スポンサーリンク

カリムのイーゴン

イリーナに仕えているカリムの騎士。今作の筋バサ枠キャラ。
見張っている牢を覗くと反応が変わり、囚われの身であるイリーナについて語る。
イリーナを従者にすると「お前があの女を庇護する限り、俺はお前の味方だ」と告げ、牢前からいなくなる。
なお、先に牢を覗く、またはイリーナを従者にしてから初会話を行うと、それぞれ専用の特殊台詞がある。
ただし、スキップされる台詞が多いので初見では避けた方がよい。

頑丈さと強靭度の高い打撃武器、周囲を吹き飛ばす戦技が特徴。
ガードを簡単に弾き飛ばすが、動き回る相手にはめっぽう弱い。

※ネタバレ

カリムの騎士は生涯一人の聖女に仕えるが、彼が仕えたカリムのイリーナは弱い聖女であった。
カリムからロスリックへと旅し、手筈を整えたものの火防女にすらなれなかった。
イーゴンはイリーナを"壊れた女"と称して牢に幽閉するが、それでも彼女の騎士を辞さなかった。

イリーナが主人公の従者になった後は、一度だけ様子を見に来る。
祭祀場を「頭のおかしい爺婆と陰気な落伍者の棺桶」「いかにもあいつに相応しい場所」と皮肉るが、
彼の言う"庇護"からは外れていないらしい。
その後、ロスリック城のボス"竜狩りの鎧"を撃破すると、イリーナがいた牢で事切れている。

イリーナに闇の奇跡を語らせた場合、彼女を連れ去って灰の墓所方面に移動する。
後を追うと「カリムの騎士は腐った裏切りを許さぬ」と断じ、エスト瓶が空の状態で挑んでくる。
イーゴンの死に気付かないイリーナは祭祀場へと連れ戻され、闇の奇跡を語り尽くして完全闇堕ち状態となる。
以降のイリーナは触れても反応を示さなくなるが、
モーンの手甲を装備して彼女に触れると、彼らの交わした"約束"について知ることができる。
イリーナの介錯である。
火防女になり損ねて闇堕ち状態にあったイリーナは、自らの介錯を願った。
しかし、生涯一人の聖女に仕えるカリムの騎士としてそれに応じられるはずもなく、牢に幽閉したのだろう。
そして、介錯を行うか否かは火の無い灰に委ねられる。

カリムの騎士と聖女

「カリムの騎士は生涯1人の聖女に仕える」というしきたりは、モーンとクァトから由来している。

無印ではロートレクが女神フィナに仕え、今作ではイーゴンがイリーナに仕えているが、モーンとクァトも含めて円満な結末を迎えることはない。

ダークソウル2 クァトの鈴

「涙の神クァトは、哀しみに寄り添う 慈愛の神という位置づけが一般的だが、 一部では人を絶望の運命へと導く 悪神とされている」

装備

名称
武器(右)モーンの大槌
武器(左)呻きの盾
防具(兜)モーンの兜
防具(鎧)モーンの鎧
防具(手甲)モーンの手甲
防具(足甲)モーンの足甲
指輪-
魔法-
アイテム※エスト瓶

※イベント上での敵対時はエスト瓶が空になる

霊体召喚

イベント

カリムのイリーナと同時進行。
詳細はNPC長期イベントを参照。

呻きの騎士

DLC2「THE RINGED CITY」ではイーゴンと瓜二つの闇霊「呻きの騎士」が現れる。
戦闘スタイルは全く一緒だが、エスト瓶を使わず、灰状態でも侵入し誘い頭蓋を無効化する。

倒すと目隠しの仮面をドロップ。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんで死んでしまったん…? 元気に竜狩り撃破したやん… -- [ID:hdKQuCAxTyM] 2017-08-07 (月) 22:07:07
  • 呻きの盾に書いてある姉の顔は実はイリーナの顔じゃないかと理由もなく勝手に思ってる -- [ID:KEma1aHpzFU] 2017-08-09 (水) 17:15:53
  • 古老前で周囲の敵一掃してから呼ぶとサイン真横のガレキあたりでスタックして動かなくなること多すぎ -- [ID:O3zDFqt4QWM] 2017-08-30 (水) 15:44:54
  • 今作で一番不憫なNPCだと思う。もっと優秀な聖女がパートナーだったら彼の運命も変わっていたんだろう…
    2017-11-09 (木) 05:16:25[ID:GCP5EhPr4..]
  • カリム出身者には厳しいダークソウル
    2017-11-18 (土) 05:56:45[ID:qIVsjKgTftI]
  • 話かけるのをすっかり忘れてて、竜狩り倒したから装備回収しようと牢に来てイーゴンがまだ座ってた…w
    2017-11-18 (土) 20:56:40[ID:2KpNkhRImRc]
    • 移動後祭祀場でかぼたんルートに入ってもう居ない場所の上で会話してまたロード挟んだらもう牢で死んでいる…w
      2017-11-18 (土) 21:12:10[ID:2KpNkhRImRc]
  • 何年もやってる内にNPCの見方も変わりますね…。騎士叙勲を与えられるエリートだったのに、仕えた聖女が低能力者だったせいで一生振り回されることになった哀れな騎士としか思えないんですよね…。「カリムの騎士は1人の聖女に生涯仕える」っていうのはしきたりではなく枷なのかも。
    2017-12-28 (木) 06:12:42[ID:zFoIkx69EQw]
  • もしイーゴンも火の無い灰だとすれば、他のNPC同様に指名(未練?)があって復活しそれを成就したからこそ事切れたはずだよな…ある日彼は死に、火の無い灰として復活、しかしそれはイリーナには悟られないようしつつ彼女をそっと見守り、火防女になったのを見届け、彼女のいた場所で心置きなく死んでいった…とか考えるとロマンがある気がする。
    2018-03-02 (金) 02:54:18[ID:hBmAaXm3pTM]
    • イーゴンはカリムからロスリックまで連れてきたイリーナが火防女にすらなれなかったから途方に暮れていたのです。ちなみにイリーナが廃人化さえしてなければ竜狩りの鎧倒した後勝手に死んでます。イリーナよりずっとかわそうなNPCなのです。
      2018-03-02 (金) 08:14:28[ID:CzA.eMz7Rxw]
      • あ、事切れるのは竜狩り鎧撃破後でしたか。失礼しました。しかし彼は可哀想…ですかね?イリーナに対しても皮肉めいた言葉を並べますが、イリーナ亡者化ルートでの彼の言動や行動・モーンの手甲装備時でのイリーナの反応を見るに、決まり事だけで支えてるようには見えなくて。もちろん捉え方・解釈は明言されていない以上は人それぞれだと思いますけども…。
        2018-03-02 (金) 15:47:27[ID:KsVD/Gp3fFE]
  • 「こういう陰気な場所はあいつに相応しいぜ」みたいなこと言うけど、言動見る限り平たく言うとツンデレっすかね……何だかんだ言って最後まできっちり仕えてたのが何とも……
    2018-03-13 (火) 00:38:51[ID:YujVfH1f64Y]
    • サインもわかりにくい場所にあるから絶対ツンデレ
      2018-03-13 (火) 02:09:14[ID:bTOXw.ncW/s]
    • お荷物になったイリーナは殺すわけにもいかず、廃品回収してくれた灰の人にお礼もしなきゃいけない。本人もどうしていいかイマイチ分からなかった結果のツンデレなのでしょう…。
      2018-03-13 (火) 04:38:02[ID:CzA.eMz7Rxw]
  • 実は姉貴盾を見ても(見えないけど)どん引きしなかった個人的理由の聖女だった説
    2018-07-06 (金) 21:25:54[ID:vApNb30.ttU]
    • つまり2人は姉弟だった…?フロム脳が震えるな
      2018-07-07 (土) 10:02:46[ID:n7gD80rxkWw]

コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください



最終更新: 2018-02-12 (月) 05:23:15