の内を読まれないように常に魔法を入れ替えながら戦っている。
入れ替えていくうちにしっくりきた編成を記載していく。
おすすめ度は主観入りまくってるので無視してよい。

グラングの岩軸

スロット魔術/祈祷用途
スロット1火付け近接戦対処用、これに限らず1枠は近接枠が欲しい
スロット2三なる光輪削りと相手の接近を誘う用途、寄ってこない相手はこれだけで勝ててしまう事も
スロット3グラングの岩中距離での牽制と近距離でのコンボを狙う、高強靭相手に振りやすいのもいい
スロット4アデューラの月の剣岩からのチェイン目当て、単体の性能も高く扱いやすい
スロット5火よ、焼き尽くせ!主に岩ヒットからのコンボを狙う、あたりさえすればハメ殺せる性能はあるのでブッパしても強い
スロット6血炎の爪痕相手の回避ミス狙いと、そこから溶岩弾でのチェインを狙う
スロット7溶岩弾チェイン以外ではノーロックで相手の回避を狩るのがメイン。申し訳程度のゲルミア要素
スロット8エルデの流星遠距離戦でのお仕置き用、展開さえできればその間はこっちのターン
スロット9永遠の暗黒怨霊や流星群の捌きにくい魔法をシャットアウト、その間にエルデの流星で返せると○
スロット10--

主な運用方法
三なる光輪で相手の行動を誘いつつ岩や爪痕からチェインを狙うのが狙い。遠距離戦は永遠の暗黒とエルデの流星でこちらが主導権を握れるようにして、その間に他の魔法との連携で削り切る。
高強靭相手にも岩や爪痕で強めに出れるし、そこから上記のコンボでごっそり削れるのが良い。苦手な相手は夜のつぶて持ちの術師と安定の重刺剣や槍(多分この辺は共通して苦手)。
相手の魔力防護、永遠の暗黒が殆ど通じないのも利点。

血炎の爪痕チェイン狙い

スロット魔術/祈祷用途
スロット1カーリアの速剣近接戦対処用、リーチがある分火付けより取り回しが良い
スロット2三なる光輪削りと相手の接近を誘う用途、寄ってこなければひたすら撒くだけでも効く
スロット3ライカードの怨霊近接拒否しつつ、古き死の怨霊と三なる光輪等距離を空けるだけでは対応しにくい魔法を展開する。
スロット4血炎の爪痕火よ!とのチェインを狙う。
スロット5火よ!チェイン狙いの他、溜めでディレイをかけ回避ミスからのヒットも狙う
スロット6古き死の怨霊誘導用。前に詰めてくれれば爪痕などが狙いやすく、下がるなら巨剣陣などで場を整えつつ王家の忌み水子等でサポートする
スロット7永遠の暗黒同じ土俵で戦う魔術師用
スロット8巨剣陣遠距離戦技や魔法に対する牽制
スロット9ラダゴンの光輪上と組み合わせると良い誘導になり引っ掛けやすい。リーチも広い
スロット10--

主な運用方法
ライカードの怨霊や古き死の怨霊を撒いて場を制圧しつつ、三なる光輪で削りを狙う。攻めてきたところを爪痕と火よ!のチェインで削り切る。理想は、三なる光輪→前に詰めてくる相手を血炎の爪痕で迎撃→火よ!でチェイン→戻ってくる光輪ヒットで、その場合は1500以上のダメージも狙える。
苦手な遠距離戦技や魔法には巨剣陣で牽制してから他の魔法を展開する。巨剣陣が残っているうちは三なる光輪をノーロックで使用し無駄に飛ばさないようにする。ラダゴンの光輪は溜めを先に見せてから溜め無しも当てやすい。
有効レンジは中~近距離、遠距離は対応しているだけで得意ではないので永遠の暗黒でシャットアウト出来ないと不利。

溶岩の魔術主体

現行で使用している構成(おすすめ度★★★★★

スロット魔術/祈祷用途
スロット1火付け近接戦対処用
スロット2魔術の輝剣主力。面の制圧力と持続に優れるので相手を動かすために使用。
スロット3たぎる溶岩三なる光輪と合わせて前ロリ強要。永遠の暗黒対策も兼ねる。
スロット4三なる光輪中距離以上のエース。近接拒否には優れた構成なので発動もしやすい。前述の三なる光輪と組ませるととてもうっとうしい。近づく相手には地面撃ちからの追撃も。
スロット5蟲糸前ロリ誘ってたぎるとライカードに誘導、前ロリ以外なら回避し難く展開的にも美味しい
スロット6溶岩弾たぎるを見せた後だと当てやすい
スロット7火よ!一応溶岩弾からチェイン、高火力な迎撃手段でもあるが判定は極薄
スロット8ライカードの怨霊煙幕と近寄ってくる相手へのコンボ要因。
スロット9ゲルミアの怒りステップで詰める相手には猛烈に刺さる、とどめ要員としてもいい
スロット10--

主な運用方法
くせの強い溶岩の魔術を主軸に据えそれらと相性が良い祈祷で固めた構成、当ビルドの本懐に最も近い構成の1つ。たぎる溶岩とライカードの怨霊を盾にして蟲糸や三なる光輪でHPを削っていくのが基本的な流れ。これらを見せていくとステップや前ロリを多用して力づくで突破を試みるプレイヤーも多く、そういった相手に溶岩弾やゲルミアの怒りが刺さる。溶岩溜まりも低威力とはいえとどまればそれなりに痛いので相手のHPが減れば減るほど脅威。
見ての通り遅効性の魔法が多く蟲糸の射程外まで離れるとさすがに戦力が落ちる、輝剣と火よ!を抜いてエルデの流星を入れるのもよいし、アデューラも蟲糸から繋ぐには使い勝手がよい。
物理と火属性が多いので火よ力を!も強力なバフになる。

過去の構成

竜爪の運用試験

スロット魔術/祈祷用途
スロット1火付け近接戦対処用
スロット2魔術の輝剣牽制から魔法のフォローにチェインまで幅広くこなす
スロット3竜爪魔術の輝剣で後隙のフォローをしてから使う。ヒット後はグラングの獣爪でチェインを狙うか三なる光輪で削りに行く
スロット4グラングの獣爪コンボ用。スタミナ消費が多くて使いにくい
スロット5三なる光輪削り兼牽制
スロット6神託の大シャボン長い拘束時間でこちらの魔法を通しやすくする
スロット7火よ、焼き尽くせ!竜爪から回避ミス狙いかブッパ用
スロット8エルデの流星攻めてこない相手に使う
スロット9永遠の暗黒対魔術師用、夜の魔術には無力なので魔力防護に変えても良い
スロット10--

主な運用方法
魔術の輝剣で竜爪等の魔法の後隙をカバーさせコンボを通しやすくする…という戦法を試してみたく運用。グラングの獣爪はスタミナ消費が凄まじく汎用性にも欠けるので他に入れ替えたほうが良い。入れ替え先はロリ狩りと起き攻めができ範囲にも優れるハイマの大槌が筆頭で、火よ、焼き尽くせをこらえきれぬ狂い火と入れ替えれば起き攻めもしやすくなる。
遠距離用の魔法は竜爪の射程に収めるための誘導も兼ねる。

