Top > 初心者向け

スポンサーリンク

初心者向け攻略 

目次

基本的なシステム

キャラクターの作成

ゲーム開始時にキャラクターの作成ができます。
キャラクター作成時に選択できる"素性"は各ステータスの初期値や初期装備が決まるので、序盤の難易度がある程度左右されますが、レベルを上げたり使用する武器や魔法が自分に合っているかなどのほうが重要になっていきます。
そのため、素性は使いたい武器種やプレイスタイルによって決めるといいでしょう。

近接武器を使いたいなら戦士山賊、魔術を使いたいなら魔術師、奇跡を使いたいなら聖職者、初期から呪術を使いたいなら呪術師が向いています。
特にこだわりがない場合や、初めてでよくわからない場合などは初期装備が優秀で、ステータスのバランスも良い戦士がオススメです。

贈り物はいくつかの扉を早めに開けられる万能鍵、序盤に少しやられにくくなる生命の指輪、消耗品だが序盤のボス戦で使い所がある黒い火炎壺あたりがオススメです。

ソウルの役割

敵を倒したり特定のアイテムを使用することでソウルを取得します。
ソウルは、一般的なRPGのお金経験値の両方の役割を果たします。
死ぬとその場あるいは近くに落とすので、回収しに行きましょう。
回収前に再び死ぬと同じように落としますが、以前落としたソウルは消えてしまいます(ソウルロスト)。

ソウルには主に以下のような使い道があります。

高額のソウルを求められる機会は度々ありますが、失う機会の方がずっと多いため、慣れないうちは小まめに消費しておきましょう。
また、「○○のソウル」は使用するとソウルに変換されますが、
普段はアイテムのまま持ち歩き、レベルアップや買い物で不足した時だけ使うのがオススメ。
ただし、ボス撃破などで入手するソウルには特殊な使い道があるので、通常使用は避けましょう。

HPの回復方法と篝火

HPの主な回復手段はエスト瓶の使用です。
エスト瓶には使用回数があり、使用回数を回復するには篝火で休息する必要があります。
アイテム「人間性」を篝火で注ぎ火をすることでエスト瓶の使用回数が増えます。

篝火はエリアに配置されている休息場で、篝火を調べて休息するとHP・エスト瓶使用回数が回復します。
ただし、敵の配置もリセットされるので、道中の敵を倒している場合は注意が必要です。
その他にはレベルアップも篝火からできます。

装備重量とローリング

装備重量によってローリングの回避性能が変化します。
装備重量の1/2以上で重装、1/2~1/4で中装、1/4未満で軽装ローリングとなります。
装備を調整して、できれば1/4未満、最低でも1/2未満になるようにするといいでしょう。
1/2以上になる場合は大盾などを強化して防御を万全の状態にしておくと良いです。
また、持久力のステータスを上げると装備重量の限界値が上がるので、装備だけで調整できない場合はステータスも見直してみましょう。
指輪装備のハベルの指輪は装備重量の限界値が増加するので、どうしても足りない場合はハベルの指輪を装備しましょう。

攻略の基本

レベルを上げる

レベル上げではステータスを振り分けることになります。
基本的に全体に満遍なくという振り方では、器用貧乏なだけでなにも出来なくなります。
まずは装備したい武器の必要能力値や能力補正を確認し、筋力や技量などに振るといいでしょう。
魔術、奇跡も同様に使うなら必要能力値まで振りましょう。
次にHPが増える体力、スタミナが増える持久力を上げると良いです。

筋力や技量には装備限界ギリギリでも十分です。筋力は30前後、技量は18もあれば大抵の武器は装備できるようになります。
一部の筋力武器は筋力が50以上必要と大変なので、使うならレベルを上げるか両手持ち専用として割りきると良いです。

武器を強化・進化する

城下不死教区にいる鍛冶屋アンドレイなどのNPCから楔石の欠片を使って武器を強化できます。
序盤では楔石の欠片が手に入りづらいので、メイン武器にのみ強化しましょう。
単純に攻撃力を上げたい場合、レベルを上げるよりも武器を強化した方が効率的です。
最初は+5までしか強化できませんが、「種火」を入手していくと強化段階が増えたり、進化させることができるようになります。

進化させる場合はいろいろな種類がありますが、火か雷に派生させるのがオススメです。
能力補正がなくなるので、能力補正が高い武器を装備して能力を特化させている場合は進化させなくても問題ないですが、それ以外では能力補正がなくても十分に通用するでしょう。

