スポンサーリンク

通常版は古き混沌ページへ

古き混沌(ハイスペック版)

主聖堂の封印を解くと来ることができる。

エリア攻略

入口〜

入るとすぐに扉から灼けたロイエスの騎士が出現してくる。
出てくる数は決まっているが、次々と出てくるので数を増やさないうちに出来る限り倒すと良い。
敵を全て倒すと灼けた白王が出現する。

 

それぞれ3つの扉から同時に出現、第三波の殲滅後に白王と第四波が出現する。
出現する個体は大剣、長斧、戦槌、呪術の火の4種。
扉と出現する個体の種類は決まっており、右は長斧と戦槌、左奥は呪術の火と戦槌、左手前は大剣と戦槌で固定。

 

凍てついたエス・ロイエスでロイエスの騎士を解放していない場合は、
ボス戦に入っても雑魚敵の灼けたロイエスの騎士が扉から出現してくる。
ロイエスの騎士を解放している場合は扉を封印してくれるので敵が出現しなくなる。
扉の数は3つで初期状態ではロイエスの騎士は1人、よって2人解放すれば敵は出現しない。
ロイエスの騎士は全部で4人なので、4人目を解放した場合は余った一人がボス戦で戦ってくれるようになる。

 

ボスを倒した後に白王の冠を拾うことができる。

イベント

ロイエスのソウル

ボスのお供として出てくる灼けたロイエスの騎士は「ロイエスのソウル」等をドロップする。
ロイエスのソウルは灼けた白王を倒した後に主聖堂にてアルシュナに話しかけると、
ロイエスのソウルの所持数によってアイテムがもらえる。

 

マラソンする場合は灼けた白王を倒さずに主聖堂の召喚NPC2体を引き連れて、頃合いを見て死に戻ると良い。

奇跡「家路」を入れておけば召喚NPCがいても篝火に帰還できる。
信仰が18(吸香で最低10まで下げられる)以上必要。

ロイエスの騎士達は敵のターゲットになりづらいようなので一人で行くと囲まれやすい

 

灼けた白王を倒した後でも灼けたロイエスの騎士は出現するが、その際は敵沸きに上限がある。

ロイエスのソウルは霊体でも入手が可能であり、
篝火の探究者をくべなくとも、白霊として召喚されればドロップを狙える。

 

火の熱が高いほどロイエスのソウルをドロップする確率が上がることが確認されている。

ボス攻略

灼けた白王

 
 

出現する敵

名前ソウルドロップ備考
灼けたロイエスの騎士(大剣)ロイエスのソウル
灼けたロイエスシリーズ
灼けたロイエスの大剣
灼けたロイエスの盾
灼けたロイエスの騎士(長斧)斧はドロップしない
灼けたロイエスの騎士(戦鎚)ウォーハンマーはドロップしない
灼けたロイエスの騎士(呪術の火)呪術の火はドロップしない
灼けた白王白王のソウル

※灼けたロイエスシリーズ:灼けたロイエスの兜・灼けたロイエスの鎧・灼けたロイエスの手甲・灼けたロイエスの足甲

 

コメント

コメントはありません。 Comments/SotFS/古き混沌?

スポンサーリンク


コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください


最終更新: 2021-02-27 (土) 19:33:59