ハイマの大槌、起き攻め運用

スロット魔術/祈祷用途
スロット1火付け近接戦対処用
スロット2魔術の輝剣蟲糸から大槌などに繋ぐ他に術師の撃ち合いにも強い
スロット3蟲糸前ロリを誘い後述の爪痕と大槌に繋ぐ
スロット4血炎の爪痕前ロリとジャンプ読みのカウンター用。決まればそこから大槌に繋ぐ
スロット5ハイマの大槌爪痕からのチェインや蟲糸などで誘い込んで当てその後は喉袋で起き攻めを狙う。単体でも扱いやすい
スロット6坩堝の諸相・喉袋大槌からの起き攻め用。牽制と合わせれば起き攻め以外でも使えるが燃費が悪い
スロット7グラングの岩ジャンプの迎撃と地面撃ちからアデューラのチェイン狙い
スロット8アデューラの月の剣チェイン狙いだけど単体でも扱いやすい
スロット9永遠の暗黒対魔術師用、夜の魔術は天敵
スロット10--

主な運用方法
ハイマの大槌でダウンをとってからの起き攻めが一番の狙い。起き攻めは堪えきれぬ狂い火や爆ぜる霊炎等候補はあるが、喉袋の利点は持続に優れる点と長押し中にスタミナが回復する点。確実にHPを削り、仕留め損ねてもスタミナはほぼ全快しているので立て直しが容易。
自分はジャンプを多用する相手が苦手なのでその迎撃用とチェイン狙いでグラングの岩を採用した。蟲糸は優秀だが回避は容易な部類で連続使用できる魔法にも属さないので、三なる光輪に変えたほう取り回しは良好だった。
爪痕から大槌のチェインは、爪痕を少し遅めに当てる必要があることに注意。

カーリアの大剣、大つぶての運用

スロット魔術/祈祷用途
スロット1火付け近接戦対処用
スロット2魔術の輝剣牽制から魔法のフォローにチェインまで幅広くこなす
スロット3三なる光輪前ロリを誘って以降の魔法に繋ぐ
スロット4カーリアの大剣輝剣や光輪で回避させたところを狙う。怯ませやすいので今回はコンボの始動に
スロット5輝石の大つぶてカーリア大剣からのチェイン狙い。詠唱みてから戦技や魔法を撃ってくる相手に刺さる
スロット6カーリアの貫き三なる光輪、カーリアの大剣、大つぶてからスムーズに繋がる
スロット7古き死の怨霊相手をおびき寄せたり逃げ回らせて時間を稼ぐ
スロット8エルデの流星術師や牽制に対して逃げる相手に対して使用
スロット9永遠の暗黒対魔術師用、無策の術師はこれと適当な魔法で詰む
スロット10--

主な運用方法
牽制2種をばら撒き、寄って来たところにカーリアの大剣で怯ませて大つぶてのチェインが狙い(火付けとチェインさせたほうが火力は高い)。それ以外でも大つぶて→貫き、三なる光輪→大剣等、各種連続使用可能な魔法の組み合わせで揺さぶりをかけていく。
輝石の大つぶては、嵐の刃などこちらの行動を見てから中距離攻撃で咎めてくる相手に刺さりやすく、ヒットからは貫きがいい感じにロリ狩りしてくれる。魔術の輝剣と三なる光輪は牽制枠の定番になりつつあり、他も魔法とも合わせやすく隙をカバーでき削りやすく牽制としても申し分ない性能。
火付けを速剣、怨霊を渦巻くつぶて、エルデの流星を流星群などに変えれば魔術師でもそのまま使えるし、ゲルミア杖でちまちまやり合うより火力は圧倒的に上

岩盤砕きの試験運用

スロット魔術/祈祷用途
スロット1火付け近接戦対処用
スロット2魔術の輝剣オールレンジ牽制と疑似チェイン狙い
スロット3岩盤砕き今回の主役、一段目から色々派生させる
スロット4グラングの岩派生用、当たればチェイン
スロット5岩盤発破派生用、こちらは前ロリ等で詰めてくる相手にも有用
スロット6溶岩弾派生と近~中距離での牽制用
スロット7ライカードの怨霊煙幕兼近接拒否用
スロット8狙いすます雷撃ライカードで視覚妨害をして使う、うろうろマンに強い
スロット9永遠の暗黒対魔術師用、夜の魔術は天敵
スロット10--

主な運用方法
岩盤砕きのキャンセル性能を活かして各種魔法に派生、追撃などを行う構成。
・衝撃波が当たった→グラングの岩
・衝撃波を前ロリで抜けられた→岩盤発破
・衝撃波を後ろに避けられた→輝剣、溶岩弾
上記のように相手の位置関係と行動で使い分ける。派生は選択肢が多すぎてまだまだ吟味中。
この他に久しぶりに狙いすます雷撃を採用した
・ライカードでモーションを隠して使用
・輝剣を回避する相手に被せる
・雷撃ヒットからの輝剣チェイン
・前ロリに火付け
このように採用している魔法と連携が取りやすく、永遠の暗黒も効かないので苦手な相手に刺さりやすいのが頼もしい。

魔術師、知力寄り信魔向けの編成

スロット魔術/祈祷用途
スロット1カーリアの速剣近接戦の処理と大剣からのチェイン候補
スロット2魔術の輝剣他魔術の補助、大剣や貫きヒットからのチェイン
スロット3カーリアの大剣今回の主力、ヒット後は速剣か大つぶてをチェインさせる
スロット4輝石の大つぶてチェイン以外にも短めの隙を活かして牽制に使用
スロット5カーリアの貫き大剣や大つぶてから追撃を狙う、単体でも扱いやすい
スロット6古き死の怨霊遠距離戦に対しての圧力、信仰が無いなら流星群か渦巻くつぶてに変更
スロット7神託の大シャボン遠距離戦での圧力、詰めてくる相手には地面撃ちから大剣か速剣でチェインを狙う
スロット8星砕き単体では処理されやすい上記2種の補助、その他輝剣の魔術や貫きとコンボさせる
スロット9永遠の暗黒同系統対策、相手の流星群等を防ぎつつ攻撃できるのは強力
スロット10回帰性原理属性が偏っているので採用。牽制を先に建てれば開始直後以外でも一応狙える

主な運用方法
上の構成から回帰以外の祈祷をなくし、魔術師や知力寄りの信魔に向けた形。
一番の狙いは大剣→大つぶてのチェイン→貫きでロリ狩り、ここまで決まればまともな補正値であれば瀕死か勝負はつくだろう。
星砕きは遠距離で逃げ回られると当たる魔術が無かったので採用した。それ以外でも大シャボンや怨霊を強引に当てたり、貫きを筆頭に各種魔術と連携が取れるので戦術の幅が広がる。
均等振りでは火力が出せない分、工夫と手数が求められ実力で勝った感覚は大きい。

闘技参加時の編成(~12/12)

スロット魔術/祈祷用途
スロット1火付け近接戦対応用
スロット2魔術の輝剣牽制その1
スロット3三なる光輪牽制その2、今回は星砕きと連携させる
スロット4火よ!迎撃用
スロット5貴種の腹芸チェインパーツ、使いたかった
スロット6星砕き牽制を攻撃に転用する、引き寄せからのダッシュ火付けも強力
スロット7ラダゴンの光輪分からん殺し用、最大溜め見せてから溜めなしは当てやすい
スロット8エルデの流星中距離うろうろ相手に、最後の爆発はコンボ可能
スロット9永遠の暗黒流石に流星群はつらいので
スロット10

主な運用方法
決闘で黄金闘士になるまでの構成。殆どは魔術の輝剣を継続的に立てながら三なる光輪とエルデの流星で削り取り、不用意によってきた相手に火付けで試合終了。
迎撃用で火よ!から貴種の腹芸チェインを採用してみた、狙い目は三なる光輪をくぐってきた相手とステップ系で詰めてくる相手。当たれば1400程度吹き飛ぶので牽制がかすっていると試合終了。今回は採用していないが腹芸から貫き等はいい感じにロリ狩りになる。
闘技でも術師は強いので永遠の暗黒はマスト、流星群と速つぶて相手にはこれがないとかなりしんどい。撃たれたら冷静に射程外に出てから暗黒→輝剣で立て直しは利く。
特に苦手な相手はいなかったが、拳系相手が慣れていない事とアプデで結構強くなったみたいで勝てなかった…多分相手が上手い。逆に重刺剣はテンプレ行動のプレイヤーばかりなのと警戒しているからか楽だった。