火や雷に耐性がある敵には効果が薄いですが、属性に耐性を持つ敵が少なめです。
火と雷の両方に耐性がある敵は拡張版追加エリアのボスにしか存在しません。
神聖派生の武器は1つ持っていると地下墓地や巨人墓場で役立ちます。

防具の強化は余裕ができてからでいいので所持ソウルや楔石の欠片などが十分になってからにしましょう。

アイテムを使う

HPの回復で使用するエスト瓶の他にもいくつか攻略に有効なアイテムがあります。
基本的に消耗品なので、ソウルを消費して買い物をする必要があるのでソウルを稼いで購入しましょう。

スタミナ回復速度が上がる「緑花草」、毒状態を解除する「毒紫の苔玉」、呪いや呪死状態の解除に「解呪石」、投げてダメージを与えられる「火炎壺」「黒い火炎壺」、敵を毒状態にする「毒投げナイフ」「糞団子」、右手の武器を修理する「修理の光粉」、右手武器に属性攻撃力を付与する「炭松脂」「黄金松脂」などは使える場面があるでしょう。
特に黄金松脂は入手が難しいものの、序盤のボス戦などで非常に有効です。

人間性について

マルチプレイや注ぎ火でエスト瓶を増やすの必要になります。
特にエスト瓶の回数を増やすことでかなり攻略が楽になるので、なるべく無駄遣いしないように注意。

人間性を取るために一番手っ取り早いのは心折れた戦士が言うようにNPCを殺すこととなります。
NPCページを見て、自分には必要のないNPCがいたら殺してしまうのも一つの手です。

それ以外では、序盤では最下層の犬ネズミ、後半では公爵の書庫のスキュラ、巨人墓場の幼生スケルトンを倒して、人間性を手に入れるといいでしょう。

また、地下墓地のボスを撃破し、「注ぎ火の秘儀」を入手することで、エスト瓶を20回まで強化することができます。エスト瓶の使用回数が足りない場合は、早めの地下墓地のボス撃破を目指すといいでしょう。

戦闘の基本

盾ガードを使う

盾で攻撃を受けてもスタミナが削られにくい雑魚敵相手には特に有効です。
盾は"受け能力"と"物理ガードカット率"が重要で、「物理ガードカット率が100%」「受け能力ができるだけ高い盾」を使うといいでしょう。

ただし、性能のいい盾は必要筋力が高かったり、重量があったりします。
そういった場合は、無理に筋力を上げたりせずに装備できるものでもいいでしょう。
序盤で手に入るオススメの盾は"ヒーターシールド"や塔のカイトシールド、バルデル騎士が落とすバルデルの盾など。

スタミナの管理をする

スタミナがなくなると、回復するまでローリングやダッシュができません。
また、盾ガード時に体勢を崩されてしまい危険です。
スタミナがなくなるまで攻撃を続けていると、倒しきれなかった敵から思わぬ反撃を受けてしまいます。
そのため、攻撃後もある程度はスタミナを残すよう気を配れば、敵の攻撃を回避しやすいでしょう。

複数の敵を同時に相手にしない

1体では弱い雑魚敵でも、複数いると危険な場合は多いです。
無闇に突っ込まずに、弓矢などの遠距離攻撃で敵を1体ずつ釣りながら倒していくと安全です。
複数の敵に囲まれたら、敵のいない安全な地形に逃げて相手をするのも重要です。

地形に注意する

崖や細い通路など、敵に襲われた際に逃げ道が少ない場所では特に注意が必要です。
しっかり地形を確認しながら慎重に進み、崖際の落ちたら即死する場所などの不利な地形ではなるべく戦わないようにしましょう。
また、右側に壁があると、一部の武器を振ることが出来ません。振っても壁に弾かれるモーションをとり、隙が出来てしまいます。
戦いにくい場所では無理に戦わず、一旦退くことも大事です。

属性や状態異常に合わせて装備を変更する

盾、防具によっては炎や魔法などの属性攻撃に強いものや弱いものも存在します。
また、敵の中には呪いや出血、毒などの厄介な状態異常を持つ敵も数多くいます。
これらに対応するために耐性の高い防具や指輪を装備することで立ち回りが楽になります。

魔法を使う

魔法には「魔術」「呪術」「奇跡」の3種類があります。
使用するには、NPCから買う・宝箱から拾うなどの方法で魔法を手に入れ、篝火の魔法の記憶から魔法をセットする必要があります。
魔法には必要能力と必要スロットがあり、それぞれ条件を満たしていないとセットすることができません。

