スポンサーリンク

ストーリー考察

ストーリーの解説と考察ページです。
ネタバレを多く含み、考察部分もあるため間違った解釈もあるかもしれません。

人物

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

上位者

 
 
 
 
 
 
 
 
 

組織

 
 
 
 
 
 
 
 

アイテム

 
 
 

手記

紙片

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

公式使者

 
 

コメント

過去ログ:ログ1

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • かわいいかわいい星の娘、エーブリエタース。テキストにある「泣いている」「見捨てられて取り残された」と「上位者でありながら眷属でもある」という観点から考察してみました。 エーブリエタースは地球人との間にできた不倫の子ではないかと。 エブタソ「いよいよ生まれ故郷の星に帰るのね」エブパパ「・・・」エブタソ「どんな所なのかしら?楽しみ」 エブパパ「・・・」エブタソ「ねぇ?」エブパパ「実はお前は連れてけないんだ」エブタソ「え?」 エブパパ「嫁に怒られるし」エブタソ「え?え?」エブパパ「お前、行きずり地球人との間に出来た子だし」 エブタソ「は?」エブパパ「お前体つき地球人そっくりでバレバレだし」」エブタソ「!?」 エブパパ「というわけでお前連れてけないからここ残って」エブタソ「はぁ?」 エブパパ「それじゃ」エブタソ「(号泣)」 こんな感じではないのかと -- [ID:hwkYt49ZkbA] 2020-01-18 (土) 17:20:33
  • 難解な様に見せかけて、特に深く考えたストーリーではない様に感じる。謎が多いからプレイヤーがそこを深く考えたくなるだけ。 -- [ID:3bwDGbLxmUg] 2020-01-20 (月) 09:12:14
    • そんなことはないと思うぞ。ふんだんに取り入れたクトゥルフ要素などブラボは宮崎氏の趣味全開のタイトル。ストーリーは納期の関係で取り入れられなかった部分多々ありそうだけど、設定や背景はいらんくらい細かく考えてあると思う -- [ID:hwkYt49ZkbA] 2020-01-21 (火) 12:30:57
      • 何も考えてないからプレイヤーが勝手に考えるんだろ。実際クトゥルフとラヴクラフトも別物だしな -- [ID:8b8fq/JNl8w] 2020-02-16 (日) 08:36:11
      • ラヴクラフトを始めとしたある作家集団は複数のジャンル違いの小説に同様な混沌の神々を出演させて、読者に「もしかしてこの神々は実際に語られて(実在して)いるのでは……?」と思わせるように、読者自身の解釈や考察に委ねることでより印象強くさせるように仕向けたものだし、まぁそんなもんだろう。「民俗信仰・神話だけど、これって全部同じ存在を言い示しているのでは?」といった認識が自らの手から離れたまま育っていき、やがて真実を求めて自身に辿り着いてくる……そんなことを彼は夢想したんじゃないかな?。……誤算は、「クトゥルフ神話自体が枠を超えて包括されて人気になり、見せられる側から魅せる側に転向する信者の類が続出した」ことのように、多分にあったのだがね。 -- [ID:8zqjOu/XdyM] 2020-03-01 (日) 02:41:33
      • ただまぁこれって、「神々の超常力を振るわれる立場から、その超常力を奪取して振るう側に回る」というのにとても良く似ているんだよね。案外、この作品は「クトゥルフ神話を、"誰かから自分に語られる物語"から"自らが誰かに語る物語"にする」という、意欲作だったのかもしれない。嗚呼、それはまさに民俗信仰であり、母なる回帰であり、繰り返し廻り続ける環である。 -- [ID:8zqjOu/XdyM] 2020-03-01 (日) 02:46:58
  • ルドウイークは左利きだけど長銃は使ってたのかなぁ? -- [ID:/gQq6m.OJZk] 2020-01-25 (土) 10:34:20
  • ふと思ったんだけど、上位者の血って想像を現実にできる能力じゃない?狩人が夢からいろんなものを持ってこれてるのも上位者にそういった能力が片鱗としてあるからだと思うんですよ。さらにヤーナム民が常用している輸血液ももとを正せばエーブリエタースから取ってるっぽいから輸血液に上位者の成分が多少なりとも混じってるよね。もしこれがその人の精神状況に応じて呼応してしまうなら、より本能に近しいものが獣になっていくってことじゃない?さらに言えば獣であることを受け入れてるものは自我が残ると考えたら禁域の森の男のような例外だって許容できそうなんだけど -- [ID:VffCgFUYABc] 2020-02-25 (火) 01:24:50
    • 想像を現実にする力の論拠が狩人の夢から物を持ち出せるってのは弱い。輸血液には何かしら施されてるのはそうだが輸血液を使用してる人が多すぎる。現実化の効能があったらもっと無茶苦茶になってるべ。てかブラボの夢は夢じゃなく別次元的な現実寄りだと思うのだが。(ぶっちゃけシステムの都合なだけだと)そして身を窶した男が輸血液を使用した証明が無い、そもそも他と違いもはや変身と次元が違うし聖杯に居るしで完全な別枠、かなり苦しい推測かなぁ。 -- [ID:dc01CqCFS.w] 2020-03-08 (日) 06:34:31
  • トロフィーのテキストで知ったけど宇宙人って上位者だったんだな。アメンドーズみたいにいっぱいいるけど巨大化するのは一体だけだし、ロマと子蜘蛛みたいな関係なのかな -- [ID:6PQoWU8hv/.] 2020-03-14 (土) 17:13:33
    • 失敗作と似てるから実験棟で作られた上位者の成功例だったりするのか。それなら聖堂街の上層にいた理由もわかるし。となると偽フカは関係者だったかどこかで実験を知ったのか -- [ID:6PQoWU8hv/.] 2020-03-14 (土) 21:44:15
  • 新しく手記というかゲーム内メッセージの項目を作りました。拙いですが -- [ID:hBog/CpAIQg] 2020-03-22 (日) 01:41:25
    • 素晴らしい編集、ありがとうございます -- [ID:Ys7KqG1nwVM] 2020-03-23 (月) 02:16:34
  • 今更クリアして思った事。このゲームのシステムとして獣性と啓蒙が相反するモノであること、月の魔物は特徴が獣的であり、獣性の象徴ではないか?ということ(月を見ると狼になる伝承と同じ)そして顔がないのは、主人公自身の内面の獣性の象徴でもあるのではないか、ということ。このお話は、月の魔物(獣の病など獣化現象の元凶)とその他の上位者の争いだったのではないか。クトゥルフの設定に習うなら、旧支配者と外なる神は別ものであるはずだから。医療教会は月の魔物に呼びかけることで灰血病?というのを治療可能にした、それは漁村の住人のようなヌルヌル系の眷属になった者を獣性に近づけて人にするというものだったと推測しました。つまりゴースは旧支配者で、そのゴースの力を使ってメンシスの儀式(獣性の元凶)は隠されていた、というのも意味深ですね -- [ID:zUhEs3iIVwk] 2020-04-07 (火) 11:38:38
    • 追記・獣性と啓蒙、月の魔物とゴースが対立してる構造を考えると、聖職者が恐ろしい獣になる理由、ビルゲンワースおよび学徒が獣の支配になってない理由、月の魔物を倒したことで主人公がヌルヌルになってしまう理由などが筋が通ります。シモンが言及し、時計塔のマリアが隠していた秘密は、漁村に存在するモノ、つまりゴースの死とその理由だと考えられます。ヌルヌル眷属の力が弱まったので獣の病が顕在化したということです。その死の理由は、おそらくゴースの遺児で、その形態から父親は人間の誰か、ということかもしれません。 -- [ID:zUhEs3iIVwk] 2020-04-10 (金) 12:05:46
