スポンサーリンク

ストーリー考察

ストーリーの解説と考察ページです。
ネタバレを多く含み、考察部分もあるため間違った解釈もあるかもしれません。

人物

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

上位者

 
 
 
 
 
 
 
 
 

組織

 
 
 
 
 
 
 
 

アイテム

 
 
 

コメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 医療教会とカインについて思ったのがローレンス存命中の初期教会は実はカインハーストを恨んでいなかったと思った。カインはローレンスと同じく過去にビルゲンから分離して持ち帰った物で自己改造し自分が直接上位者になるのではなく上位者に適応しその子を産む事を目指した一族。その中で生まれた右脚から登ってくる獣化の考え(カインの王座の騎士像は全て右脚が無い)が実際の効果は不明ながらマリアか他のカインの一族から迷信として古狩人達に伝わる。ローレンスは獣化に抗おうとした際上位者に近いカインであるマリアの血を己に輸血し持ち堪えた末にその血の影響でマリアと同じ発火能力を得て通常の獣ではなく燃える獣になった。その後、教会上層部はカインを元に血の聖女を創りその製法を独占する為にローレンスの獣化をカインの血の所為にして下部組織をまとめつつメンシス派等に奪われない様、処刑隊を利用して一族を抹殺し唯一不死の女王は下手に持ち帰りスパイ等に奪われない様に、かつ実験体として必要なら取りに行ける様ローゲリウスを人柱にして封印、ただ処刑隊は不死だから封印するしか無いとしか知らされていなかった。こんな考察したけどやっぱり雑だなぁ-- [ID:Gmpz4eD.VyU] 2018-05-11 (金) 02:19:44
    • カインを元にしたのなら血の聖女も穢れてそうだけどどうなんだろうね。 -- [ID:2JWSu0iwlUk] 2018-05-11 (金) 09:02:42
    • その理屈で言うと聖杯のワンコも特別な存在になっちゃうけどどうなんだろ。トゥメル人、ひいてはヤーナムの血が「禁断の血」なのかもしれんが、肝心のヤーナムが発火能力持ってないしな。アルフレート曰く「血族は血の医療を穢す存在」と言っているから、利害関係というよりは「血を恐れたまえ」という警句を完全に無視している血族は許せねえっていうのが主な動機、感情のように受け取れる。ローレンス自身がどう考えていたのかまでは謎だけど。 -- [ID:gsLFyQ7BGYo] 2018-05-11 (金) 11:39:51
    • マリアの発火能力が穢れた血族由来なのか彼女の個人的能力なのか…。そもそも穢れた血族の血って何が普通と違うんだろうな。医療教会の聖体(エブたそ?)の血を勝手に持ち出して聖なることである血の医療を勝手にやったから医療教会サイドは怒ってるのかなと思ってたけど、カインに獣化した敵がいないのを見るに上位者の血にも耐えられる一族だったのか…?あるいはカインは独自に自らの血で血の施しをしていたけどそれを見た教会サイドが聖体の血じゃないものを施すなんて穢れてる!って怒って処刑隊を派遣したとか…? -- [ID:h3M0VJjR78M] 2018-05-11 (金) 15:13:42
      • 「禁断の血」はビルゲンワースにあったもので、それを持ち帰って生まれたのが血族。大聖堂のムービーでウィレームが「君も裏切るのだろう」と言ってるから、多分ローレンスより先に起こった出来事。だから医療教会と血族を繋ぐ接点がゲーム内では明らかにはなっていない。にも関わらず処刑隊まで結成して女王以外は皆殺しにしたのだから、医療教会側が一方的にやっているような印象を受ける。ローゲリウスは「禁断の血」を持ち帰った者を「裏切り者」と表現しているが、ウィレームからしたらローレンスも裏切り者だし、独り善がりっぽいんだよなあ。 -- [ID:gsLFyQ7BGYo] 2018-05-11 (金) 15:25:47
      • あービルゲンから持ち出したのか。記憶があやふやになってた。教会がカインを潰したい理由がヒント少な過ぎるね…穢れた血族がどういう行動理念で何をしてたかもよく分からないし。となると木主の獣化はカインの血のせいだ!って濡れ衣を着せたって説もありかも。けど、そうだとする根拠も薄いよなぁ… -- [ID:h3M0VJjR78M] 2018-05-11 (金) 16:54:11
    • 皆さんのコメント読んでゲームプレイし直してテキストとか読んで改めて考察してみました。ビルゲンからカインが持ち出したのは恐らく女王ヤーナムの血(女王とカインの戦闘スタイルの類似、上位者の子を産める点から)そしてマリアの発火は彼女独自の物でそれを再現しようとしたのが医療教会の発火ヤスリだと考えています。教会、聖歌隊の血の医療は制御下のエーブリの血を使った実験や輸血、エーブリの血をベースにしつつカインの上位者と交わる能力を再現しようとした血の聖女の子を使いある程度制御出来る上位者を誕生させ、その力で月の魔物に取って代わる足場作りであり、そうではなく自分達の敵と成り得る上位者を誕生させる血を撒くことの出来るカインの血を血の医療を穢すものとしたと考察しました。へその緒を使う発想が無かったのは無理矢理ですがフレーバーテキストの通り誰もがその効果を忘れからその考えに至らなかったんだと解釈。最終的に主人公は上位者狩りとへその緒を使って教会のやって来たことを何足も飛ばして達成したのだと思います。 -- [ID:Gmpz4eD.VyU] 2018-05-17 (木) 01:00:33
    • 個人的にはカインの穢れた血とはローランの血を指しているのではないかなぁと思ってたり。古い時代の上位者は、赤子を産ませる相手に婚姻の指輪を送り正妻として特別な赤子を産ませていた。でもローランは上位者の求婚を受けず、正妻ではない者に特別な赤子を産ませようとした。それがローランの落とし子(落とし子:正妻ではない女性に産ませた子供)やレッドゼリー達。そしてローランの落とし子は呪いと冒涜を呼ぶ。冒涜の聖杯によると、呪いとは上位者の怒りであり、呪詛であると。そしてローランは獣の病に濡れ、文明が崩壊した。一方でカインはビルゲンワースを裏切って穢れた血を持ち出し、上位者の直接的な干渉ではなく、血によって特別な赤子を抱こうとしている。そして現在のヤーナムは獣の病で溢れている。これらをまとめると、カインはローランの血を持ち出し、上位者の求婚なく赤子を抱こうとしたが、呪われた血によって獣の病は広がり、処刑隊の努力も虚しくヤーナムは獣の病であふれてしまったのかなぁと私は妄想する。 -- [ID:/0O0BkgQQ/M] 2018-05-17 (木) 01:41:13
      • もし正妻の子が産まれていればエーブリやロマの様に眷属で有りながら上位者になっていたのかもしれませんね。ローランの落とし子が上位者の子そして憐れなる落とし子と云う表現からアメンドーズがやけに多いのも納得出来ますね。パッチの立場ならかなりの知識を持っているでしょうし。そして落とし子ドロップする銀獣が子を守ろうと襲って来ると考えるとこれから倒しにくくなります…… -- [ID:Gmpz4eD.VyU] 2018-05-17 (木) 03:24:27
  • アルフレートって、カインハーストに行った後どうやって戻ったんだろう。狩人の夢を経由しないと戻れないはずだし。それとも、アルフレート自体はずっと最期の像の前にいて、ミコラーシュみたいに夢としてカインハーストに行った?それで、現実の肉体は耐えられずに死んだ、とか? -- [ID:DBMbe3v4QLU] 2018-05-11 (金) 12:27:12
    • って自分で書いておいてなんだけど、人によって見える景色が違う以上、帰り道がないとは限らないか。ラストのアルフレートって啓蒙100万ぐらいありそうだから、アルフレートから見るとカインハーストは地続きなのかもしれない -- [ID:DBMbe3v4QLU] 2018-05-11 (金) 12:41:51
      • 何となく考えてみたけど、どんな形であれアルフレートが招待者である以上、帰りの足も用意されるんじゃなかろうか。狩人様は必要ないから用意されなかっただけで。 -- [ID:FQ9fDKaoso6] 2018-05-11 (金) 20:17:59
      • 招待者じゃないな、失礼。被招待者だ。 -- [ID:FQ9fDKaoso6] 2018-05-11 (金) 20:18:52
      • 帰り道はまあ普通にあるんでしょ マリアや烏羽の血族はヤーナムで活動してたしな プレイヤーは帰り道を使う必要がないだけで。 -- [ID:grCNJ02kgy2] 2018-05-13 (日) 20:00:20
      • 帰り道の橋途切れてるけど泳いだん? -- [ID:2JWSu0iwlUk] 2018-05-14 (月) 03:01:54
      • ヘムウィックの小環旗を掲げるとガーゴイルが運んでくれるんだよ -- [ID:bNwg/XfT7xI] 2018-05-14 (月) 03:28:54
      • 地理関係は無理に整合性を意識すると赤月前に人さらいやアデーラがどう移動しているかとかも謎になるから自分はふわっと考えてる。個人であれ団体であれ一度招待されて訪れれば以後は移動出来るんじゃないかな? -- [ID:Gmpz4eD.VyU] 2018-05-17 (木) 00:07:59
      • 鴉羽の姐さんが初対面で狩人の確かな徴くれたりするし(彼女も狩人の夢にいたことあるらしいけどもう目覚めた状態でふたつもとっとく必要無いし)案外灯ワープ自体は夢関係なく大体の狩人が出来るのかも? -- [ID:3w.8MVXMlSo] 2018-06-16 (土) 02:09:16
    • 馬車が物理法則を無視してたり、気づいたら馬がミイラになってたり、亡霊がそこらへん歩いてたり、何より赤い月からの影響範囲外であることを考えると、カインハーストは悪夢の一部なんじゃないかと思う。いくらゴシックホラーの皮を被ってるとはいえ、現実世界であの表現をするのはおかしいしねwなので恐らくはアルフレート君も何らかの手段で悪夢を脱する方法はあったのだと思うよ。主人公はランプで楽々帰ってるけどw -- [ID:/0O0BkgQQ/M] 2018-05-17 (木) 01:53:02
      • 俺もカインハーストは今や現実世界ではないと思ってます。ローゲリウスら処刑隊の活躍もかなり過去の話だと思う。ではアルフレートは何者か?という話だけど実は彼は処刑隊員ではないのではないかと。理由としては、処刑隊とカインハーストの戦いがかなり過去の話であればアルフレートは若すぎること。彼は血族狩りをしているとは言ってるけど処刑隊所属とは言ってないこと。彼の話は伝説めいた話はするけど当事者だからこそ解るような細かい話はしないこと。奴らは招待状など仰々しいやり方をするなど伝聞調だし。アルフレートは処刑隊に憧れてるだけの狂人。今で言えば「俺新撰組のファンです。心の師は近藤勇です」と言ってるようなものではないかと。 -- [ID:c.X/lLPV/lk] 2018-05-17 (木) 07:36:16
      • あれ、それについてはアルフレート自身が言ってなかったっけ?「私も貴方と同じ狩人でしたが、今はローゲリウス師の教えに従いうんぬんかんぬん」って。処刑隊は教会の狩人発祥以前の組織だから、狩人→処刑隊というのは自称してるだけっぽいよね。 -- [ID:/0O0BkgQQ/M] 2018-05-17 (木) 11:17:23
      • アルフレート、カインへの行き方すら知らなかったあたりもカインを壊滅させた処刑隊当事者ではなさそうだよね。そうなるとアルフレートとローゲリウスに面識があったかすら怪しくなるね -- [ID:CTh7Eu8OoKY] 2018-05-17 (木) 14:22:30
      • うん。やっぱりアルフレートは世代的にローゲリウスとは面識ない可能性高いですよね。そもそも女王をすりつぶしてそれでいいんだったらローゲリウスがそうしてるだろうし封印とかする必要もない。アルフレートはローゲリウスや処刑隊の実態とかは知らない人のような気がする。 -- [ID:eDgZd9MffwA] 2018-05-17 (木) 23:46:39
      • 要するにアルレトはただの発狂的ファンですね -- [ID:ruHDD69J9Rs] 2018-05-31 (木) 19:19:25
  • ルドウイーク「何が弔いや!何が葬送や!ゲールマンは手ぬるい!獣を街ごと焼き払うンゴ!」マリア「やっぱ血刃は気持ちイイやでぇ(落葉ポイ」ローレンス「逆に考えるんだ。獣を制御できれば獣になっても構わないと考えるんだ(獣の抱擁」ってなことがあったんだと思うんだ悪夢組 -- [ID:iiu63Nlgv2k] 2018-05-17 (木) 01:22:32
  • 把握する限りの人物名を追記、人物と上位者を別項目に。 -- [ID:iiu63Nlgv2k] 2018-05-17 (木) 05:46:48
  • シモンとルドウイークは盟友だったのかね…それ故にシモンは月光の本質を知ってもなおすがり闘い続ける友を哀れんだと -- [ID:oeKCuytXGlA] 2018-05-17 (木) 20:07:57
    • 自分も両者は多分友人関係だったと思いますね。シモンはスパイ担当の教会の暗部に近い立場の狩人だったけど真っ当に人名誉ある狩人に憧れたとか、だからこそ英雄を欺く月光を蔑んだんだと思います。それとシモンの弓を笑わなかった数少ない人物の内にルドウイークも居たと思います。だからこそ最期に獣と化したルドウイークを弓で介錯したんじゃないかなと。 -- [ID:Gmpz4eD.VyU] 2018-05-19 (土) 21:11:29
  • 月の魔物って体力を強制的にリゲイン出来る状態で1にしたり、輸血液を使用不可にしたりするけど、これって自分の血を吸わせて同族や自分以上に強い後継者を作ろうとしてたんだろうか?黒い触手は月の魔物の幼児の様にも見えるし -- [ID:KjRyCyUYUj.] 2018-05-18 (金) 00:38:08
    • 実はあのイカって、漁村後半にいる小さいナメクジっぽいやつと同じ形なんだぜ…。ホタテ貝の燭台眺めてる時に「わーナメクジのロウソクとかある意味オシャレだなぁ…、ん、ナメクジじゃ…ない…?(啓蒙+1)」ってなった。 -- [ID:/0O0BkgQQ/M] 2018-05-18 (金) 01:01:06
      • あれ初見見つけた時笑いました -- [ID:WbADH3GBtRs] 2018-06-03 (日) 11:02:58
  • 人形ちゃん月の魔物とマリアの赤子説という突拍子もない妄想を思い付いた。古工房にあるへその緒は人形ちゃんが持っていたもので、狩人の夢を作っているのも人形ちゃん。それなら幼年期エンドの時にゲールマンも月の魔物も死んだにも関わらず、狩人の夢と人形ちゃんが消えないのも納得できる。人形ちゃんの目的は赤子を抱くことで、そのために上位者に至れる程の啓蒙をもつ狩人が現れるまで狩人ガチャしてた、なんてね。 -- [ID:7PXUM7ypYuI] 2018-05-18 (金) 01:01:54
  • オープニングの誓約完了した後、獣が燃える意味がよく分からなかったんだけど主人公が血の医療を受けても獣化しない体質で、だから使者が迎えに来たのか。4周目のムービー見てようやく気づいた。狩人の夢を見てたらしい烏羽やデュラは獣化しなくて、逆に獣化したガスコインやルドウイークは狩人の夢は見れなかったのかな -- [ID:I9/ZP6qiP5I] 2018-05-19 (土) 20:37:30
    • 主人公と烏との共通は異邦であることだね。デュラにそういう記述はあったっけ? -- [ID:5FffNa.ghrc] 2018-05-19 (土) 21:00:45
      • 異邦といえばガスコインも異邦から来たから神父と呼ばれているんだっけ。デュラは和解する時に、今は夢を見ないがかつては私も狩人だったのだ、的なことを言うよ -- [ID:I9/ZP6qiP5I] 2018-05-20 (日) 02:23:18
  • 「かねて血を恐れたまえ」っていう合言葉は獣の病を恐れたのはもちろんだけど、もしかしたらオドンの存在にも気付いてたからこその言葉かもしれないなってふと思った。 -- [ID:XUyrPPuxO1k] 2018-05-20 (日) 01:12:56
  • そもは学者であるのに、それを忘れて妙な神格化、背理的な、傲慢な彼らは自らをあろうことか教会や医療者と称した。ウィレームら第一世代は純粋な探求に酔う学者であったのだろうが、規模の拡大により腐敗、派閥争い、探求の真似事をしてはいても丸薬にある様に、獣についてを禁忌としてあろうことか真理への道に自ら壁を作った。背教者とされるイジーは背教者ではなくある意味、教会などよりよほど学者だったのかもしれない。そして教会の開祖のローレンスですら末に抱擁に縋り、最後にはイジーと同じ真理にたどり着いたのかもしれない。「人は皆、獣なんだぜ」...。こんな感じ?よく分かんにゃい -- [ID:ruHDD69J9Rs] 2018-05-31 (木) 18:54:40
    • 結局規模が拡大すると愚者が流入して第一世代の思想なぞ腐り落ちるのはリアルと同じ。貴様らには水底が似合いだ。行けるな?フラジール -- [ID:ruHDD69J9Rs] 2018-05-31 (木) 19:00:56
    • 「獣」「獣化現象」とは人がヒトという地球上の生物であろうとする抵抗力ないしその反動ではないだろうか。血の医療とは即ち上位者からの輸血、ヤーナムなどのごく一部でしか起こらない獣化はソレの証明になるかもしれないネ -- [ID:AlpZCkeKHcQ] 2018-05-31 (木) 19:42:43
    • 社会に還元されない学問など無価値だ。医療教会が出来てはじめて血の発見は有益となったのだ -- [ID:iiu63Nlgv2k] 2018-06-09 (土) 19:02:39
  • メンシスの檻って長いほど位が高くなるのかな? -- [ID:MdPSaaTCWck] 2018-06-05 (火) 22:09:19
    • ミコ以外のミニ且頭らは何故パンツしか履いていないのか... -- [ID:ruHDD69J9Rs] 2018-06-08 (金) 18:24:58
      • というかあの部屋、プレイヤーが来た時にはみんなミイラ化してるからただのホラー部屋だけど、生前はパンツ一丁の野郎がひしめいてたんだよな……。別の意味でホラーだ -- [ID:soh6LYZlTKc] 2018-06-09 (土) 13:16:11
      • 明らかに子供とおぼしき大きさのミイラもあるよね -- [ID:O2TQYJB1YDY] 2018-06-09 (土) 13:22:14
      • ミコ以外に且頭いませんし、ミニ且は実験体ですかね。 -- [ID:ruHDD69J9Rs] 2018-06-09 (土) 13:32:30
      • それか人面蜘蛛? -- [ID:ruHDD69J9Rs] 2018-06-09 (土) 14:32:41
      • できる限り服を着ないほうが檻で交信しやすくなると考えられていたからみんなパンイチだったとか?ミニ且が人面グモだとしたらあの中にパッチのミイラも混じってたりして -- [ID:8jEc/jIRyUk] 2018-06-09 (土) 16:08:09
      • ロマが普段パンイチだったから下っ端達が習ってみたとか? -- [ID:I7uo168Fx4Q] 2018-06-09 (土) 16:11:13
      • 交信の為だけに学者と実験体が揃って白痴の真似してるの想像したら笑える -- [ID:0ojn0qmPyX6] 2018-06-09 (土) 17:41:29
  • ゲールマンの「遅かったじゃないかローレンス」っていう寝言、ゲールマンはローレンスを待ってるのかな?「俺がいつか獣の病を根絶するから、それまで夢で狩人を鍛えて、獣を狩ってくれ」って約束したとか?結局ローレンスは闇堕ちして獣になり、そんなこと知らないゲールマンはいつまでもローレンスを待ち続けている、と。 -- [ID:E1kEXyuo/U6] 2018-06-14 (木) 21:45:30
    • 自分が死に故人がお迎えに来た構図の夢を見てるのかも。プレイヤーが先にゲールマンorローレンスのどちらを先に介錯したかで分岐する、彼らにとってのマルチエンド -- [ID:ruHDD69J9Rs] 2018-06-14 (木) 21:56:54
    • 教室棟2階のメモが英語版だと意味深で「名前の無い月の魔物はローレンス達に呼び出された」という文章に -- [ID:R3uqiMU./mo] 2018-07-04 (水) 22:11:32
      • 文章になっている。近くに3つの3本目というメモ、月の魔物と戦う条件、ゲールマンの -- [ID:R3uqiMU./mo] 2018-07-04 (水) 22:13:08
      • また途中送信してしまった。ゲールマンのうなされてる時の寝言から察するにローレンスが月の魔物に対抗するべく3本の3本目を集めるまでゲールマンが身代わりに(?)狩人の夢に捕らわれて今に至るって言う考察はどうだろうか?ローレンス達は最初に「脳に瞳」を得るべく古工房でへその緒を使用したけど数が足りなくて失敗した…そんな感じ -- [ID:R3uqiMU./mo] 2018-07-04 (水) 22:18:03
  • えぶたそは全ソウルシリーズを含めても一番名前に無駄がないボス。Ebrietas(酔う、中毒) daughter(娘) of the cosmos(宇宙)、3つの単語から色々連想できる。「酔う」は彼女の血の中毒性または聖歌隊の心酔具合、「娘、女性」は特別な血を受け入れるのが主に女性であること、「宇宙」は彼女が人外の(または人から変態した)上位者であることを指す…という考察もできる。ちなみに海外勢が掘ってくれた没データらしきものにはえぶたその面影を残すトゥメル人女性の姿が… -- [ID:ykdXejRZa/6] 2018-06-18 (月) 02:12:51
  • 高次元をかなり噛み砕いて表現すると、モグラの脳に視覚野をぶち込んで、目玉を縫い付けて機能させる感じだよね。人なら鳥の脳と目玉を捻じ込めば紫外線を視覚出来るようになる。瞳は抽象だから別に視覚に捉わる事ではないのだけど、まあ噛み砕いた表現。 -- [ID:Pv1WlTYZOY6] 2018-07-04 (水) 21:57:55
  • 海岸まで行ってきてゴースの遺子を潰してきたわけだが…。結局、なんの罪があって、なんの秘密があったんだ?(啓蒙0) -- [ID:6PS29FUNtFw] 2018-07-11 (水) 16:41:04
    • ゴースの遺子を仕留めた後、ゲールマンの寝息が安らかになったのを見るにローレンス達が上位者(ゴース?)を狩って手に入れたへその緒でウィレーム先生の言ってた脳に瞳を得ようとした結果、月の魔物を呼びだしちゃってさあ大変!という感じに自分は補完してる。そしてローレンスが3本の3本目を探してる内にローレンスも獣になってしまったが、本人は今もなお約束を果たすべく悪夢に囚われてるのではないかと -- [ID:cFiQKs.5kyc] 2018-07-11 (水) 19:23:18
    • 秘密はゴースの死体だよ、罪とはゴースの血に酔った者を永遠に囚える牢獄(狩人の悪夢)の事でゲールマンはこの囚われた狩人達が遂に解放された事を喜び安堵したって感じ、尤もこの狩人達はゲールマンやウィレームの教えを守らなかった罪人(血に酔った者)達で自業自得なんだけどそれでもずっとゲールマンは自分の弟子(狩人)達の事をずっと気にかけてたんだろうね -- [ID:HoFOjfPhrjs] 2018-07-13 (金) 01:59:09

スポンサーリンク


コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください


最終更新: 2018-05-17 (木) 05:40:27