スポンサーリンク

妄想談義板

注意事項

注意事項を一読した上でコメントするようにしましょう。
不適切な書き込みは削除、悪質な場合は投稿・閲覧の禁止制限を取ることがあります。

利用方法

解説

コメント

過去ログ:
妄想談義板/ログ1(2016/09/08~2017/06/23)
妄想談義板/ログ2(2017/06/23~2022/06/18)

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • 3週目の世界
    2022-07-26 (火) 04:48:44[ID:MVGogaP3MTg]
  • 大槌「麻袋」 血の染み付いた大きな麻袋。武器としては用を成さない代物のはずだが、とある後ろめたい目的を持つ者にとっては大いに役立ったという。 戦技は「人攫い」袋を大きく開いて襲いかかり、相手を中へ閉じ込める。そのまま一定時間移動でき、袋を振り回して攻撃したり、または遠くへ放り投げることができる。 攫う目的を忘れ去った亡者にとって、もはや袋の中身がどうなろうと知ったことではない。
    2022-07-26 (火) 04:54:16[ID:MVGogaP3MTg]
  • 奇跡「巨人化」 遠い異邦に伝わる古い奇跡。一定時間、自らをソウルの巨人体へと変え、敵を薙ぎ払う。 小人の身でありながら神族の魂を宿した彼の者は、国を襲った闇竜を雷ではなくその拳によって打ち倒したという。
    2022-07-26 (火) 05:28:02[ID:MVGogaP3MTg]
  • 奇跡「惜別の血涙」:罪の女神ベルカの信奉者、その中でもとりわけ狂信的な一派の間で密かに伝え継がれてきたという秘儀。 味方の霊体が死亡した時に発動し、一定時間自身の攻撃力を大幅に上昇させる。なお「惜別の涙」と重ねがけはできない(後からかけた方に上書きされる) 兄弟を奪った最も卑しき罪人に、女神は凄惨な罰の執行者を遣わせる。
    2022-07-27 (水) 00:48:27[ID:X0xPQRLEOAA]
  • 魔術「澱みの偽霊」 語られてはならない深淵の呪儀。暗いソウルの澱で出来た霊体を召喚し、従者とする。 それは根源の理に背いた贋造の霊魂である。 名付けてはならない。眼を合わせ続けてはならない。それがいかなる赤子よりも無垢な眼差しを向けてこようとも。
    2022-07-27 (水) 08:54:39[ID:MyFo83ivJ4M]
    • 概要:自分の分身をNPC白霊化(体色はソウルの大澱のように青黒い)する魔術。偽霊が召喚されている間はFPが徐々に減少していく。 詠唱時の装備やセットした魔法、元ステータスに一定の倍率をかけたもの(0.3倍〜1.0倍)が偽霊の能力として設定される。 術者の信仰によって偽霊のステータスが、理力によって知性※がそれぞれ上昇する。 ※偽霊の行動AI。理力が低いと敵MOBと同じような行動AIになり、攻撃を避けなかったり地形を無視して一直線に突っ込んで落下死したりする。逆に理力が高いと、敵の弱点属性を突いたり、相手によってはパリィさえ決めたりとスマートな戦い方をするようになる。ジェスチャーにお返しもしてくれる。
      2022-07-27 (水) 08:55:21[ID:MyFo83ivJ4M]
    • 小ネタ:隠れた仕様として、偽霊には敵の「魅了」が効いてしまう。ただし条件は通常のMOBにかける場合とやや異なり、魅了が命中する度に毒や冷気と同じような隠れた蓄積ゲージが溜まり、一定値を超えると敵側に寝返るというもの。通常の攻略道中においてMOBが魅了を使ってくることはまずないが、侵入してくるPC闇霊に使用される可能性がある他、特殊な例として吹き溜まりにいる「砂の呪術師ゾーイ」がHPをある一定値下回った時に使用してくる場合がある。周回数によっては一撃で寝返らされてしまうことも。
      2022-07-27 (水) 08:55:51[ID:MyFo83ivJ4M]
  • 点字聖書「黒い白紙聖書」 何の生物とも知れない皮で装丁された、出自の不明な書物。中は何も書かれていない黒い紙が綴じられているのみで、題すらも窺い知れないが、その装飾や作りは点字聖書の様式に沿っている。
    2022-07-27 (水) 08:57:30[ID:MyFo83ivJ4M]
    • 概要:イリーナにもカルラにも渡せず「火防女の瞳」を持った状態の火防女にのみ渡すことができる。イベントを進めることで火防女が解読し「深海の写本」となってプレイヤーに返ってくる。
      2022-07-27 (水) 08:58:05[ID:MyFo83ivJ4M]
    • 点字聖書「深海の写本」 その装丁に使われていたのは蛆人の皮であった。火防女が瞳を通じて見出した記述は、喚び起こすべきでない何かを喚び寄せる狂った祈りに満ちていた。 それは人智を超えて冒涜的であり、決して語られるべきではない禁忌の御業としてかつて焚書に処されたはずの偽典だという。 しかしむしろそれ故だろうか、火のない灰と同じように蘇った。
      2022-07-27 (水) 08:59:24[ID:MyFo83ivJ4M]
  • 奇跡「ファランの狼煙」 最初期の不死隊が用いた奇跡。 霧の中に白いサインを呼び寄せる。 窮地の戦士が求めるのは助言ではなく剣なのだ。
    2022-07-27 (水) 11:08:36[ID:R4vuZSfkdJI]
    • 概要:エリア内の白サインをボス霧の中に移動させ、戦闘中でも白霊を呼べるようになる。ただし通常とは違って小サイン状態になり、呼ばれた白霊には以下の制限がかかる。 ・制限時間あり ・所持エスト数の減少 ・攻撃力の低下(他にいる霊体の数によって変動) また、当然ながら薪の王状態でなければ白サインは見えず、霊体の召喚上限数を超えては呼べない。
      2022-07-27 (水) 11:09:24[ID:R4vuZSfkdJI]
  • 呪術「混沌の灼光」 滅びゆくデーモンが自らの宿命を呪い見出した終焉の呪術。 混沌の炎を圧縮し、全てを薙ぎ払う熱線として解き放つ。 愚かにもこの業を求める者はもはや呪術師の領域を超え、デーモンそのものへと成り果てかねない。むしろそれこそが滅びゆく彼らの望みであっただろうか。
    2022-07-27 (水) 15:24:01[ID:R4vuZSfkdJI]
    • 概要:デーモンの王子が使用したビーム。呪術版ソウルの奔流とも言える。あちらと比べて攻撃範囲は狭いものの、追加入力で薙ぎ払いができる(スタミナを大きく消費)
      2022-07-27 (水) 15:24:44[ID:R4vuZSfkdJI]
  • 矢「蛆食いの矢」 蛆が巣食った矢。人の頭に打ち込めば、そこに蛆を寄生させることができる。 かつて「卵頭」と呼ばれた異形の不死人が、自らの信仰を伝道するために用いたという。
    2022-07-27 (水) 16:07:51[ID:R4vuZSfkdJI]
    • 概要:闇霊を含む特定の敵にヘッドショットさせるとその頭に蛆を産みつけられる。一定時間経過後に出血ダメージを与え、卵背負い(初代ダークソウルの卵頭状態)にさせる。 なお、これを食らった闇霊が死なずに元の世界へ帰ると、死ぬまで卵背負いの状態でいられる。維持するメリットは特にない(取得ソウル半減のデバフがつく)
      2022-07-27 (水) 16:08:31[ID:R4vuZSfkdJI]
    • 小ネタ:大書庫のロウ頭司祭に打ち込むと頭の蝋が剥がれて本の呪腕からダメージを受けるようになる。また「砂の呪術師ゾーイ」に打ち込んで卵頭が発現すると、お供の奴隷たちが逃げていく。
      2022-07-27 (水) 20:25:04[ID:F8aktiEhHYk]
  • 魔術「月光の蝶」 かつて白竜が成した結晶生物の秘術。ソウルの結晶で造り出した蝶を従える。 蝶は一定時間、使用者の周囲を浮遊しながらソウルの光を放つ。 幾多の犠牲は時の陰に隠れ 今や幻想と神秘ばかりが伝えられる。 その裏面を見せず回る月のように。
    2022-07-28 (木) 10:43:59[ID:7ZBoai/KazE]
    • 概要:召喚された月光蝶は、ランダムで2種類の攻撃を行う。一つはやや低速で誘導するソウルの槍、もう一つは弾速が早く直線的なソウルの光。どちらも攻撃前にそれぞれの予備モーションがある。また、敵が使用する浮かぶ混沌と同じく一定の体力を持ち、攻撃を受けすぎると消滅する。攻撃モーション中でなければ、術者のローリングに連動して回避モーションを取るが、無敵時間はプレイヤーより短め。
      2022-07-28 (木) 10:44:52[ID:7ZBoai/KazE]
    • 初代の月光蝶をお供にしたいンゴという妄想
      2022-07-28 (木) 10:46:41[ID:7ZBoai/KazE]
    • フレーバーうっま、惚れたわ
      2022-07-28 (木) 10:56:23[ID:c1sYDyXZXM.]
  • 魔術 「結晶這い」 大喰らいの結晶トカゲの技を模したもの。自らの周りに結晶を這わせる。 小さき結晶トカゲは抵抗すらできず、ただ蹂躙の的となった。故に彼らはソウルを食らい、復讐のために結晶を纏った。忌むべき蹂躙にただ復讐を。
    2022-07-29 (金) 23:01:23[ID:VhMsHql0iJw]
    • 結晶トカゲをフォースとか火炎噴流でいじめてたらかわいそうになったから
      2022-07-29 (金) 23:05:10[ID:VhMsHql0iJw]
  • 霧の騎士の兜 旅をしていたとある騎士の兜 彼は霧のように各地に現れ、消えたという 使い古されボロ布になったフードに隠されたそれは 炎に強い黒鉄の堅固なものだが 随所に施された工夫により防御力に対し意外なほど軽い 霧の騎士の鎧 旅をしていたとある騎士の鎧 彼は人々を時に救い、時に殺しつくす、相当な気分屋であったという 使い古されボロ布になった外套に隠されたそれは 炎に強い黒鉄の堅固なものだが 随所に施された工夫により防御力に対し意外なほど軽い 霧の騎士の手袋 旅をしていたとある騎士の鎧 彼は高い筋力と技量を持ち、黒く冷たい特大剣と、デーモンのように燃え盛る拳を振るったという 元は獄吏の用いていたようなただの手袋であり、防御力はあまりない しかし、戦い続け補修し続けたからか、属性には一定の防御力を発揮する 霧の騎士の足甲 旅をしていたとある騎士の足甲 彼は晩年、ある虜囚を救い、人を超えた英雄に仕立て上げたという 革とボロ布のズボンに軽い鉄板を当てたもので軽さに対し炎と打撃にそれなりの防御力を発揮する 霧の特大剣 霧の騎士の特大剣 グレートソードの一種 元は聖堂騎士たちが使っていたものであろうが、彼の改修により技量補正が高く、さらに内に冷気をため込んでいる 戦技は「霧の冷気」 独特の構えからの通常攻撃で、敵を叩き付け 強攻撃で回転切りと共に周囲に冷気をばらまく 靄の栄螺殻 デーモンのごとき炎をまとっている、拳で殴打するための武器 両手持ちは左右両拳に装備される 霧の騎士はもう一方で敵を凍てつかせ、これで焦がしつくす戦法を好んだ 戦技は「我慢」 左右の拳を合わせ強靭度を一時的に増す また、我慢中は被ダメージと、攻撃によるスタミナ消費を軽減する
    2022-08-14 (日) 04:39:21[ID:FWzaoexdsCA]
    • ごめんなさい、間違ってすごい見にくいまま投稿しちゃった...武器だけ下に改めて書いておきます......
      2022-08-14 (日) 04:43:11[ID:FWzaoexdsCA]
    • 特大剣「霧の特大剣」 霧の騎士の特大剣 グレートソードの一種 元は聖堂騎士たちが使っていたものであろうが、彼の改修により技量補正が高く、さらに内に冷気をため込んでいる 戦技は「霧の冷気」 独特の構えからの通常攻撃で、敵を叩き付け 強攻撃で回転切りと共に周囲に冷気をばらまく
      2022-08-14 (日) 04:44:19[ID:FWzaoexdsCA]
    • 拳「靄の栄螺殻」 デーモンのごとき炎をまとっている、拳で殴打するための武器 両手持ちは左右両拳に装備される 霧の騎士はもう一方で敵を凍てつかせ、これで焦がしつくす戦法を好んだ 戦技は「我慢」 左右の拳を合わせ強靭度を一時的に増す また、我慢中は被ダメージと、攻撃によるスタミナ消費を軽減する
      2022-08-14 (日) 04:45:06[ID:FWzaoexdsCA]
  • 大槌「先祖の冒涜」 ある者が先祖の守ってきた墓石を砕いて大槌とした。数百年来守りしてきた墓を破壊したため、先祖のソウルが凄まじい怒りを以て具現化し、墓石が闇の力を纏うようになった。この大槌を用いる者はいつか人知れずその姿を消し、後には大槌のみが残るという。/戦技「先祖の怒り」 自らの集中力を込めて霊魂の怒りを追うものたちに変える。追うものたちの展開数は自らの理力に依存する。/筋力・理力補正あり。信仰が一定以上あると性能が劣化する特殊仕様あり。
    2022-08-14 (日) 10:54:58[ID:tA0uzWYa2bk]

コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください



最終更新: 2022-07-26 (火) 04:48:07