      • 狩人の悪夢は狩人の業に芽生えている、マリアが漁村を隠している、ゴースの遺子撃破後の人形ちゃんの台詞、またマリア装備のテキストで語られるゲールマンの好奇心などから考えるに、ビルゲンワース時代のゲールマンがゴースを殺した(or何かヤバい事をしでかした)んじゃないかな。そしてゴースの死が原因で獣の病が顕在化したとするならゲールマンが最初の狩人になったのも筋が通りますね。 -- [ID:dZYnf0TZ7Ms] 2020-05-04 (月) 03:17:00
      • 自分も久々に考察しながらプレイしているのですが、獣性と啓蒙、獣と眷属の相反については概ね納得というか反論の余地がないくらい筋が通っているかと思います。ただ啓蒙と眷属が相関しているのかという点と、月の魔物が獣化の元凶であるとする点に関しては少し尚早な気がします。ゲーム内テキストを重視すると、赤い月は人の境を曖昧にするとあります。赤い月と青ざめた血、月の魔物(月の魔物はアートワークスよりオドンとの関連も示唆されています)は同じものを指しているので、月の魔物は獣性の元凶というよりは獣に近づけることを助長するような作用を持つものなのではないでしょうか。啓蒙を持たない一般人は赤い月の下では問答無用で獣に近づいてしまう(啓蒙を持つ者は上位者に近づける?)ということです。それじゃ獣化や眷属化の原因は何なのかというと、やはり単純に血の医療(輸血)なのかと思います。月や獣のほかに、血もブラッドボーンの大きなテーマですから。獣化については聖杯から持ち帰られた聖体(獣血の主?)由来の輸血をしたため、また赤い月を呼び寄せるメンシスの儀式(儀式を行っていたヤハグルと旧市街は地理的に隣り合っている)を行ったためなのだと思います。ただそうすると聖職者ほど恐ろしい獣になる理由や、ゲールマンの背景などについては説明がつかないので、結論としてはやっぱりよく分かりません。 -- [ID:sB4Z6WPxAtQ] 2020-05-15 (金) 21:21:07
  • 都市ヤーナム年代記があったらなぁ。漁村をビルゲンワースが発見し、そこからローレンス、ゲールマンが離反、カインハーストへ裏切り者が向かい破滅、墓地街の橋を崩落させる経緯。旧市街からヤーナム市街移転に上層街建築のプロジェクトx。最初の獣誕生からゲールマンが夢に囚われるまでの活動記録とその後の狩人の移り変わり。処刑隊設立秘話からアルフレートに行き着くまでの流れ。ゲーム中では収まらないストーリーが読みたいわ。 -- [ID:bWoOpxIJzZs] 2020-04-26 (日) 03:12:09
  • 地下牢でヘドバンしまくっているヤマムラ、コイツかなり謎深き人物だなぁと最近思う。連盟員の一人であり名前や服装のテキストから明らかに東国の人間なのに何故カインハーストの技術の一つである「千景」を持っているんだ…?カインハーストの血族は教会の設立前にローゲリウス率いる処刑隊に滅ぼされたのに関わらず一体どこから手に入れたんだ…?そして何で地下牢で例のヤマムラップを口ずさんでいるんだ…?そもそもあのヤマムラップは一体なんなのか…?謎は深まるばかりだぁ… -- [ID:Zs8Tf1GUlgA] 2020-04-27 (月) 21:31:26
    • 千景の説明見ればわかるが、カインの武器であってもカイン産ではない。むしろヤマムラがカインにもたらした可能性がある。ちなみに、エンドロールのスペシャルサンクスの欄に「Chikage yamamura」の名があるのは有名な話。 -- [ID:voO4nZqRY12] 2020-04-27 (月) 22:19:46
  • 時系列が意味分かんないから混乱しちゃう。工房とか火薬庫とか随分前に無くなってるようだけど関わりあるデュラは普通に狩人狩りしてるし、これまた大昔の人物っぽいローゲリウスの弟子アルフレートが存命だったり。無理矢理整合性を取るならみんな最近まで何十年も(何百年?)狩人の夢に囚われてたって解釈もできなくもないけど、ちょっと無理があると思うのでやっぱ輸血後のヤーナムは夢なんじゃないかと思う。もちろん夢といっても一般的に言う夢じゃなくてゲーム中で夢と呼ばれるような別次元のこと -- [ID:szNBPs9aUZY] 2020-05-04 (月) 03:33:31
    • 時系列は気になっちゃうよね…。一応狩人の夢イリュージョンを使わなくても、デュラが若いころ火薬庫潰れた、アルフレート君は処刑隊見習い的ポジだったってだけでローゲの直接の弟子ではないと考えれば、まあ整合性のとれる範囲だと思う。でもそれだと医療協会発足から数十年でヤーナム滅んだことになるからすんごい駆け足だよね -- [ID:VF7p5hoaTK2] 2020-05-04 (月) 04:08:32
    • アルフレートは医療協会の狩人だったが今は血族狩りをしていると言ってるだけで自分が処刑隊だったとはけっして言っておらずその時の自分の話もしない。全体的に人づての知識しか語っていないので処刑隊員ではなく過去の処刑隊に憧れてるただのファンである説がある。結構信憑性のある説だと思う。デュラさんはかなり高齢っぽいから火薬庫が残っていた時代に関わりがあった可能性もあるけど、アルフレートは若すぎる上に以前は普通の教会の狩人だったと自分語りしてるので幼いころに処刑隊所属だった可能性も薄い -- [ID:qtYt0bh7DJQ] 2020-05-04 (月) 06:10:54
      • ローゲリウスを崇拝して勝手に師とか呼んでる処刑隊コスプレの痛い人説は敵対時の台詞とか聞くと結構しっくりくるな… -- [ID:dZYnf0TZ7Ms] 2020-05-06 (水) 17:16:12
      • NPC女王殺しってアルフレート君なのか…? -- [ID:daB1mqjplmI] 2020-05-15 (金) 22:14:35
      • 確か解析で女王殺しとアルフレートはモデリングも声も異なるとあったように思う -- [ID:aEgP74h18lQ] 2020-05-16 (土) 21:19:20
  • メンシスの悪夢。メンシスはラテン語でmensis。意味は男性、そして月。白痴のロマは月を隠す事で月の悪夢を隠していた。悪夢の奥に存在するのはメルゴーの赤子とその乳母(腹部に血痕のある女王ヤーナムも存在する)。メルゴーはラテン語で沈めるという意味のmergo、英語の動詞だとmergeになり併合する、溶け合わせるという意味になる。 -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-05-23 (土) 04:38:41
    • 狩人の悪夢では時計塔のマリアが秘密を隠しており、マリアを倒す事で手に入れられる星見盤を使う事で漁村に入ることができる。漁村の奥に存在するのは母なるゴースの遺体、そして遺子(赤子)。ちなみにミコラーシュのセリフ、「ゴースあるいはゴスム」 ゴース、ゴスムの英語はkos,kosm これは宇宙、kosmosが語源なのではないか。マリアは星で宇宙を隠していた。ちなみにマリアという名前は聖母の名でよく知られている。 -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-05-23 (土) 04:39:17
      • 狩人の夢。夢はラテン語でsomnium。Somniumという小説があり、話の中で「夢」の中で「月」について語る「精霊」が登場する。狩人の夢には月の魔物が存在するが、母らしき存在がいない。しかし時計塔のマリアと似た(それと声優が同じ)人形が存在する。狩人の夢には灯りを通して入る事ができる。灯りはラテン語でlux。意味は光や日光、月光。夜を照らすはずの月は、光によって隠されている。 -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-05-23 (土) 04:40:11
      • 3つの夢に共通して存在する隠すもの、母なる存在、赤子。狩人の夢には母と赤子が存在しないが、マリアの名を持つ女性に似た人形を母とするなら月の魔物は赤子の位置に落ち着く。 3つの夢の終着点でボスとして戦うメルゴーの乳母、ゴースの遺子、月の魔物は倒す事で「HUNTED NIGHTMARE」の文が出るがタイミングに差がある。メルゴーの乳母は倒してから数秒後、赤子が泣き止んだ時。ゴースの遺子は倒してから母なるゴースの遺体の傍らに現れる人型のもやを攻撃した時。(ムービーが入り、もやが海の方へ霧散する。「ゴースの赤子が海に還る」)月の魔物は倒した瞬間。夢は赤子が作ったもの、もしくは赤子は夢にしか存在しないと考えられる。 -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-05-23 (土) 04:40:48
      • 間違えた「狩人の夢以外の2つ」だ -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-05-23 (土) 04:42:12
      • アリアンナや偽ヨセフカの赤子は3本目のへその緒をドロップすることから、夢ではなく現実世界?に存在する上位者の赤子ということになります。なので可能性があるとすれば夢は上位者の赤子が作っている説のほうでしょうか。ただその場合も悪夢の辺境については謎が残りますね -- [ID:sB4Z6WPxAtQ] 2020-05-23 (土) 16:42:07
      • 両方とも教室棟を通って侵入しますし、ローランの銀獣や岩を投げる巨人、ほおずきが共通の敵として出てくるので悪夢の辺境とメンシスの悪夢は繋がってるんじゃないかと思ってます。辺境にいるアメンドーズがローランの聖杯持ってるのでそこから溢れ出てきたとかもありそう -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-05-23 (土) 17:25:34
      • 確かにルートや敵が類似してますね。辺境から見上げるとメンシスの建物らしきものが見えるのも気になります -- [ID:sB4Z6WPxAtQ] 2020-05-24 (日) 00:36:56
      • ちなみに辺境の下には漁村のものと思われる船の帆が見える -- [ID:cWQyUvPy1Ns] 2020-05-27 (水) 01:52:58
  • 烏羽の狩人は血族の一員だったんじゃないかなって話。 血に酔った狩人を狩る狩人狩りの証、鴉の狩人証。代々1人だけに受け継がれたもの。 「まず強く、血に酔わず、また仲間を狩るに尊厳を忘れない そんな狩人だけが、この呪われた証を任されるのだ」 カインハーストの血の女王、その近衛騎士の証、カインの証。 「彼らはまず血の狩人であり、「血の穢れ」を求めて獲物を狩る 自らもそうなるのか、あるいはその力だけを借りるものか それは証を持つ者次第だ」 血の穢れ「血の遺志の中毒者、すなわち狩人こそが、宿す確率が高いという」 穢れを見出す力を得て、その力を自分の為に使った者が「血に酔った狩人」であり、それを始末する為にカインハーストから送り出されたのが「狩人狩り」なんじゃないでしょうか。 -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-05-24 (日) 21:28:47
  • ちなみにカラスはラテン語でcorvus(コルウス、コルバス) 。コルウスは昔ローマ海軍が使用した兵器で、船から船に渡る為の架け橋だったらしいです。 -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-05-24 (日) 21:31:51
  • どなたかこれからマルチプレイできる方いらっしゃいませんか?もしよろしければwolf-68344131にフレンド申請して頂けると幸いです。よろしくお願い致しますm(_ _)m -- [ID:GJvQEjdpL4s] 2020-05-27 (水) 00:14:55
  • とりあえず上位者の正体は高次元から来た宇宙人ってことでOK? -- [ID:0aAxSq6ZTm.] 2020-05-30 (土) 09:21:41
    • あるいは、最初からこの星にいた存在やな -- [ID:fWaxY0xSLtY] 2020-05-30 (土) 10:00:55
  • 黒獣のパールという名前は人名だったんじゃないかと思う、実際にもハンガリーの男性に観られる名前だし元々狩人と同じ異邦人が獣化してなったんじゃないかなと。聖職者がより強力な獣になるという設定も踏まえるとかなり初期の頃の医療教会に属していたんじゃないかと、黒獣素材があれほどの神秘を持っているのはパール自身も漁村の蹂躙に加担していたからで尚且つ上位者と血の医療の研究で多くの啓蒙を得ていたからではないかと思う。異論認める -- [ID:0aAxSq6ZTm.] 2020-05-31 (日) 21:27:12
    • ローランの黒獣って名前の同じ姿の獣がいて、ローランの地は獣の病によって滅んだとされている。起源はローランって場所で、長い時を経て流れ着いたんじゃないでしょうか。雷を操る獣はもう1匹(1人?)、身を窶した男が変身した姿、恐ろしい獣がいます。身を窶した男は禁域の森やオドン教会で人を襲っているような描写があり、戦って倒すと「人は皆獣なんだぜ」と言い残します。“獣の爪 背教者イジーの用いた獣の武器 忌まわしい不死の黒獣、その長骨を奪い、削り縛り付けたこの武器は いまだ生き、解放により使用者を一時の獣性に導く 獣性は攻撃により、傷つき裂ける肉と返り血により高まり それを続けることで、更なる力と快楽を、使用者にもたらすだろう” 背教者というからには宗教関係の人だったんでしょう。真っ先に思い当たるのは医療教会。獣の爪と一部共通の文章がある獣血の丸薬の説明文によれば、教会はこれを禁忌として関係を否定しています。肉と血によって高まった獣性、それによりもたらされた力と快楽にのまれ、背教者となった。身を窶した男は獣の爪に導かれ、獣性に囚われたイジーなんじゃないでしょうか。忌まわしい不死の黒獣、それは人の獣性を呼び覚まし恐ろしい獣へと変える消えない呪い、血の遺志だと自分は思います。 “獣の咆哮 つんざくその悲鳴は、しかし使用者の声帯が出しているものだ 人の内に、いったい何者が潜むのだろうか” -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-06-01 (月) 00:05:29
      • ここまで書いといてなんだけど窶男のセリフ確認して不安になってきた。 -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-06-01 (月) 00:40:39
      • むしろ進んで獣になろうとしたのかもしれん。丸薬を渡してくるのは他の人も獣に変えて仲間にしようとしてるからかな?それだとむしろ背教者ってより教主っぽいけど。 -- [ID:V4WJYJDh9IA] 2020-06-01 (月) 16:21:49
      • イジー=窶しの男は無理がある。恐らく最初に獣の爪を武器として扱ったのがイジーで、だからこそ獣の爪のテキストに「イジーの武器」と明記されてるんだろう。これを前提として考えると、狩人の悪夢にいる獣爪の狩人は「オト工房」の証である撃鉄の狩人証を持っている。つまりイジーは、火薬庫の前身であるオト工房が健在だった頃か、それよりも前の世代の人間ということになる。特徴的に、窶しの男とは一致しない。 -- [ID:MGnuplvWuq.] 2020-06-01 (月) 20:40:06
      • 「不死の黒獣」ってのとパールが骨が剥き出し、内臓すらない状態で生きてる、教会によって閉じられた禁域の森にいるってのもあるので生きててもおかしくないと思ったんですけどねぇ… -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-06-01 (月) 21:25:29
      • 相手の意見を受け入れたような雰囲気を出しながら自分の説を補強する。これが叙述トリックってやつか。(たぶん違う -- [ID:6GL9sC64XMs] 2020-06-01 (月) 21:49:16
      • 背教者という肩書きから、もともと医療教会の人間だったんだろう。ただ、背教者というのは単に教えに背いた人の他に、特定の宗派から離れた人のことも指す。医療教会が獣の研究を活発に行っていたことは、星の瞳の狩人証を入手すると獣血の丸薬が啓蒙取引に追加されるところからもわかる。ただ -- [ID:GQEFfhOw4sc] 2020-06-02 (火) 16:51:38
      • 医療教会は獣の克服を諦め、それまでの研究や実験をすべて放棄する形で森を捨て、禁域に指定した。その際、イジーは諦めきれずに森に残り、医療教会と袂を別った。だから「背教者」と呼ばれているんだと思う。 -- [ID:GQEFfhOw4sc] 2020-06-02 (火) 17:02:34
  • なぜ主人公(異邦の狩人)は特別訓練を受けた訳でもないのに、輸血されただけで膨大であろう武器の知識と戦闘技術を持ち合わせることができたのか。血の遺志とは古狩人達が積み上げてきた知識と技術の結晶なのか。 -- [ID:OEaXRB9V63M] 2020-06-02 (火) 07:42:02
    • 人形ちゃんもそんな感じのこと言ってたね。 -- [ID:jAEC.9ICGag] 2020-06-02 (火) 09:18:54
      • 「狩人様…あなたから、懐かしさを感じます… やはり狩人とは、古い意志を継ぐものなのですね…」って -- [ID:jAEC.9ICGag] 2020-06-02 (火) 09:20:33
    • 狩人の徴は脳裏に焼き付けられているという説明がされているけど、秘文字の工房道具を見る限り、恐らく直接脳に徴を烙印している。秘文字の工房道具は焼きごてのような形をしていて、それは文字を脳に焼き付ける道具だと書かれている。主人公が戦闘技術を身につけているのは、輸血した段階で他者の遺志をを取り込むことが可能になり、さらに狩人の徴が脳裏にあることで、遺志に宿る古狩人たちの記憶が呼び覚まされるからだと予想。狩人の徴は処刑隊の服にも描かれているから、それくらい昔の狩人たちの記憶も継承しているのが狩人の徴なんじゃないかな。 -- [ID:KsmGkY0sCu.] 2020-06-02 (火) 16:24:38
    • 意識共有が可能になる。つまり上位者の目的によって派閥が作られた、もしくは記憶の改竄も行われていた? -- [ID:hGRjwMCALnU] 2020-06-03 (水) 00:10:41
  • 白痴の蜘蛛ロマはウィレームの言葉を間に受けて、瞳を求めた者の1人なんじゃないでしょうか。“「瞳」はまた、学長ウィレームが追い求めた探求の象徴である”とあるように、実物の瞳ではないのでしょう。しかしヘムウィックの魔女は全身に眼球を纏い、メンシス学派のミコラーシュはロマにしたように瞳を自分たちに授けるようゴースに交信しています。そのロマはというとウィレームによって湖に隠されており、石のような頭に大量の瞳を持った姿をしています。“カレル文字「湖(深海)」 大量の水は、眠りを守る断絶であり、故に神秘の前触れである 求める者よ、その先を目指したまえ” ロマは瞳を手に入れ、先を目指す事をやめてしまったんじゃないでしょうか。湖前にいるウィレームは後頭部からキノコみたいなのを生やしており、話しかけてもただ湖を指すだけで会話も出来ないので操られてるんだと思います。ロマの居場所を教えるように、そしてそれを隠し続けるように。そしてロマによってメンシスの儀式が隠されている。しかしロマは先を目指さない。ウィレームの思いも末路も知らず、利用されてる事も知らずただ隠している。誰かが侵入しても傷つけられるまで気にもしない。だから白痴と呼ばれているんじゃないでしょうか。ユリエは聖歌隊っぽいってことしか分かりません、戻ってきたんですかね(思考停止) -- [ID:8HUW5t91N8Y] 2020-06-02 (火) 22:23:55
    • ロマはもともとウィレームの学徒の一人かなにかだったのでしょう。確かに上位者となったものの神秘への探求を止めてしまったとすれば、侮蔑の意味も含めて白痴と言われるのも自然に思えます。またあらゆる儀式を隠す上位者としての力をメンシス学派に利用されてしまっており、ロマ自身にはその自覚がないことも白痴と言われる一番の理由でしょう(ロマを湖に隠しているのはウィレームではなくロマ自身の可能性もあるかと思います。ウィレームはあんな形ですが上位者には至っていないと推測されるため)。情けない進化は人の堕落とし高次元の思索を求めたウィレームと、その教えを受けたかつての学徒たち。人でありながらウィレームの理想に近づいたカレルや医療教会を設立し独自の探求を進めたローレンスなどとは反対に、上位者となりながらも結果的にウィレームの理想からほど遠い存在となってしまったロマは、畏敬の対象とはならなかったのかもしれませんね。 -- [ID:sB4Z6WPxAtQ] 2020-06-06 (土) 11:37:22
  • そもそもブラッドボーンの世界観って何だろう。主人公が来る以前から風土病(医療協会の人体実験の成れの果て)に街全体が侵されていた。そこでは獣狩と称して日常的に火消しが行われていたが、とあるNPCが言うように今回はなかなか夜が明けなかった。原因を探ると医療協会内部の派閥争いが発端でメンシス学派が元凶だった。であってる? -- [ID:QAJsxZOrGsc] 2020-06-17 (水) 19:28:08
    • 聖歌隊の帽子がピエロの帽子に似ていると思って調べてみると、道化師は昔、「神に触れられた、神秘に触れた者」と考えられていたらしい。上位者との交信を目指している聖歌隊にとって、神に触れられた道化師は憧れの存在に他ならないと思う。だから道化師を模した帽子を被っているんじゃないかと。ちなみに、カインハーストに道化師の小さな石像があったりするから、この作品の世界観にも道化師は存在する。ストーリーには全く関係なくとも、元ネタが道化師なのは間違いないと思う。 -- [ID:ui/XpVMtHqE] 2020-06-23 (火) 14:21:01
      • 場所間違えました…すみません -- [ID:ui/XpVMtHqE] 2020-06-23 (火) 14:22:07
  • ロマがビルゲンワースの生徒だという根拠ってあるのかな。ロマはトゥメル人の成れの果てだと思うけど…深きトゥメルに出現するし、顔も目が窪んでいるところとか、口が開きっぱなしなところとかもトゥメル人と一致する。ロマは、墓暴きたちが地上に持ち帰った聖体の1つなんじゃないかな。エーブリエタースや星界からの使者と同様、眷属の上位者だったけど、瞳を「与えられた」ことにより、眷属の中でもワンランク上の存在になれた個体がビルゲンワースのロマなんだと解釈してる -- [ID:ui/XpVMtHqE] 2020-06-24 (水) 15:48:24
    • ロマ元学徒説が有力説みたいに扱われている気がするけど、根拠が薄いと思う。ミコの「白痴のロマにそうしたように」というセリフだけでは、ロマが元学徒だったのか、そもそも人間だったのか、瞳を与えられた瞬間をミコ自身が目撃したのか、伝聞や考証に過ぎないのかはわからない。地底にもいること、頭部がよく似た子蜘蛛がいることなどを考えると、木主の言うようにトゥメル人だったか、あるいはただの蜘蛛だったかだと思ってる。トゥメル人か子蜘蛛が瞳を与えられてロマ頭の子蜘蛛になって、その中でもとりわけ巨大なのがロマなんじゃないかと -- [ID:ZVO5D.82bRM] 2020-06-24 (水) 16:36:01
    • ですよね…学徒だと思い込んでるだけな気がします。もし学徒であれば、遺跡に出現する理由を説明できない気がします。ロマという名が個人名であれば、黒獣のように異なる名前で出現するのが妥当なはずです。 -- [ID:ui/XpVMtHqE] 2020-06-25 (木) 03:00:49
    • ビルゲンワースが漁村に到達した時点でゴースの死体があったのだとすれば、それよりも昔にロマがああなったと考えるべきで、そうなるとロマは学徒ではないように思う。上位者と時間の流れや死の扱いがどうなってるのかは謎だが、死ぬことで普通に力を失うのだとしたらロマはビルゲンワースがあそこに建てられるよりも前から白痴やってたと考えるのが自然かな。 -- [ID:6YGbhq/Oi3g] 2020-07-11 (土) 20:59:32 New

スポンサーリンク


コメント: 利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください


最終更新: 2020-03-22 (日) 05:30:57