セットした後は魔法ごとに設定された使用回数の分だけ使用可能。使用回数は篝火で休息すると回復します。
魔法に対応した触媒(魔術なら杖、呪術なら呪術の火、奇跡ならタリスマン)を装備し、装備部位の弱攻撃ボタン(右手ならR1、左手ならL1)で魔法を発動できます。

奇跡は火継ぎの祭祀場のペトルス、魔術は城下不死街の民家でグリッグスを救出、呪術は最下層でラレンティウスを救出すると祭祀場で覚えられるようになります。

魔法は使用回数が決まっていたり触媒を持たないと使えないなど制限があるものの、うまく使いこなすと非常に強力です。
特に呪術は扱うのに必要なステータスがなく、呪術の火の強化によって威力が変わるのでオススメ。

呪術以外でも奇跡の回復系やフォース、神の怒りは必要最低限の信仰のみでも十分強力になっています。
魔術は序盤こそ扱える魔術が少なく辛いものの、センの古城以降にローガンを救出することによって購入できる魔術を使えるようになると、普通の敵相手には他の魔法以上に有利に戦うことが可能になります。
特に追尾するソウルの塊は威力が高く、使用回数もそこそこなのでオススメです。
必要ステータスの目安としては奇跡なら信仰を28か30、魔術なら理力を24か44まで上げるといいでしょう。

どうしてもボスに勝てない場合

人間性を使ってNPCや他プレイヤーの白霊を呼び、助けを求めるのも一つの手です。
ただし、人間性を使った状態だと闇霊に侵入される場合があるので注意が必要です。
詳細はオンラインページを参照。

序盤の攻略

武器のオススメ

使いやすい直剣「ロングソード」、城下不死街で拾える大剣「クレイモア」、城下不死教区で拾える斧槍「ハルバード」、盾を構えながら攻撃できる槍系「スピア」「ウィングドスピア」、筋力があるなら火継ぎの祭祀場で拾える特大剣「ツヴァイヘンダー」、振りの早い斧「ハンドアクス」あたりがオススメです。

序盤の鍛冶屋は城下不死教区か祭祀場降りてすぐの小ロンド遺跡にいるので、ソウルがあればすぐに強化しに行きましょう。
武器は+5まででも強化できればかなり楽になります。+5以降は種火を手に入れて進化させましょう。

中盤以降は雷属性か炎属性武器が手軽でオススメです。
これまで使ってた普通の武器を+10にしてアノール・ロンドの鍛冶屋か地下墓地の鍛冶屋で進化させると良いです。

防具のオススメ

防具にはそれぞれ物理耐性の他に炎耐性や毒耐性なども設定されているため、それを見てエリアで使いわけるといいでしょう。強化は特にしなくても問題ないですが、強化素材やソウルに余裕があればしておきましょう。

盾は物理ダメージカット率が100%のものがオススメ。
受け能力も高いほうがガード時のスタミナ減少が減るので重要です。
基本的には大盾のほうが受け能力も高いですが、必要能力・重量・パリィ不可などの問題もあるので、序盤ではヒーターシールドなど軽くて物理カット100%の中盾で問題ありません。
魔法、炎、雷のダメージカット率はそれぞれの属性を使ってくる敵がいるエリアに入ったら、それぞれの属性カット率が高い装備に変更して対処すると良いです。

ソウルの使い道

オススメエリア攻略順

難易度や行きやすさを考慮した攻略順。

(内はスルーしても特に支障なし)

序盤(ネタバレを含むため折りたたみ表示)

  1. 城下不死街「牛頭のデーモン」
  2. 城下不死教区「鐘のガーゴイル」
  3. (黒い森の庭「月光蝶」)
  4. 不死街下層「山羊頭のデーモン」(魔術師救出)
  5. 北の不死院(再訪)
    北の不死院(再訪)は病み村へ行く前に行って「錆びた鉄輪」と「おかしな人形」を取るのがオススメ。
    ボスの「はぐれデーモン」はこの時点では強いのでスルーしよう。
  6. 最下層「貪食ドラゴン」(呪術師救出)
  7. (狭間の森「湖獣」)、(飛竜の谷「ドラゴンゾンビ」)
    ボスではないが病み村が辛い場合は、エリア探索のついでに倒して武器強化やレベル上げの足しにしよう。
  8. 病み村→クラーグの住処「混沌の魔女クラーグ」