共闘参加時の編成、シャブリリの叫び試験運用(~12/19)

スロット魔術/祈祷用途
スロット1火付け近接戦対応用
スロット2魔術の輝剣牽制その1
スロット3三なる光輪牽制その2、味方の援護用
スロット4火よ!迎撃用
スロット5アデューラの月の剣火よ!からのチェインと広範囲攻撃として採用
スロット6ラダゴンの光輪味方と挟み込むようにして使うと当てやすい、単純に広範囲
スロット7神託の大シャボン遠距離からばら撒いて視覚外からの奇襲を狙う
スロット8シャブリリの叫びデメリットは大きいが高倍率のバフ
スロット9魔術の地射程の長い大シャボンとは高相性
スロット10

主な運用方法
40秒間全属性1.25倍のシャブリリの叫びは信魔と相性が良いのでは?という事で試験運用。
今回は超強化した輝剣と神託の大シャボン、三なる光輪でサポートを行いつつ自分へのヘイトはアデューラや火よ!等でいなしつつ時間を稼ぐ。この状態での大シャボンの与ダメは1100~1500、三なる光輪は300~400*2と牽制というには高すぎる火力を出せるので援護に徹してゴリゴリ削っていく。デメリットは霊薬でカバー。
十分な結果は得られたが、特に大シャボンの膨大な硬直がかなり痛い。実用性を求めるなら構成を見直した方が良いか。
魔術はサブと割り切ってきたこのビルドでもメインに据える火力を得られるため、しばらくはバフを念頭に置いて構成を考えていく。

バフを乗せまくった倍率の値
溶岩の魔術…1.08(魔術師塊)*1.15(付帯効果)*1.15(付帯効果)*1.25(シャブリリの叫び)*1.15(ゴッドフレイの肖像)=2.05倍
魔力属性(魔術)…1.08(魔術師塊)*1.25(シャブリリの叫び)*1.35(魔術の地)*1.15(ゴッドフレイの肖像)=2.09倍
魔力属性(祈祷)…1.25(シャブリリの叫び)*1.35(魔術の地)=1.68倍
黄金律原理主義…1.08(集う信徒)*1.10(付帯効果)*1.10(付帯効果)*1.25(シャブリリの叫び)=1.63倍
補正値と与ダメは比例するので、上記分がそのまま上乗せされることを考えると重ね掛けの大切さが良く分かった。
霊薬で更に1.20倍盛る余地も残っている。

特に重要と感じた魔法
・永遠の暗黒…野良でタイマンすると魔術師に遭遇する機会が非常に多い。採用率の高い速つぶてや流星群等の採用率の高い魔法を軒並み腐らせるので低強靭かつ魔術側の低火力を抱えるこのビルドでは必須枠
・カーリアの速剣、火付け…魔法だけで近接戦をするなら各種行動から繰り出せるどちらかは必須、ビルド的には火付けの方が強い。最後まで隠し持って"近接戦出来ないふり作戦"も非常に有効
・魔術の輝剣…展開している間は常に相手を牽制できるのでこちらのターンを維持するのにとても有効。展開後は輝剣から離れて自分を囮にした方が当てやすい。
・三なる光輪…長い滞在時間と広い攻撃判定から削りやすく、相手の攻撃も阻みやすい。上の魔法と合わせた牽制2種は他の魔法との噛み合いが良く役割も果たしやすい。
・火よ!…チェインを狙える魔法の中では非常に火力が高いく迎撃としても優秀。選択肢が多いので他程優先度は高くないが盤面をひっくり返せる性能はやはり魅力的。
今のところ上記の魔法が必須枠になっている。特にこちらのペースを作る牽制枠と相手の接近に対応するための近接枠は必ず入れた方が良い。これに流星群を加えるだけで大抵の相手とは渡り合える。

※整理中の為追々追記、内容についてもまだに詰め切れていないと感じているので改良予定。

魔法の連携 [編集]

今作でも魔法を組み合わせたチェインは数多く存在する。実用性の高いものは限られるが、相手のHPを大幅に削れる手段なので魔法メインのキャラであれば1つ用意しておくと幅が生まれる。チェイン以外にも起き攻めや最速ロリ狩り等の要素も考慮すれば様々な連携が考えられる。
ここでは、自分が実践で取り入れてきたものを書いていく。

クリックして展開

連携に用いる魔法

連携する際に扱いやすいと感じたものを記載

名前用途
魔術の輝剣他の魔法の後隙をフォロー、ヒット後の追撃、牽制を1枠でこなせるのが優秀。円陣と違い追従しないのでうまく立ち回れば死角から攻撃できるのがポイント。溜めでディレイをかけれるのも〇
ハイマの大槌高強靭と強制ダウンの特性を生かし、相手の攻撃に割り込み追い打ちをかける。普段使いしやすいのもポイント
岩盤砕き一段目からの奇襲目的、ハイマ大槌や貫き等を相手の出方で次を決める。当てにくいので他の魔法は必須
巨剣陣高い強靭削りと射出時手が空く事から様々な魔法と連携可能。まぐれ当たりで思わぬ連携が発生するのも面白い
溶岩弾ロリ狩りできれば古の火の玉発火を再現できる、ノーロック適性高め
古き死の怨霊単体では前に詰める行動に非常に弱いが、そこを補うと追尾性能と怯ませやすさを活かしたコンボが出来る
三なる光輪前ロリを誘いやすい。削り性能も高いので普通に優秀
星砕き相手を引き込む独特な要素で悪さをする、コンボ要素が強く単体では腐りやすいのが欠点
血炎の爪痕発動は遅いがやや遅れて出る判定に次の魔法を重ねる
坩堝の諸相・喉袋主にハイマ大槌での連携の締めに。長押し中はスタミナが回復する
蟲糸性質上前ロリを誘いやすい
狙いすます雷撃着弾が非常に早いため回避ミスやロリ狩りが狙いやすい、視覚妨害とも高相性
火よ!火力が高く溜める事で更に上昇し、よろめきも大きくなるので前後どちらでもコンボが狙える祈祷。単体でも詠唱見てから猟犬で突っ込んでくる相手にヒットしたり溜めでディレイを掛けつつ高火力を叩きこめる
グラングの岩中距離での牽制でも強いが、本命は近距離でヒットさせたときのコンボにある。厄介なジャンプが撃墜しやすい点も◎
エルデの流星発動までは遅いが相手のテンポを乱すという点に関して一級品の性能を誇る。展開さえできれば遠近どちらにおいても各種魔法の補助や、逆に他の魔法で怯ませて本体の直撃を狙える

魔法のチェイン一覧

基本的にはダメージレベル3の魔法、ものによっては2に該当する魔法が初段になる。単純なチェインの他、ディレイを掛ければロリ狩りになる場合も多くそこからチェインを繋ぐことで1コンボのダメージを増やせる。
無理に狙いに行くと戦闘スタイルが崩れるので、選択肢の1つ程度に留めておくのが良い。

使用魔法魔術祈祷補足
カーリアの大剣(アデューラ)輝石の大つぶて、カーリアの速剣火よ!、黄金の怒り大つぶては詠唱時の移動で間合い調整可
溶岩弾カーリアの速剣、カーリアの貫き火付け、火よ!持続判定に引っかけた場合
神託の大シャボンカーリアの速剣、アデューラの月の剣火付け、火よ!詠唱の長いものは持続判定に引っかけた場合
罪の茨カーリアの貫き黄金の怒り持続判定に引っかけた場合
罰の茨ほうき星、アデューラの月の剣雷の槍ヒット時の間合いで当てれる魔法が変わる
巨剣陣ほうき星火付け等歩き詠唱と高相性、多段ヒットすると硬直が短くなるので2本ヒットまでが限界
火よ!(溜め)カーリアの大剣貴種の腹芸、火よ!溜めヒット時のみよろめきが大きくなるので可能
血炎の爪痕溶岩弾、ハイマの大槌火よ!、黄金の怒り詠唱の長いものは持続判定に引っかけた場合
グラングの岩カーリアの貫き、輝石の大つぶて火よ!、グラングの獣爪(初段まで)ヒット時の距離に応じて使い分けれる
竜爪カーリアの速剣黄金の怒り竜爪自体が当てにくいが高火力
星雲(落とし子の星々)カーリアの貫き火よ!、グレイオールの咆哮爆発ヒット時のみ

赤色は特におすすめの魔法

補足
記載していない魔法でも同程度の硬直ならチェインすると考えてよい。
ダメージレベル3⇒2とつないだ場合と2⇒3とつないだ場合では後者のほうが硬直が短い、恐らく最初に当てたレベルに依存する。

連携サンプル

各魔法で記載するように変更してみた。整理中のものは項目を増やしたうえで追加予定。

カーリアの大剣、アデューラの月の剣
ハイマの大槌
魔術の輝剣
カーリアの円陣、巨剣陣
カーリアの速剣、火付け
たぎる溶岩
ライカードの怨霊
星砕き
魔術の地
岩盤砕き、岩盤発破
火よ!
グラングの岩
竜爪
罪・罰の茨
血炎の爪痕
蟲糸

・整理中

始動連携先1連携先2概要
グラングの岩岩石弾-グラングの岩の怯みの長さを活かしてマイナー魔術を救済
説明
近距離でグラングの岩がヒットしてから岩石弾で追撃するコンボ。岩石弾は射出の直前まで銃口補正がかかり判定も三個分あるので近距離のほうが捌きずらい。
渦巻くつぶて三なる光輪血炎の爪痕古き死の怨霊-遠近どちらにも対応する
説明
持続の長い魔法を先に展開し、相手に詰めさせるか距離を取らせるかを迫る。近づいても離れても対応できる魔法をセットしておくことでどちらでも有利な状況を維持しやすい。
火よ、焼き尽くせ!坩堝の諸相・喉袋堪えきれぬ狂い火-ダウン後の起き攻め
説明
火よ焼き尽くせは発動から動けるようになるまでが短めなので、リソースが残っていれば起き攻めを狙うことが出来る。
古き死の怨霊狙いすます雷撃星砕き-追尾魔法の弱点を補う
説明
古き死の怨霊や渦巻くつぶて等、追尾系は弾速が遅いものが多く回避行動をとらず走るだけでも回避が出来てしまい単体では制圧力が低い。そこに回避を強要出来る魔法で追い打ちをかけることで双方の命中精度を上げることが狙い。追い打ちにはダッシュ以上の弾速、判定の広いものを選択すると良い。
魔術の輝剣三なる光輪-高性能な牽制2種で誘導と削りを兼ねたダメージソース
説明
魔術の輝剣は射程内であれば相手に長時間プレッシャーを与えることができ、そこに回避しずらい三なる光輪を加えることで初動の遅さをカバーしつつ牽制と削りの能力が大きく向上する。どちらも連続で発動できる魔法なので連携もスムーズで他の魔法に繋ぐ時も同様に連携がしやすくコンボの起点としても扱いやすい。この2種だけでもそれなり以上に戦闘がこなせてしまう程に優秀で、安心して他の魔法を積み込める。
魔術の輝剣巨剣陣神託の大シャボンアデューラの月の剣三なる光輪大シャボンで長時間相手に圧を与えつつ揺さぶりをかける
説明
大シャボンは発動の隙こそ大きいものの追尾距離が非常に長く(軽装ローリング9.5回程度)長時間相手にプレッシャーを与える。その間に各種魔法を組み合わせて攻め立てるのが目的。星砕きも相性が良い。
輝石の大つぶてカーリアの貫き-ローリング狩り
説明
輝石の大つぶてで怯む相手へのロリ狩り。最速ローリングに対して丁度カーリアの貫きが刺さり、そうでなくとも大つぶてから素早く繰り出すため避けずらい。輝石の彗星やほうき星は大つぶてより硬直が大きめなのでやや不向き

・その他チェイン・コンボ検討中
岩盤砕き→一段目のキャンセルは他と比べてもかなり早い、衝撃波ヒットからの派生は使えそうだ⇒切り替えがやたら早いので引っ掛けやすく選択肢も豊富。岩盤発破と合わせても中々の活躍。これ純魔なら威力も高いし使えるわ。
ハイマの大槌→堪えきれぬ狂い火…ハメ殺し性能が高そう
グラングの岩→神託のシャボン他…岩の怯みが長いのでロリ狩りも含めればかなりのコンボができそう
神託の大シャボン…弾速とダッシュが大体同じ速度、シャボンと突撃してコンボできそう⇒遠距離戦で強力な魔術
魔術の輝剣…上手いこと繋いでコンボの中継にしたい⇒汎用性と連携性能の塊だった
ゲルミアの怒り…直撃時の威力は素晴らしいものがある、単体でもいい性能だが何とかして繋げたい
※開拓中、実践で検証できたものから追記していきます。

魔法について [編集]

自分なりのスロットの決め方や魔法の選び方を記載。

系統の分類

数多くの魔法がありそれぞれ挙動は異なるが、おおよその系統を分類することでスロットの整理や戦法のパターン化が狙える。

系統説明
射撃系相手に向かって攻撃を飛飛ばすもの。弾速と射程に優れることが多く素直な性能で扱いやすい(ほうき星、雷の槍等
追尾系相手を追うようにゆっくり飛ぶもの。滞在時間からくる拘束力が強みだが永遠の暗黒で無力化されやすく単体では容易に対処されがち(古き死の怨霊、エルデの流星等
範囲系自分の周囲に攻撃するもの。ダメージが大きいものが多いが隙も大きく判定が一瞬だったり消費が激しかったり弱点も多い。(霊園発火、ラダゴンの光輪等
設置系追尾などは特にせず使用後その場にとどまるもの。安全地帯を作ったり相手の動きを制限したりする。(たぎる溶岩、黒炎の儀式等
近接系名前通り近距離で使用するもの。隙が短く小回りの利くものが多い。チェインの始動やそこから繋げる魔法も多い(カーリアの速剣、火付け等
補助系主に自分のカット率や攻撃力を上げたりするもの。(魔術の地、黄金樹に誓って等
その他固有な挙動で独自の扱いを求められるもの(ライカード、永遠の暗黒の怨霊等

役割を持たせる

上で魔法を分類したら次は自分の戦法に合わせて魔法に役割を持たせる。おおよそは以下の通り。

役割説明
近接とにかく持っていることが重要。無いと悟られれば詰めらた時機能停止しかねない。また、咄嗟に出せるように先頭に欲しい。詠唱速度も必要。
牽制相手の詠唱や中距離戦技などの安易な発動を防ぎ、こちらの行動を通しやすくするので重要。また、見せておくことで相手の誘導にもなり間接的に魔法のサポートが可能
近接拒否そもそも近寄られないようにするのが目的。即効性に欠ける魔法も多く切り返しには向かず、先手を打って展開する必要がある。今作は近接職でも中距離攻撃が多彩なので機能しない状況も多い
弾幕主なダメージソース。物によっては牽制などの要素も兼ねる。
バフ戦闘前の自己強化
特殊永遠の暗黒、返報、回帰等どこにも属さない魔法

役割を決めることでスロットの並び順、展開の流れが明確になる。自分の中で決めておくと魔法選びが楽になると思う。

スロットの最適化

分類と役割を決めたら、適した順番でスロットに詰め込む。基本的には若い番号程近接戦と牽制に向き、後ろになるほど中距離戦に向く。コンボを最初に入れると近接戦の処理にもたつくので最低でも1番目はそちらの対処に当てたい。
コンボを狙う際も単純に1から2と順送りでセットする他に5から1に繋ぐこともできるし、1と3のコンボの間に2を用意して状況によって3,4とも連携させるといったことも考えられる。
変則的だが、常に真ん中あたりの番号に戻すクセをつければほとんどの番号にアクセスしやすくなる。
番号によって向くものは下記の通り。

番号説明
1長押しでこの位置に戻るので切り替えが一番楽。近接戦の処理やコンボ後の追撃等に向く。スロットの中でも特に重要な位置。(近接)
2~31は相手の対処に使用するので主要なものは2以降になる。この位置は1の次に切り替えやすいので状況の立て直しや下準備に向く。長押しで初期位置に戻せば以降にセットする魔法との連携も取りやすい。例)3→発動中に長押しで戻して2。(牽制、近接拒否)
4~6この辺りからコンボを意識した魔法や中距離以降の魔法を詰め込んでいく。5番目以降の切り替えはしにくいが、意図してモーションの長い魔法を用意しておけばやりやすくなる。(牽制、近接拒否、弾幕)
7~8サブプラン、上記までで対処しにくい距離への魔法、特に使用頻度の低い魔法を入れる。5,6番位からならコンボも狙える。切り替えが苦手であれば切ってしまうのも手。(近接、弾幕)
9~10バフ、回復、永遠の暗黒など特定ジャンルの対策等を入れる

自分は上記の順で魔法をセットすることが多い、コンボや場面展開をイメージしながらスロットにセットしよう。

連続で使用できる魔法、追撃できる魔法の重要性

上記の性能を有する魔法は同モーションの魔法を続けて使えば最初の紋章が出る部分を省略し、それ以外の魔法でも素早く詠唱に移れる硬直キャンセル性能を持つ。追撃できる魔法は当然だが最終段にはこの仕様が適用されないので一段前まで。

この仕様は魔術⇔祈祷の間でも適用されるので信魔を運用する上では非常に重要なポイントで、フル活用したものが上で紹介している各種チェインやコンボであり最速詠唱に拘る一番の理由。
コンボを抜きにしても迎撃や追撃がしやすい、相手の行動に対応しやすい、場面作りを素早く行える、近接戦に対応しやすくなる…等々利点の塊。魔法メインのビルドにおいて把握しておくことは必須と言え対近接職は勿論の事、同系統と戦う場合でも技量と構築の差が明確に出る部分。

また、自分が調べている中では戦技など魔法以外の行動には適用されない、嵐の刃など戦技側にキャンセル性能があるものはこの限りではない。

魔法の総評

・魔術

名前タメ連射・追撃威力追尾持続硬直(前)硬直(後)汎用性連携
輝石の速つぶて-★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★★★★★★★★★★★★☆★★★☆☆
説明
取り回し全振りの魔術、とりあえず何かする前に撒いておけばいい。当ビルドではカスダメ&面白みがないので使用しないが大抵は高補正値の杖から放たれるので豆粒というには痛すぎる威力になっている。

相性のいい魔法
牽制全般
輝石の大つぶて-★★★☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆★★★★☆★★★★☆★★★★★★★★☆☆
説明
そこそこの威力と取り回しの良さがウリ。連射の特性を持つため他の魔法への移行もスムーズなのでロリ狩りなどに派生しやすく、硬直も短い方なので牽制としてばら撒くにもいい。一部魔法からはチェイン出来ることも高評価。攻略でも扱いやすいのでつぶて系の採用に迷ったらこれ。

相性のいい魔法
カーリアの貫き、狂い火、牽制全般
輝石の彗星★★★★☆★★☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★☆☆☆
説明
つぶて系の上位版である彗星系の魔術。タメが出来るようになったが前後の硬直も大きくなっている。連携も取りにくいがタメでディレイをかけれるようになったので1発目を避けて反撃してくるような相手には刺さる。当ビルドの様な制限がなければ、より瞬間火力があるほうき星を選択した方が良いと感じた。チェインも出来るが相手の癖が大きいのが難点
渦巻くつぶて★★★☆☆★★★★☆★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆★★★★★★★★☆☆
説明
高い追尾性能と持続を誇る魔術。攻略では状況を選ばない使い勝手の良さがあり、対人では追尾性能と連続使用できる特性を活かした牽制とロリ狩りに使用する。
流星群-★★★☆☆★★★★★★★★★☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★★☆★★★★☆
説明
滅びが弱体化してこれがそのままなのはどう考えても調整ミス、それくらい強い。中距離において最強と呼べる性能を誇り、溶岩の魔術との相性もかなりいいのだが主役がコレになってしまうので封印。射程は速つぶて程度なので、術師なら対策を用意したうえで射程外に出るのも有効。魔術の輝剣、永遠の暗黒、古き死の怨霊等の長時間牽制できるものを用意しておこう。

相性のいい魔法
たぎる溶岩、創星雨、魔術の地等…
ハイマの大槌-★★★★☆★★★☆☆★★★★☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆
説明
自分の近くでダウンを取れるのが強い。各種魔法を用いて起き攻めをする際の起点として最高峰の魔術、判定も広く持続も多少あるので引っ掛けやすく反撃もされにくい。振り下ろすのでジャンプを叩き潰せるところも良い。発動時に強靭が付くのでカウンター気味に当てて起き攻めで返り討ちにしてあげよう。

相性のいい魔法
カーリアの大剣、坩堝の諸相・喉袋、堪えきれぬ狂い火等…
魔術の地--☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆
説明
魔法陣の中に限り魔力属性1.35倍の強化を施す魔術。1.35倍は具体的に言うと、知信45のゲルミアの杖でさえ範囲内では知80のカーリアの王笏より上の補正値になる凶悪な数値。陣内の強化という独特な仕様から、相手は引き剥がしに来るのでそこを利用してたぎる溶岩を設置して妨害したり、離れた相手には追尾魔法で追い打ちしたりと変わった戦法を作れる。

相性のいい魔法
魔術の輝剣、創星雨、罪の茨等…
魔術の輝剣★★★☆☆★☆☆☆☆★★★★★★★★☆☆★★★☆☆★★★★★★★★★★
説明
即効性がないのは欠点であるが、そのおかげで牽制としてより強力になっているので見方によっては利点ですらある。中距離~近距離の射程で射角は無制限の極めて広い範囲で睨みを利かせることができ牽制としては最高峰の1つになっている。近接戦においても少ない隙で発動しやすく、回避狩りに後隙のカバーにチェインも可能と汎用性も極めて高い。溜めれば強靭削り100超えの時間差攻撃になる点も強力。この牽制力は魔術の特権、魔術を嗜むなら選択肢の上位に入れておくべき魔術であろう。

相性のいい魔法
カーリアの貫き、三なる光輪、蟲糸等…
カーリアの円陣--★★☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆
説明
戦技版に食われがちな魔術。歩き詠唱と硬直の短さでは勝るので取り回しはこちらの方が上。展開後はプレイヤーの行動に制限がないのが最大の強みで、迂闊に硬直のある行動をしようものなら即向き直って反確を取れる。こういった動きが出来ることで他の行動を通しやすくなることも利点。他の魔法の射出に合わせて向き直ることでダメージを追加したり、直前ロックできる魔法と組み合わせて円陣の維持を意識するとよい。

相性のいい魔法
魔術の地、ラダゴンの光輪、蟲糸等…
巨剣陣--★★★☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
説明
カーリアの円陣の取り回しを悪くして威力を上げた魔術。ダメージレベルと強靭削りも上がっているので発動後の牽制力は上だが、発動時の硬直が大きくなっているのはネック。こちらにも強みはあるので好みで使い分けるとよいだろう。

相性のいい魔法
魔術の地、ラダゴンの光輪、蟲糸等…
カーリアの速剣--★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆
説明
魔術で戦う際、真っ先に選択すべき魔術の1つ。発生の早い近接魔術はこれと速つぶてに貫き位のもので、その中でも連射が出来て各種行動から派生できるので見せるだけで圧を与えられる。相手の迎撃をしつつ逃げた相手に貫きで追撃を仕掛ける、輝剣で立て直す、ローリング回避からの反撃等対応力も高い。

相性のいい魔法
カーリアの貫き、溶岩弾、蟲糸等…
カーリアの大剣--★★★☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
説明
貴重なダメージレベル3の怯みが取れる連続使用の特性持ち。大つぶてや速剣、祈祷なら火付けや黄金の怒り等がチェイン出来るし、単体でもディレイ入力で最速ロリを狩ったり大槌に派生して反撃狩りやディレイ入力が強力。いずれも当たった時の話なので素直な挙動のこれをいかに当てるかが課題となる。速剣で揺さぶったり信魔であれば蟲糸や三なる光輪などで前ロリを誘うとよいだろう、反応が難しく後ろロリに強い貫きと合わせるのも良い。

相性のいい魔法
カーリアの速剣、輝石の大つぶて等…
カーリアの貫き--★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆
説明
最速詠唱で真の力を開放する魔術。これだけの速さがありながら軸合わせが優秀でさらに持続もあるのが非常に強力で、特に後方への回避に対して鬼のような強さを誇る。アップデートにより後隙も改善されておりこの性能を気軽に振っていけるので、近接戦において魔術師を支える魔術の1つになっている。速剣からの派生や大剣との択にも優秀。

相性のいい魔法
カーリアの速剣、ハイマの大槌等…
溶岩弾-★★★☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆
説明
名前通り溶岩の弾を飛ばす火属性の魔法。追尾性能は皆無だが近距離での軸合わせは優秀で、かつ魔術の中では数少ないノーロック使用が出来る点も優秀。判定も持続も並みだが溶岩の魔術の中では唯一と言っていい積極的に攻めれる魔術なので扱いをマスターしておきたい。近距離でヒット出来ればチェインでダメージを稼ぐことも可能。ダメージレベル3、強靭削り65/124をノーロックで飛ばせるこれが弱いわけないのだ。

相性のいい魔法
カーリアの速剣、魔術の輝剣、三なる光輪等…
たぎる溶岩-★★★★★★☆☆☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆
説明
時限爆弾。単体では全く機能しないので他の魔法で誘導する等使用者の工夫が問われる魔術、直撃時のダメージも結構痛く溶岩弾とモーションが一緒なので基本ノーロックのこれ読みの相手に直撃させる事も一考の余地あり。その分当たったとき威力は凄まじくタメ無しで四桁を叩き出す程。ヒット時の怯みはダメージレベル3なので追撃も狙いやすい。

相性のいい魔法
流星群、溶岩弾、蟲糸、エルデの流星等…
ゲルミアの怒り--★★★★☆★☆☆☆☆★★★★☆★★☆☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
説明
突き立てた杖を中心に溶岩をまき散らす。一番威力が高いのは初動の爆発部分なので上手く回避などを誘って当てたい。当てた後は自動的に溶岩の追撃が入るのでトータルの威力は高く、残存する溶岩も他の溶岩の魔術と比べて高めになっているので刺さる相手にはとことん刺さり、癖の強い溶岩の魔術を体現した魔術。何とかチェインか精度高めのロリ狩りができないか模索中だが、これが叶えば凶悪な魔術になると考えている。
ライカードの怨霊--★★☆☆☆★★★★☆★★★★☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
説明
判定の発生まではかなり間があるので牽制などを撒いておかないと止められやすく、適当に歩くだけでも範囲外に出るのは容易なので他の魔法との連携は必須。積極的に攻めてくる相手には強いが飛び道具持ちや消極的な相手には効果を発揮しにくいので他の魔法でサポートしてあげよう。

相性のいい魔法
魔術の地、星砕き、古き死の怨霊、蟲糸等…
星砕き--★★☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★★☆
説明
相手を引き寄せるオンリーワンな性能がウリ、単体での性能は高いとは言いづらくコンボが前提となる。おすすめなのは設置魔法に対しての引き寄せ、低追尾魔法から逃れる相手への引き寄せ、引き寄せからの近接魔法での追撃の3つ。また、逃げる相手に対して回避し損ねる限り延々引き寄せたりも出来る。

相性のいい魔法
カーリアの貫き、古き死の怨霊、火付け等…
怨霊呼び-★☆☆☆☆★★★★★★★★★★★★★☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆
説明
古き死の怨霊の下位版だが、強みの1つであるダメージレベル3を失っており強靭削りも半分程度まで落ち込んでいる。妥協版ともいえる性能だが、低負荷かつ追尾性能は据え置きなので質より量を求めるなら採用の余地はある。
古き死の怨霊-★★☆☆☆★★★★★★★★★★★★★☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆
説明
ダメージレベル3の怯み+高い誘導性能が強み。ただし弾速はダッシュ以下、詠唱見てからタイミングを見て前ロリで回避余裕。下手に中距離戦技で戦う近接職や術師には刺さりやすい。冒頭で述べた捌きやすさは星砕きで判定を押し付けたり、前ロリを輝剣や円陣で牽制しておくと捌きにくくなる。一見高性能に見えるが、実は他の魔法なしでは機能しないコンボ前提の魔術になっている。

相性のいい魔法
カーリアの速剣、流星群、三なる光輪等…
爆ぜる霊炎--★★★☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆★★☆☆☆
説明
当てさえすれば吹き飛ばし+ダメージ床で凍結を狙いやすく、接近も許しにくいので見た目より隙は少ない。魔術の中では起き攻めにも向くのでハイマの大槌からのコンボなどに。
フィアの霧--☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
説明
使用後記載
ティビアの呼び声--★★★☆☆★☆☆☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★☆☆☆
説明
とにかく当たらないことで有名な魔術。最初のサーチ+召喚した骸骨の2回軸合わせが必要な事に加えて、骸骨の誘導が弱すぎるのでまず当たらない。最初のサーチは高低差に吸われやすい事も評価を下げる。黒炎の儀式で閉じ込めたりすれば当てやすくなるが…。現状は趣味でも苦しい性能なのでもう二声位アッパー調整が欲しい所。

・祈祷

名前タメ連射・追撃威力追尾持続硬直(前)硬直(後)汎用性連携
坩堝の諸相・喉袋-★★☆☆☆★★★☆☆★★★★☆★★★☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆★★☆☆☆
説明
単体では燃費が悪く隙も大きい範囲攻撃だが、他の魔法でダウンや怯みを取ってからの追撃で光る。範囲に優れる一度ハマると抜け出すのは困難で、長押し中はなぜかスタミナが回復するので息切れもしにくい。

相性のいい魔法
ハイマの大槌、グラングの岩、火よ焼き尽くせ等
三なる光輪-★★★☆☆★★☆☆☆★★★★☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
説明
祈祷の中で最高峰の牽制力と回避行動の誘発性を持つ。追尾性能は皆無だが判定が大きいので避けにくく、ノーロックを駆使すれば近づく相手には足元に、それ以外は真正面以外で軸ずらし等応用も効かせやすい。前ロリを誘いやすいので血炎の爪痕等で迎撃しやすくなる他、中距離では回避行動をとらせやすいのでこちらの行動も通しやすい。

相性のいい魔法
古き死の怨霊、火よ!等
狙いすます雷撃-★★★☆☆★★★★★★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
説明
走るだけで躱される追尾魔法の補助に最適。回避行動なしではほぼ回避不可なので確実に相手を動かすことが出来るし、詠唱後は瞬時に落ちるのでそもそも避けにくい。

相性のいい魔法
ライカードの怨霊、三なる光輪等
火よ!-★★★★★★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★★★☆★★☆☆☆★★★☆☆
説明
取り回しを悪くして火力の一点に注ぎ込んだ祈祷、溜めの倍率が1.4倍と高めになっている。その威力は素晴らしく、特に溜めは四桁台を平気で叩き出す。とにかく射程が短いので前ロリを誘うか、ステップで潜り込んでくるタイミングに合わせる等工夫が必要。溜めた時のみダメージレベルが3になり一部の魔法をチェインさせることが可能、致命傷を負わせることができるので当てにくいが一発逆転の可能性を秘めた祈祷となっている。

相性のいい魔法
古き死の怨霊、カーリアの大剣、三なる光輪等
血炎の爪痕-★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★★☆
説明
持続はそこそこ優秀で引っ掛けやすいが踏み込みの無さと硬直がやや大きいことが足を引っ張る。特に優れるのはヒット時の有利時間で、ダメージレベル2でありながら様々な魔法をチェインさせることが出来る稀有な祈祷。持続の優秀さから置きには向いているので、他の手札を揃えた上で選択肢の一つとして使用するのが良い。

相性のいい魔法
ハイマの大槌、火よ!等
蟲糸--★★★☆☆★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆★★★☆☆
説明
ダッシュでは避けきれない弾速と追尾性能を持つ。射程は追尾系としては短めで、近距離ではほとんど当たらないので使用する間合いが結構シビア。非常に前ロリを誘いやすいので火付け等で回避狩りしたりが出来、これ本体で怯めばチェインにもなる。直前ロックで挙動を変えることも可能で、背面撃ちの場合発動直後に攻撃判定が出るので迎撃にもなる。

相性のいい魔法
たぎる溶岩、三なる光輪等

小技

基礎技術かな?と思ったが基礎故にかかれないことも多いので記載

名称内容
スロット位置の初期化多くの人が利用していると思うがスロット切り替え長押しでスロットの1番目に戻る。これを利用すると遠い番号の魔法からチェインさせたり牽制などの魔法を即座に振っるようになる。そのため、スロット1番目の魔法の選択は非常に重要。
初期化反撃上記の応用。長押しで位置を初期化しつつ攻撃を回避し、回避終わりに初期位置にセットした魔法で反撃する。これだけなら最初からスロットの位置を合わせておけばよいのだが、魔法で相手の攻撃を誘って回避後の切り返し等でこの小技が必要になる。速剣や火付けを使う際は覚えておきたい。
溜め切り替え魔法の溜め動作中の時間でスロットを切り替える。溜めなしよりも猶予が長いので遠い番号にも飛ぶのも簡単、相手の動きを見ながら次の魔法を選ぶ癖を付けたい。
直前ロック一部の魔法は射出直前にロックをすることで弾道を斜めにしたり、相手の方を向かずに射出ができる。前者は回避タイミングや方向をずらすのに使え、後者は展開した円陣を反応させずに攻撃することが可能となる。
直前振り向き攻撃する直前で向きを変えることにより攻撃方向を悟られにくい、反応が鈍くなる効果が期待できる。円陣と組み合わせたりノーロック射撃とも相性が良い。
ノーロック射撃一部魔法を扱う際の必須科目。判定の広い魔法で回避を方向を読んで狩ったり、設置魔法で相手を誘導する際に使用する。回避先に置く場合は回避先に重ねるより回避前と先の間位に置くと誤差を吸収しやすい。
ディレイ詠唱主に追撃出来る魔法と連続で使用できる魔法で用いる小技。最速で振った場合は基本的に最速ローリングで抜けやすくなっているので、それを狩るためにあえてを入力を遅延する。よく見ている相手には効きづらいのと暴れには弱いので注意。
魔法の要求値不足魔法の要求値を満たしていなければ使用できないが、セットは通常通りできる。使用する時だけタリスマンなどで要求値を満たせばよいのでボス戦だけ黒き剣を使用したい、等の状況で有効。
キーコンフィグPSコントローラーで魔法を切り替える場合↑ボタンで操作するが、ながら切り換えするには非常に触りにくい。触媒のR2(L2)は性能的にまず使わないのでここに割り当てると切り替えが楽になる。

霊薬ついて [編集]

ボス戦や対人等ここぞというときにブースターとして使用する。
・知力瘤の結晶雫:補正値はピークを迎えているため高位の魔術を解禁する用途で扱う。優先度は低め。
・信仰瘤の結晶雫:こちらも同様。エルデの流星はともかく黒き剣は優秀なのでタリスマンを空けたい時に。
・各種属性纏いの割れ雫:対応する属性の威力を1.2倍にする。2種セットして幅を広げるか、1種セットして魔法を偏らせるのが良い。魔力と炎は専用のバフもあるので優先度が高い。
・青色の秘雫:魔術はそもそもの火力が控えめで一撃必殺に適しておらず優先度は低め。
・真珠色の泡雫:生命力が低めなので事故った時の保険に。
・真珠色の硬雫:物理を含めた全属性を15%カット。同じく全属性対応の黄金樹の護りとゆでカニに捧闘の盾を合わせれば軽装マリカでもカット率は40~50%にもなる。

タイマンのあれこれ [編集]

速つぶて、獣の石、流星群は単体で強力すぎるので封印。持っている術師に対して非常に弱くなるので全くおすすめは出来ない。

武器、魔法単体で苦手なもの

・輝石の速つぶて…中距離からわずかな隙で刺しに来るこの魔術は、低強靭低生命力のこのビルドでは致命的。
・夜のつぶて…滅多に見かけないが術師対策の魔法として非常に優秀。コストをある程度無視できるタイマンにおいては速つぶての上位互換と言って差し支えない。
・獣の石…速つぶてよりリーチこそ短いが、軸ずらし不可で永遠の暗黒も効かずコンボを決めるにはやや遠い間合いなので非常に厄介。
流星群…永遠の暗黒を搭載する理由の1つがこれ。得意レンジでは回避が非常に困難。低強靭では容易に怯むため一度ハマると立て直しが難しい。
・束の間の月影…短い隙に長射程のR2派生が特に脅威、当然のように永遠の暗黒も無効。構えてからキャンセルは魔法にも欲しかった。スケーリングは入っているが致命傷が重傷に変わった程度(生命40程度では修正前と変わらずほとんど確2)で強みのモーションはそのまま。
嵐の刃、獣の咆哮…近接武器の間合いから逃れてもこれらが飛んでくるので油断が全くできない。軸ずらしで回避は出来るが当たるととても痛い。
落雷…上記と同じ理由で苦手。こちらは軸ずらしで回避不可。
重刺剣…術師殺しのダッシュR2が最大の脅威で有利な間合いが少ない。ジャンプからのチェインまで持っているのでワンミスが死につながる。

上記を踏まえて苦手なビルド

意外に思えるが刺突武器より同系統の方が苦手。理由は同じ間合いで有利が取れない、近寄らなくても戦えるので近接魔法が腐るなどが主な原因。近接メインの相手は寄ってくるだけチャンスはあるので戦いやすい方。
・信魔ビルド…速つぶてと獣の石を両方扱える時点でもう脅威、対面しないと構成が読めないので安定した対策を立てにくい点も強い。呼ばれた場合、相手も対策ばっちりな事が多いので近接職を意識した構成ではかなり厳しい。
・技魔ビルド…速つぶてと月影が非常に厄介。夜の魔術の採用率も高い。
・大盾持ちのビルド…大抵は刺突武器と併用され、ついでにリジェネやカット率を上げる要素も使用してくることが多い。長期戦になりがちでこちらのペースにも乗せにくく、FPが枯れた状態で張り付かれると何もできず死亡…となりやすい。

今までの勝ちパターン

vs大盾…血炎の爪痕連発(スタミナ削りが高いのかも?)、盾を解除する隙に上手く差し込めた、魔術の輝剣で背後を取れた、問答無用で盾の上から削り倒した
vs重刺剣…DR2を透かして火付け、牽制含めた弾幕で押し切った、相手の間合い管理ミス(先端当てが出来ておらず、こちらの火よ!が直撃)
vs信魔(速つぶて、石持ち)…永遠の暗黒を維持して中距離から削り切った、石を過信したところを隠し持った火付けでとどめ
今のところ一番勝率が低い相手
vs技魔…永遠の暗黒で遠距離魔法を封殺し、こちらは牽制+近接魔法を絡めたコンボで削り切った、弾幕の差で圧倒

その他 [編集]

・今後の方針
方向性は溶岩の魔術+祈祷の軸にした構成がメインなのは変わらない。実用に耐えうるのかは周回プレイで実践中。現在4周目をプレイ中、特に不自由を感じる局面はない。
対人面はチェインと有用な組み合わせを書き続けるが、最近は攻略メインでやや停滞気味。
初心に帰り、しばらく触れてこなかった溶岩の魔術をメインで運用中。

その他ビルド [編集]

ビルド/神秘軸知信ビルド…ゲルミア杖の性能に呆れていたころ作成したビルド、神秘触媒の安定した補正値とステータスの負担が少ないのが売り。魔法全般の評価や組み合わせはこちらに追記していきます。
ビルド/純魔…最初に作成した根本となるビルド、精神50からくる総火力と安定感に最速詠唱を加えたタイプ。お気に入り。
ビルド/溶岩の魔女Lv150…純魔を対人向けにリビルドした全属性対応型の魔術師。そこに祈祷を加えて信魔にもスイッチ出来る。知力80の火力しゅごい…

コメント [編集]

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • しっかりしたコンセプトのもとに作られているのがいいと思う
    2022-07-07 (木) 15:30:45 [ID:vxxaaw1Kruc]
    • 励みになります!
      2022-07-08 (金) 08:30:27 [ID:lfSy7IAooCE]
  • 詠唱速度で戦況が変わってくるので、速ければ速い方が有利になれますよね。分かっているのについ攻撃力の方に振ってしまいがちで詠唱速度を後回しなことが多く、詠唱速度が速かったら…なんてことが多々あります。今後に活かせるよう、参考にさせていただきます。
    2022-07-08 (金) 09:02:47 [ID:MDnHkFlxWG6]
    • 少しでも足しになれば嬉しいです!速射の修正で今までの誤魔化しが利かなくなった分、詠唱速度の重要性は増した感じですね。
      2022-07-08 (金) 10:31:09 [ID:lfSy7IAooCE]
  • 知信キャラで詠唱速度最速目指すの苦しそうですね
    まぁ、知信キャラ使っていると詠唱速度もっとほしいなと思うことは多いが
    2022-07-08 (金) 12:06:52 [ID:9u5fCL99D7k]
  • 自分も最速詠唱発狂伝染を使いたくて知信ビルドを作っている最中だったので参考にさせていただきます!貴公に混沌の導きがあらんことを!
    2022-07-09 (土) 15:27:33 [ID:qLfpGdpVSLg]
    • 狂い火も最速化の恩恵が大きくてより扱いやすくなりますね!メイケイオース‼︎(ID違うけど投稿者)
      2022-07-09 (土) 18:49:26 [ID:T/7sc3ZT8uE]
  • なんと言っても最速詠唱!
    よいビルドですね、私の貴方♡
    2022-07-14 (木) 09:15:23 [ID:EzR7RpItG1w]
    • ありがとうございます♡最速詠唱に愛よあれ!
      2022-07-14 (木) 09:55:37 [ID:lfSy7IAooCE]
  • 連携について参考にしていたので、また見ることが出来て良かった。追加ありがとうございますʕ•ﻌ•ʔฅ
    2022-07-25 (月) 06:44:30 [ID:6njq/X6z1Vw]
    • 色々迷惑をかけてしまいすいませんでした、元通りここで更新していきます。感謝を。
      2022-07-25 (月) 08:43:29 [ID:lfSy7IAooCE]
    • 久しぶりに見にきたら前よりももっと
      見やすさと分かりやすさが顕著になってて
      さすがだなぁと。たくさんこのビルドを
      参考にさせてもらったけど、
      一度最速詠唱と連携を味わうともう抜け出せないわ。
      かなりの良ビルド。
      今後も陰ながらこちらのビルドを応援、
      参考にさせていただきますʕ•ﻌ•ʔฅ
      2022-12-26 (月) 21:56:24 [ID:6wUitZ7MOmQ]
  • このビルドを参考にしながら試してみましたがすごく楽しいですね。そして普通に強い
    2022-11-30 (水) 11:24:29 [ID:bFbjxfkOwc6]
  • 上記のステ振りするとレベル170にならないか?
    150で知信両立させるならどう振ればいいんだ
    2022-12-19 (月) 13:54:46 [ID:OppYcca/esI]
    • 自分で組んで見りゃ分かるが爛れマリカ含めた数値だぞ
      作成者は優しいことに早々に対処してくれてるようだけども
      2022-12-19 (月) 19:02:26 [ID:6IWwFX.lwvI]
      • そういうことね
        見落としてたわ、ありがとう
        2022-12-20 (火) 00:36:55 [ID:OppYcca/esI]
    • 魔法や祈禱のコメント欄に色々情報書いてくれてるの多分このビルドの作者さんですよね。助かります
      2022-12-20 (火) 08:13:17 [ID:SQLpq0Zz0K6]
  • 技信魔作ってるんで、このビルド見て励みになりました
    質問なのですが、技量は1つちょろまかして39ではやはり連携性能に支障が出ますか?
    持久にあと1だけまわしたくてしょうがないw
    2023-01-23 (月) 10:09:28 [ID:qvWt96yFiLI]
    • コメントありがとうございます。技量39であればチェイン含めて支障はほぼ無いと思いますよ。欲張って65、66…とかまで落とすと余裕のないチェインから影響が出てくると思います、別ビルドがそんな感じなので。
      万が一を恐れて最速にしている所もあるので、生まれ変わりの素材が貯まったら具体的な数値を調べてみようと考えています。
      2023-01-23 (月) 10:51:21 [ID:81R/SWBSQPc]
      • アドバイス有難うございます、早速試して見ようと思います
        やってるうちに翼の鎌やら死かき棒やら持ちたくなってカツカツなステがさらにヤバく。。
        でも、技信魔楽しいですねw
        2023-01-23 (月) 13:20:08 [ID:qvWt96yFiLI]

コメント
利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください