ビルド/ミニマリスト・カタリナキャノン

最終更新: 2023-01-26 (木) 09:17:47
更新情報
更新日2023-01-26 (木) 09:17:47
投稿日2023-01-14 (土) 15:26:42
ビルド概要
カテゴリ魔法戦士系
説明機能は最低限に、火力は安定させる。重量ローリングである不便さを感じさせない、快適仕様!
評価いいね! 5 
目次

ステータス [編集]

素性放浪騎士LV150
生命力46精神力37
持久力38筋力36
技量14知力9
信仰42神秘7

武器 [編集]

右手1爪痕の聖印左手1単眼の盾
右手2手持ちバリスタ左手2
右手3左手3

防具 [編集]

かぼちゃ兜胴鎧ライオネルの鎧(軽装)
手甲ライオネルの手甲足甲ライオネルの足甲
タリスマン1遠矢のタリスマンタリスマン2捧闘の盾のタリスマン
タリスマン3古き王のタリスマンタリスマン4ラダゴンの肖像

戦技 [編集]

戦技1戦技なし戦技2キック
戦技3戦技4炎の唾
戦技5戦技6

魔法 [編集]

魔法1プラキドサクスの滅び魔法2ランサクスの薙刀
魔法3グラングの岩魔法4黄金樹の回復
魔法5火の癒しよ魔法6黄金樹の恵み
魔法7黄金樹に誓って魔法8黄金樹の護り
魔法9魔法10

ビルドの運用・解説 [編集]

カタリナキャノンを研究し1ヶ月。
結論として、右手爪痕の聖印、左手単眼の盾が一番無駄がない。
理由としては、他の武器を採用したとしても重量ローリング下では当てることが困難であり、性能を活かしきれない。ジャンプしながら撃てる武器の採用も考えたが、炎の唾を封じられた時点でビルドとしての運用が死んでいるので却下となる。
ラダゴンの肖像で発動を速くし、近接戦の自衛は祈祷に任せる。
※対人における立ち回り
プラキドサクスの滅びが近距離対策に優秀。炎の唾を構えているときに発動すれば、背後を取られても安全。
ランサクスの薙刀は、角待ち対策に有効だ。前方を大きく薙ぎ払ってくれるため、特に狙い付けずとも当てやすい。
グラングの岩は、炎の唾を安全に撃てないときに牽制として投げる。遠矢のタリスマンの効果が乗るため、そこそこ遠くまで当たってくれる
※攻略における立ち回り
黄金樹の恵み・黄金樹に誓って・黄金樹の護りを事前にかけられれば、戦闘を有利に進められる。これらの祈祷は古き王のタリスマンにより時間延長されているので、捧闘の盾のタリスマンの効果も相まって、生存力を高められる。

最初の王、ゴッドフレイのような隙の少ない相手にはガーゴイルの黒剣が活きる。戦技を当てて回避を繰り返していれば勝てるのでおすすめ
エルデの獣のようなHPが多すぎる相手には、蟲のグレイブに黒炎の渦をつけて回せば良い。
※ビルドの欠点
遠距離での狙撃合戦。近距離でのチャンバラ。どちらもあまり得意ではない。2刀流相手に懐に入り込まれればまず助からないだろう。
なので落ち着いた回避と、味方との連携が重要になる。相手のヘイトを味方に移してもらい、隙を見つけて攻撃を当てよう。

コメント [編集]

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 元のコンセプトの限界まで切り詰めた大火力支援能力を手放してまで手に入れる自衛力としてはちょっと弱めな気がする
    あくまで大火力が乱戦中に後方から差し込まれるプレッシャーを失わない程度に調整した方がリスペクト的にもあり
    個人的にタリスマンは元ネタの遠矢アレキサンダー炎サソリ捧剣から捧剣をカーリア徽章に変えてあくまでも火力支援に徹した方が立ち回りに迷わずに動ける印象があった
    下手に迎撃の対応力を上げるよりも近付かれたらプラキドで返り討ちにするか逃げるんだよスモーキンするか現実は非情であるの3択に落ち着けて攻撃に尖った方が頼りになるビルドだと思う
    2023-01-26 (木) 09:58:32 [ID:iuTu2eObDfM]
    • 木主です。僕もそう考えていた時期があったんですよ。しかし、あれはミネクラさんだから使いこなせるのであって僕には持て余しちゃいます。
      本来、鉤指の仕事はいかに死なないかでありいかに速く敵を倒すかではありません。古き王のタリスマンと捧闘の盾のタリスマンのお陰で、高い防御力を活かしながら被弾しても微ダメージで抑え、盾を構えながらヘイトを吸う。これだけでも立派な貢献になるんですよ。
      あと、このビルドは信仰に振って黄金樹の回復とグラングの岩という代替攻撃手段を持ってます。ランサクスの薙刀も、敵の攻撃を受けてでも強引に通したいときに、やはり耐久力があればと思う時も多くあるのです。
      祈祷と手持ちバリスタと盾機能付き単眼の盾。バランス良く使うことが、このファンメイド仕様の目標になります
      2023-01-26 (木) 22:37:18 [ID:wLhC/4mnCkM]
    • なるなる
      では常時ではなくタイミングを見て古き王とラダゴンを捧闘剣とアレキサンダーに切り替えるのはどうでしょうか?
      生存率も重要ですが味方がランダムの協力である以上役割が被ったり、高周回のボス戦でメンバーの総火力が低かった場合長引いて事故率が上がることがあるので
      距離を取って戦闘が出来るスタイルのこのビルドなら変えるタイミングはあると思います
      祈祷の能力こそ落ちますが耐久を落とさずにメインの火力を上げられる組み合わせだと思います
      2023-01-27 (金) 17:12:01 [ID:iuTu2eObDfM]
  • つまり安全地帯から一方的に撃ち下ろせる時ってなりますね。うーん…。そういうときは手持ちバリスタでなんとかなる時も多いし、捧闘の盾のタリスマンを捧闘の剣のタリスマンに変えるぐらいでしょうか?鉤指活動をしていると良く分かると思うのですが、鉤指ってほんと狙われる立場ですからね…。ビルドの性質上、狙いを定めて撃ち終わってからまた周囲警戒が出来るので、指輪交換は頻繁にしたくないし、また変えるなら1つまでが望ましいんですよ。変えたあと戻し忘れたらリズムが狂って、敵の目の前でモタモタと指輪を戻してる内にヤられる…なんてこともよく起こりますからね。僕が忘れっぽい性格というのもありますけれど
    2023-01-28 (土) 12:15:13 [ID:wLhC/4mnCkM]
    • ああいやボス戦…ボス戦かぁ…。火力が必要そうなら、古き王のタリスマンをアレキサンダーの破片にして、右手のバリスタを他武器に持ち変えてーってなりますかねぇ…?
      2023-01-28 (土) 13:02:04 [ID:wLhC/4mnCkM]
  • それと、自分の中に具体的なプランがあるなら、ビルドの項目にいけばすぐに作成できますよ。僕も拝見したいので、投稿よろしくお願いします!
    2023-01-28 (土) 13:21:21 [ID:wLhC/4mnCkM]

コメント
利用規約に同意

コメントをする前にコメント利用規約を参照してください