中盤(ネタバレを含むため折りたたみ表示)

地下墓地のボスを倒すと「注ぎ火の秘儀」を入手できるため、早めに攻略しておきたいところ。
ただし、エリアの難易度がそこそこ高く、人間性がカツカツならば注ぎ火の秘儀の恩恵を得られないので、後回しにしてもいいだろう。

アノール・ロンドでは「おかしな人形」を持っている場合、絵画世界へ行くことができる。
中に入るとクリアするまで戻れないので注意。

  1. (地下墓地「三人羽織」)※注ぎ火の秘儀
  2. (北の不死院2回目「はぐれデーモン」)
  3. (デーモン遺跡「爛れ続けるもの」「デーモンの炎司祭」)
  4. センの古城「アイアンゴーレム」
  5. アノール・ロンド「竜狩りオーンスタイン、処刑者スモウ」
  6. (エレーミアス絵画世界「半竜プリシラ」)

終盤(ネタバレを含むため折りたたみ表示)

王のソウルの4箇所はどこからでもOK。
エリアもボスも一癖あって4つとも難易度はそこまで変わらない。
あえて言うなら「四人の公王」が強いので後回しにするといいかもしれない。
ローガンを助けている場合新しい魔術を覚えられる公爵の書庫へ最初に行くのがオススメ。

ダークレイスの誓約を交わしたい場合は火継ぎの祭壇で王の器を台座に置く前に「四人の公王」を倒すこと。
墓王の誓約は「墓王ニト」を倒すと結べなくなるので後回し推奨。

追加エリアは公爵の書庫まで進めると行くことができる。
難易度は王のソウルとそれほど変わらないので、欲しい物があるなら先に行くのもあり。

  1. 王のソウル1
    1. 公爵の書庫→結晶洞穴「白竜シース」
  2. 王のソウル2
    1. デーモン神殿「爛れ続けるもの、デーモンの炎司祭、百足のデーモン」
    2. 混沌の廃都イザリス「混沌の苗床」
  3. 霊廟・裏庭「霊廟の聖獣」
  4. 王家の森庭「騎士アルトリウス」
  5. ウーラシール市街→深淵の穴「深淵の主マヌス」
  6. 王家の森庭「黒竜カラミット」
  7. 王のソウル3
    1. 黒い森の庭「灰色の大狼シフ」
    2. 小ロンド遺跡「四人の公王」
  8. 王のソウル4
    1. 地下墓地「三人羽織」
    2. 巨人墓場「墓王ニト」
  9. 最初の火の炉「薪の王グウィン」

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 2や3から入った人はローリングで躓くかもね。1/4にしないといけないので重量制限はかなりキツイです。それと無印の中ロリは3の中ロリとは違って、ドッスンに近いから注意。むしろ無印の軽ロリ=3の中ロリに近い。
    2018-05-17 (木) 20:57:54 [ID:HHxQCwK7bP.]
    • 要は重たい防具なんて着れないよって話。裸か軽装がデフォなんで重曹は苦労します。(これは変えて欲しかったて)
      2018-05-17 (木) 20:59:01 [ID:HHxQCwK7bP.]
    • 指輪も2つまでなのでハベル+寵愛前提のステ振りしてると、指輪の制限が増えて攻略でつまることも。兎に角重量は軽く。3の様な重装キャラは相当我慢が必要
      2018-05-17 (木) 21:03:09 [ID:HHxQCwK7bP.]
      • 中量帯でも寵愛ハベルじゃないとキツいんですよね。重量帯が高強靭でその代わり重いのは良いんですけど中量はかなり中途半端…寵愛なしでもどうにかならないものですかね…
        2018-05-18 (金) 19:58:51 [ID:oeKCuytXGlA]
  • 素性で万能鍵を選んだかどうかで攻略法だいぶ変わってくるよな
    2018-05-18 (金) 13:11:10 [ID:iFa0V7f0SSE]
    • 2週目(2キャラ目)以降はともかく、初心者だと不死街前に物理100盾(竜紋章)が手に入るぐらいじゃね。スキップしても知識と実力がないと、逃げ回って変な篝火付けて半ば詰みとかやりそうだし
      2018-05-25 (金) 08:06:52 New! [ID:/T7KmPRH0hU]
  • レベルアップの方法間違ってますよ
    2018-05-20 (日) 13:24:30 [ID:67rSVnaERxE]

利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください