スポンサーリンク

奴隷騎士ゲール

協力NPC

無し

ボス情報

出血出血耐性は約300。
毒耐性は約300。
冷気冷気耐性は約200と低め。
パリィ×パリィは不可。
バックスタブ×バックスタブは不可能。
体勢崩し攻撃が数回当たると怯む。
ヘッドショット判定のある攻撃を頭に1~数回?当てると頭を抱えて怯み、致命攻撃が可能。
受付時間がかなり短く、受付開始の効果音も発生しない

毒や冷気が有効だが、第二形態への移行時に状態異常が完治する。
ただし、完治後に再び狙う分には問題ない。
なお、攻略本によるとHPは第一形態(5584)、第二形態以降(15037)で区別されている。
状態異常のダメージは各形態の最大HPを参照する模様。

1周目2周目
HP
ソウル120000240000

攻撃パターン

HPの残量により3段階に形態変化。
各形態で攻撃パターンが大きく異なり、見極めるには慣れが必要。

HP100%~60%まで

HP60%~HP40%まで

ムービーが挟まれ、闇のオーラを纏い攻撃パターンが大きく変化する。
以後は闇属性ダメージへの耐性が上昇する。他の属性(魔・炎・雷)への耐性は変わらない模様。
スピード重視の第一形態に対し、全体的なモーションが遅いので対処法を変えること。
 

HP40%~HP0%まで

BGMが切り替わり、怨念放出と共に第三形態へ移行する。
第二形態のモーションが強化されたような攻撃パターンとなる。
各種攻撃後のマントによる追撃も健在。
 

攻略

特徴

アリアンデル絵画世界にも登場したNPC奴隷騎士ゲールと同一人物。
小人の王たちの暗い魂を貪り、元の姿とは似ても似つかぬ巨躯の怪物へと変貌している。

HPが非常に高く、深淵の監視者のような地を這う攻撃やジャンプ攻撃などを多用する。
また初戦時はともかく、再戦時以降は地形の起伏により武器のリーチを読み誤り易い。
ただこの起伏のお陰でゲールの攻撃が空振ることもある。
ダメージで怯みやすいのと、細かい隙が多いので直剣など振りが早い武器だとチャンスを活かしやすい。
ほとんどの攻撃が盾受けできるため、受け能力の高い盾があると有利。
非常に硬いので長期戦になるが、ヒット&アウェイを意識して少しずつ削っていこう。

なお、亡者扱いらしく、亡者狩りの大剣による亡者特攻が入る。

HP100%~60%まで。狂乱モード

正気を失っている為、力押しで攻めてくる。
主に地を這いながら、軽快なステップで攻撃を仕掛けてくる。
攻撃は激しく高威力。特に横振りの攻撃範囲が広くて予想以上に届く事も。

ただ、攻撃出来る隙も多く、ガードや回避にも余裕があるので難易度は高くない。
左右に剣を振り回してからジャンプ攻撃などのトリッキーな動きに注意すれば問題ないだろう。
ガード不可の突進突き刺しやジャンプ攻撃が特に狙い目。しっかり回避して攻撃を与えていくと良い。

HP60%~HP40%まで。正気?モード

正気を取り戻したのか、力とスピード重視の戦い方から一変。
自身は積極的に移動せず、相手との距離に合わせた攻撃を仕掛けてくるようになる。

近距離では大剣+マントによる同時連続攻撃を行う。
攻撃の溜めが長く、距離を取ると連続攻撃を最後まで出さない場合も多い。
また、剣の軌跡をなぞるようにダメージ判定のあるマントの追撃が入る。
範囲が広い為、振ってきた方向とすれ違うように回避しないと引っかかりやすい。
ただ、次の攻撃モーションに移るまでの隙が大きい。

直剣系ぐらいなら、こちらの攻撃中に攻撃モーションに入っても回避が充分間に合う。
回避後はゲールの攻撃後の隙をついてダメージを与えていき、怯んだらさらに追い打ちとして1発殴っておこう。
殴りすぎによるスタミナ消費には注意。

遠距離は瞬間移動や遠距離攻撃を多用。瞬間移動から出現まで間があるので慌てないように。
クロスボウ連射や白教の輪は距離に関係なく使用。前者は盾を構えて左右のどちらかに移動。
後者は前転回避か物理100%盾でガード。後は飛んだ反対方向に移動すれば安全。
どちらも近距離なら攻撃チャンスだが、弱のけぞり+複数ヒットするのでアイテム使用時は特に注意。

HP40%~HP0%まで。暴走モード

ゲールが苦しみ出した後、爆発と共に大量の怨念を飛ばしてくる。
爆発にも怨念にもダメージ判定があるので、苦しみだしたら下がって回避しよう。
怨念はこちらへ向かって少し誘導し、着弾地点にはしばらくすると落雷が落ちるので注意。
爆発後は必ず横に回り込んでからの大ジャンプ斬りを繰り出してくる。

この形態では連続攻撃がより激しくなり、積極的に距離を詰めてくるようになる。
しかし攻撃パターン自体はそれ程多くないので、モーションを覚えるのは比較的簡単。
下記の連続攻撃の終わり際が主な反撃チャンスとなる。軽い武器なら2~3発入る。

 

・右薙ぎ(or 叩きつけ or 回り込み大ジャンプ斬り)→ 左薙ぎ → 突き
突きに合わせて前ロリで懐に潜り込む。横ロリや後ロリでかわすとマントに引っ掛かりやすい。
突きまで派生しない場合は手を出さない方が無難。

・怨念放出 → 回り込み大ジャンプ斬り
怨念放出後に確定で使ってくるため、タイミングを掴みやすい。
こちらもマントに引っ掛かりやすいので、前ロリからの反撃推奨。

・叩きつけ → 宙返り斬り
宙返りに前ロリを合わせて、後ろを取るような形で反撃する。
宙返り+クロスボウ連射パターンの場合は追加でもう一撃来るので、それに狙いを定める。

・構え三連攻撃
構えモーションが見えたら即後ろに下がって、ゲールの動きが視界に入る様にする。
二撃目の怨念弾を後方ローリング等でかわしながら距離を取れば、三撃目に対処しやすい。
距離が離れていると三撃目は届かないので、反撃or回復のチャンス。

どうしても勝てない場合

とにかく堅いボスだが、何と割合ダメージが発生する毒系や冷気が苦手。
エンチャント可能な毒武器や変質毒武器か、冷気武器+炎属性武器を用意するだけで難易度が変わる。
第二形態で状態異常が完治するものの、もう一度発症させれば問題ない。

それでも勝てない場合。広大なエリアと地形を利用した毒系スリップダメージで削りきる方法が有効。
廃墟の残骸を盾に、語り部の杖の戦技「毒の胞子」などを使用して逃げまわるだけ。
第二・第三形態は安定して壁越しに暴れてくれるので、よく動き回る第一形態さえ切り抜けられれば
障害物を盾に毒を与えつつ、容易に時間を稼ぐ事が出来るだろう。壁を貫通してくる白教の輪には注意。
なお、毒系ダメージの威力は 毒の胞子>猛毒>毒 となっている。
毒の胞子は毒扱いであり、毒と猛毒は併用可能。

ただしマルチプレイ中に霧系の攻撃を乱発すると、他のプレイヤーの視界を制限してしまうので注意。
マルチプレイではゲールの矛先が固定されず、霧の中に誘導しつつ発症まで留めることは難しい。
とは言え、毒の胞子によるスリップダメージは大きく、撃破に貢献するのも確かである。
毒派生のグルーの腐れ短刀などで数回攻撃し、発症までの時間を短くするのも一策。

※下記は Regulation Ver 1.32 より使えなくなった戦法(折り畳み済)

毒と凍傷がよく効くので、瞬間凍結や冷気属性付きの武器を使い凍傷状態にさせてから、猛毒の霧にて毒状態にさせ、ムチの戦技痛打を何度か当てると簡単にスタミナ切れによる棒立ち状態にする事ができる。

棒立ち状態になったら効果が切れないように注意しつつ、痛打で痛め付けるなり、さらに語り部の杖で毒にするなり、致死の白霧も合わせるなり、お好きなようにどうぞ。

第一形態から第二形態へ移行しても、落ち着いて上記の方法を繰り返せば完封できる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 第二形態からのジャンプ射撃とか避けるのも含めて全部右斜め前ローリングが避けやすいな
    2018-06-29 (金) 22:14:22[ID:B2nzyFfFnCU]
    • ありがとう。まさにコレで勝てた。今まで汚い手しか使わなかったけど正攻法が一番楽だった。
      2018-07-03 (火) 22:01:19[ID:iTuysHQOgHg]
  • やっぱコイツは直剣でやるのが一番だな、できればトゲ直が良い。ジャンプ攻撃後に2~3発ずつ地道に当てていけば出血入るし。
    2018-07-04 (水) 16:06:42[ID:iJLqFezc74k]
  • 颯爽と現れて助けてくれたあのカタリナ騎士を俺は忘れない
    2018-07-07 (土) 16:22:22[ID:5EWA00YpJCs]
  • 頼む、頼むからコイツ相手に呪術系やめてくれ。着弾後も、後ろから投げられてもとにかく見づらい
    2018-07-07 (土) 19:51:30[ID:KciMhFa9QTs]
  • クッソ妄想なんだけど、雷降ってくるのは神の呪いのせいで、ゲール爺に効かないのは手に入れた暗い魂が強すぎるせいじゃないかと思えてきた
    2018-07-09 (月) 18:44:14[ID:KbcUciOT1u2]
    • 実はゲール戦の雷は神のそれとは色が違うんだなぁ。どちらかといえばブラボの雷に似てる。おまけに落雷直後は地面に黒いモヤモヤが出てるから、ゲールが操っているor暗い魂が呼び寄せているとも考えられるな。あるいは神の業が暗い魂によって捻じ曲げられているとか?はたまた上位者的な何かがこの場所に迫っていたのか?あの雷はちょっと意味深だよな。何せ曇り雲によって戦闘後もずっと”太陽を隠した”シチュエーションだし・・・。
      2018-08-14 (火) 02:53:23 New[ID:hZvg3Fmp1rc]
      • 確かに雷の色が黄色や橙色じゃないから神々のものとは違うのかも、でもあの雷って実はゲール爺にも当たり判定ある(ダメージ1ケタだけど)から、操っている説より暗い魂が呼び寄せた説の方が濃いね。
        2018-08-14 (火) 18:25:21 New[ID:ZXjbPnlyvUI]
  • 動きの派手さとかはあるけど凄く基礎の詰め合わせって感じのボス、戦ってて楽しかったわ
    2018-07-17 (火) 22:24:26[ID:oNFFP5xhC2Y]
  • 吹き溜まりに先回り助言はまだ分かるが、フィリアノールに秘匿されてたはずの小人の王共に先回り謁見は一体どういう理屈なの…
    2018-08-02 (木) 21:03:33[ID:BKB7m2JHKz6]
  • 体力が多いからって大剣で挑んでたが、直剣で一度に2発づつ入れるほうがはるかに効率的で硬直によるピンチも防げて言うことなし。変えた途端に余裕もって勝てたわ。
    2018-08-04 (土) 07:34:00[ID:F9D.KR0.1xE]
    • 粗製ロンソあれば十分ですし
      2018-08-04 (土) 07:49:23[ID:uqGnpClUORA]
  • ホストなら水銀使おうが語り部使おうが文句言わんが白で呼ばれて水銀毒使うウンコマン死んでほしい
    2018-08-10 (金) 22:52:30[ID:1WijREKUpbM]
    • 他人の戦い方にまで拘りがあるなら野良はやめた方が快適だぞ。
      2018-08-11 (土) 13:41:25[ID:Aon1ZzQdF8Q]
      • ホストが死ぬから言ってんだが
        2018-08-12 (日) 02:53:52[ID:1WijREKUpbM]
      • 視界の邪魔になるってことかな?自分がホストなら決別するって選択もあるし、白ならホストが受け入れてるならそれでいいでしょう。ぶっちゃけ霧の類があっても死なない人は死なないし死ぬ人は死ぬし…
        2018-08-12 (日) 16:08:51[ID:Aon1ZzQdF8Q]
    • 難易度が上がって俄然やる気が出るワイは変態ですか?(ふんどし履きながら)
      2018-08-15 (水) 08:45:53 New[ID:9T1tcGyFgOw]
  • スリップダメージ系ってどこまで有効なんだろう、マルチだと霊体召喚のHP増加分に見合ってない気がする 高周回っぽい所だと毒で削り切る前にホストや白霊が逆に削りきられてる場面が多い
    2018-08-14 (火) 14:44:17 New[ID:HTYY33snOV2]
    • 毒・猛毒・語り部は効く奴には相応の効果はあるけど相手を選べと、水銀はそもそも当て続ける必要がある時点で選択肢に入らないわ動き回る上に一発もらったら即死な相手に水銀焚かれたら普通に正気を疑う
      2018-08-15 (水) 13:04:37 New[ID:6mclgoeNdm2]
    • 参考までにカンストソロでの毒ダメージは、毒矢が8 毒派生・毒霧・毒投げナイフによる毒が12 猛毒が29 語り部戦技が46ですね。腐れ松脂だけが特殊でして、第一段階ではダメージ21の毒と12の毒が重ね掛けされているように見え、更に第二段階に移るムービーを挟んでもダメージ21の毒が持続します。正直通常の毒ではやや力不足ですけど、それ以外は毒にするのに手間取りすぎなければ実用性はあるかと思いますよ。ただ霧系は上のほうでも言われているようにタゲを取らない上に視界を悪化させるんでホストや他の霊体に負担がかかり、削りきられる要因にもなりかねないってことで、個人的には手数を稼げる武器に腐れ松脂がおすすめです。長文失礼しました。
      2018-08-15 (水) 15:42:35 New[ID:RIki4EWt942]

コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください



最終更新: 2018-07-15 (日) 18:37:40